「キッズデュオ」と「プログラボ」の夏休みコラボ企画英語でロボットのプログラミングを体験

サマースクール特別アクティビティ KD三鷹・KD根津・KD東高円寺で限定開催

総合教育事業を展開する株式会社 やる気スイッチグループホールディングス (本社:東京都中央区 代表取締役:高橋直司)が運営する英語で預かる学童保育「キッズデュオ」では、夏休みのサマースクール特別企画として、東日本旅客鉄道株式会社100%出資の株式会社JR中央ラインモールと、東京地下鉄株式会社がそれぞれ運営するプログラボの教室と夏休み限定コラボ企画を実施いたします。



「プログラボ」とは
プログラボは、阪神電鉄と読売テレビグループの共同事業として2016年4月に事業を開始し、首都圏ではJR中央ラインモールと東京メトロが運営している、子ども向けプログラミング教室です。ロボットプログラミング教育を通じて、筋道を立てて考える力、物事を深く考える力、最後までやり抜く力を育て、未来を担う子ども達の「夢を実現するチカラ」を育み、21世紀型スキルの習得を目指しています。




英語学習にはテーマが重要
キッズデュオはコミュニケーションツールとして話せる英語の習得を目指しています。科目としての英語の力を向上させるのではなく、身につけた英語を利用することで、子どもの可能性を広げることがキッズデュオの使命です。
学習指導要領の改訂に伴い、日本の英語教育も大きく変わろうとしています。テストで点数をとるためのこれまでのような学習ではなく、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能をバランスよく学びながら、時代を生き抜く資質・能力も習得していかなければなりません。知識や感性も求められる時代において、常識や知識、豊かな表現などの自分力を身につけ育むためには、学習にテーマを設定し、様々な体験を積むことが効果的だと考えています。今回キッズデュオはプログラボとの協業を行い、ロボットプログラミングを通じて、学習への動機付けを行いながら、幅広い知識や単語の習得をしながら英語力と自分力を向上させたいと考えています。

【イベント概要】
 
日にち /
8月1日(水)KD三鷹(協力:株式会社JR中央ラインモール)
8月6日(月)KD根津(協力:東京地下鉄株式会社)
8月21日(火)KD東高円寺(協力:株式会社JR中央ラインモール)

時間 / 9:30~13:30(イベントは内1時間)

対象 / 3歳~小学生
 


内容 /
① 英語で考えよう
今日はどんな順番で、何に取り組むのかな?
英語の指示を聞いて、理解しよう!
② ロボットについて考えよう
みんなロボットって見たことあるかな?
身近にあるロボットについて、考えてみよう!
③ ロボットを作ろう
まずはロボットを作ってみよう!
④ プログラミングに挑戦
タブレットを使って、プログラミングしてみよう!
⑤ 写真撮影



■会社概要
・法人名:株式会社 やる気スイッチグループホールディングス
 ・代表者:代表取締役社長 高橋 直司
・本社所在地:東京都中央区八丁堀2-24-2 八丁堀第一生命ビル8F
・グループ会社:株式会社 拓人、株式会社 拓人こども未来
・主な事業概要:個別指導塾スクールIE、英会話スクールWinBe、幼児教育のチャイルド・アイズ、英語で預かる学童保育Kids Duo、バイリンガル幼児園Kids Duo International・キッズスポーツ忍者ナインの経営ならびに、この事業を営む会社の株式または持分を保有する事により行う、当該会社の事業活動の支援、管理及び事務代行、経営指導等の業務
・運営する教育施設数:1,412校 (2018年5月31日現在)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社やる気スイッチグループ >
  3. 「キッズデュオ」と「プログラボ」の夏休みコラボ企画英語でロボットのプログラミングを体験