日本OTC医薬品協会主催「セルフメディケーションの日シンポジウム2021」にて代表伊藤による基調講演の登壇が決定

セルフメディケーションが人を守り、医療を守る 〜今こそ求められる生活者のヘルスリテラシー〜

株式会社リーバー(茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)は、日本OTC医薬品協会が主催する「セルフメディケーションの日シンポジウム2021」のイベントにて、弊社代表の伊藤俊一郎による『DXが人を守り、医療を守る』という基調講演の登壇が決定したことをお知らせします。

【背景】
今回の「セルフメディケーションの日シンポジウム2021」は、厚生労働省医政局経済課に「セルフケア・セルフメディケーション推進室」が新設されてから初めて開催されるシンポジウムです。
リーバー社の基調講演では、OTC協会が進める「生活者がセルフメディケーション理解して、実践できる環境づくり」に対して、当社が考える今後の医療のあり方やセルフメディケーション推進にどう影響を及ぼすかについて、実際のオンライン医療相談での実例をもとに提言します。


【「セルフメディケーションの日シンポジウム2021」開催概要】
開催日:2021年7月19日(月)14:00~16:00
開催方法:オンライン(日本橋ライフサイエンスハブより Web配信)
テーマ:セルフメディケーションが人を守り、医療を守る 〜今こそ求められる生活者のヘルスリテラシー〜
参加費:無料・事前申込制(2021年7月15日(木)17時まで)
事前申込/特設サイトURL:https://www.jsmi.jp/724/2021.html
主催:日本OTC医薬品協会
後援:厚生労働省、日本一般用医薬品連合会
 


【プログラム(敬称略)】
1.主催者挨拶 14:00〜14:05
   「セルフメディケーションの日  シンポジウム開催にあたって」
  日本OTC医薬品協会 会長 上原 明
 
 2.基調講演 14:05〜14:35(30分)
   「DX(デジタルトランスフォーメーション) が人を守り、医療を守る」
  株式会社リーバー 代表取締役 伊藤 俊一郎
 
 3.パネリスト発表 14:35〜15:05(30分)
   「厚生労働省における  セルフメディケーション推進体制について」
  厚生労働省 医政局経済課長 兼
  セルフケア・セルフメディケーション推進室室長 林 俊宏

「ヘルスリテラシー: 選択肢を見極める力、選ぶ力」
   聖路加国際大学大学院看護学研究科 教授 中山 和弘
 
 4.パネルディスカッション 15:05〜15:55(50分)
     コーディネーター:中山 和弘

  パネリスト
  伊藤 俊一郎
  林 俊宏
  産経新聞社 論説委員 佐藤 好美
  日本OTC医薬品協会 副会長 伊部 充弘
 
 5.閉会挨拶 15:55〜16:00
     日本OTC医薬品協会 理事長 黒川 達夫


■株式会社リーバーについて
株式会社リーバー(旧社名AGREE)は2017年2⽉に遠隔医療相談サービスを⾏う⽬的にて創⽴されました。 私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念を掲げ、すべての⼈々に適切な医療が⾏き渡るよう努めています。

〈会社概要〉
会社名:株式会社リーバー
本社所在地:茨城県つくば市⾼野1155-2
代表者:伊藤俊⼀郎
設⽴:2017年2⽉
URL:https://www.leber.jp
事業内容:遠隔医療アプリの企画・開発・運営 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リーバー >
  3. 日本OTC医薬品協会主催「セルフメディケーションの日シンポジウム2021」にて代表伊藤による基調講演の登壇が決定