[アステュート・アナリティカプレスリリース]は、2022年にオピオイドの需要を理解するために、オピオイド離脱症候群(OWS)市場に関する調査を実施しました。

痛みや 麻酔の治療のためのオピオイドの使用量の増加と誤用が、市場の主要なドライバーになると思われます。
調査概要:

調査期間 : 2022年2月21日〜6月29日

調査機関 :

調査委託先 :  株式会社 アステュート・アナリティカ
自社調査

調査対象 : 米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、日本のあらゆる規模の組織から、610人のリーダーを対象に調査を実施しました。

有効回答数 : (610人)

調査方法 : 電話調査250人、インターネット調査360人

調査回答者:調査は、収益に基づいて企業間で実施されました。

調査結果:

質問:オピオイド離脱症候群(OWS)治療薬の7MM市場をリードしているのは誰ですか?

 米国は、有力企業の存在と離脱症候群(OWS)治療法の承認により、市場を支配しています。英国は、国内で20年以上にわたってブリトロフェックス( Britlofex)が継続的に採用されていることに支えられて、かなりの市場シェアを持っています。

質問:オピオイド離脱症候群(OWS)の7MM市場をリードしているのは誰ですか?

 米国は7MMオピオイド離脱症候群(OWS)市場で支配的であり、市場シェアのほぼ3/4を占めています。

主な推進要因:

オピオイド中毒の症例が増加:
  •  現在のシナリオでは、一般の人々は、心血管、怪我から生じる痛み、その他の状態を含む、さまざまな重度の慢性疾患に苦しんでいます。
  • これらの病気は、鎮痛剤、主にオピオイドの摂取で管理されている患者に慢性的な痛みを引き起こすことがよくあります。
  • 痛みが軽減される一方で、これらの薬物の中毒になる可能性が高くなります。これらの薬物への依存度が高まり、突然の中止により、離脱症状に苦しむ患者につながる可能性があります。
  • したがって、これらのオピオイドを使い続ける患者は、患者に致命的な結果をもたらす可能性が非常に高くなります。
民間および公的機関による関与の増加 :
 
  • オピオイド離脱症候群治療への民間および政府機関の関与の増加は、市場の成長の重要な要因です。
  • オピオイド中毒に苦しむ人々の数は大幅に増加し、この危機に取り組むためにいくつかの政府が大規模に関与するようになりました。

結論 :
  •  痛みや麻酔の治療におけるオピオイドの使用量の増加や誤用が、市場の主要なドライバーとなります。
  •  離脱症候群(OWS)の治療のための弱い臨床パイプラインは、市場の成長への主要な障壁になります。
続きを読む: https://bit.ly/3otWJuD

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高このプレスリリース
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Astute Analytica >
  3. [アステュート・アナリティカプレスリリース]は、2022年にオピオイドの需要を理解するために、オピオイド離脱症候群(OWS)市場に関する調査を実施しました。