SBI損保が無料乳がん検診を川崎フロンターレのファンイベントで実施

~併せてDF車屋選手による検診啓発活動を実施~

SBI損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島津勇一、以下「SBI損保」)は、2019年7月20日(土)に特定非営利活動法人Charity.org(本部:東京都新宿区、代表理事:折尾仁、以下「Charity.org」)の協力のもと、SBI損保がオフィシャルスポンサーを務める川崎フロンターレの「2019ファン感謝デー」イベントにおいて、無料の乳がん検診やがん検診受診率向上を促す啓発を行いました。
SBI損保では、2012年よりがん治療費を実額補償する「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用保険)」を販売しており、協賛する川崎フロンターレと協力することで、がん検診の重要性を多くの方に知っていただく活動ができないか模索しておりました。スポーツを通じた社会貢献活動に注力しているCharity.orgの協力によって、この度、がん検診の啓発活動が実現いたしました。

 


イベント当日は、無料の乳がん検診の他、川崎フロンターレのDF車屋選手が、がん検診を促すフロンターレオリジナルうちわを直接ファンの方へ手渡し、多くの方にがんの早期発見、早期療の大切さを呼びかけました。

●受診者の方の声の一例
受診は初めてで、痛いと聞いていたのですが、思ったより痛くなかったのと、仕事で受診できる機会がとれなかったので、こういう場で受けられるのはとてもいいこと。

今後もSBI損保は、お客さま満足度の向上に加えて、がん検診の重要性を広めるなど啓発活動も努めてまいります。

◆SBI損保について
URL:https://www.sbisonpo.co.jp/
SBI損保は、「より多くのお客さまの生活に、より大きな安心をお届けするために」という理念のもと、インターネットを最大限活用し、お客さまによりわかりやすく、より利便性の高い損害保険サービスの提供に努めるとともに、お客さまにとって身近で信頼される損害保険会社を目指します。

【 会社概要 】
商号:SBI損害保険株式会社
所在地:東京都港区六本木1-6-1
設立:2006年6月1日
資本の額:409億円(うち資本金205億円、資本準備金204億円)
事業内容:損害保険業

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBI損保 >
  3. SBI損保が無料乳がん検診を川崎フロンターレのファンイベントで実施