YouTubeショート動画の最新市場データを公開 ― kamui tracker調べ

ショート動画投稿数やカテゴリなどを調査

株式会社エビリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中川恵介)は、運営する動画SNSデータ分析ツール「kamui tracker(カムイトラッカー)」で独自に収集しているデータをもとに、2021年5月にYouTubeの「ショート動画」について調査いたしました。

 
  • YouTubeショート動画について
YouTubeショート動画は、β版の提供が2020年9月にインドから開始され、2020年10月から日本でも利用可能となりました。
60秒以内の縦向き動画でTikTokと同様に、動画が終了すると自動的に次の動画が開始される仕組みになっています。タイトルもしくは説明欄に「#shorts」と記載することでYouTubeに「ショート動画」と認識されます。現時点では、ショート動画に広告は配信されていません。
  • リリース以降、動画投稿数や利用チャンネル数は右肩上がりに
今回の調査では、2020年10月のリリース以降の「利用チャンネル数」と「動画投稿数」を計測しました。
その結果、「利用チャンネル数」と「動画投稿数」ともに右肩上がりになっていることが分かりました。

こちらは「利用チャンネル数」と「動画投稿数」をグラフにしたものです。
ショート動画「利用チャンネル数」は、リリース当初はわずか109チャンネルでしたが、7ヶ月後の2021年5月末には見込みで約31倍になると想定できる結果となりました。
2021年1月頃からショート動画がSNSで話題となり、多くのユーザーが参入したきっかけとなりました。
 

※調査条件
・2020年10月〜2021年5月24日に投稿された国内のYouTube動画
・チャンネル登録者数1,000人以上のYouTubeチャンネルにより投稿された動画
・ショート動画のうちタイトルまたは説明文に「#shorts」と記載があるもの
 
  • ショート動画で人気のカテゴリは「ゲーム」
続いて、ショート動画を投稿しているチャンネルのカテゴリの調査を行いました。
その結果、1位「ゲーム」、2位「ブログ」、3位「エンターテイメント」となりました。

ゲームでは、主に名場面や本編に繋がる切り抜き、告知動画などがショート動画として投稿されています。
※チャンネルカテゴリはkamui tracker独自のものを使用しております。

※調査条件
・2020年10月〜2021年5月24日に投稿された国内のYouTube動画
・チャンネル登録者数1,000人以上のYouTubeチャンネルにより投稿された動画
・ショート動画のうちタイトルまたは説明文に「#shorts」と記載があるもの
 
  • ショート動画で人気を集めているYouTuber
・Junya.じゅんや
Junya.じゅんやは、TikTokフォロワー数が3,190万人(6/10時点)と日本一を誇る人気TikTokerです。昨年YouTubeチャンネルを開設し、YouTubeではショート動画と通常動画の両方を投稿しています。
5月の月間視聴回数は約35億回でした。通常動画とショート動画の視聴回数を比較してみると、ショート動画のほうが視聴回数が高く、じゅんやの動画はショート動画のほうが視聴者も見やすく好まれている傾向にあります。
主に自身のTikTokの動画やそれをまとめた動画を投稿しており、見ていると癖になる内容で海外にも多くのファンを抱えていることがコメント欄から分かります。
https://youtu.be/IRYzAojPzY4

・SUSHI RAMEN【Riku】
SUSHI RAMEN【Riku】は、登録者数560万人(6/10時点)の大人気YouTuberです。
本人曰く、特に思い入れのあるような昔の動画をショート動画として投稿していると概要欄に記載されています。昔の人気の動画を再度投稿することで、元動画を見てくれるきっかけになります。
ショート動画の投稿頻度は高くないですが、公開している動画はほぼ毎回100万回を超えています。
https://youtu.be/1CKf3Vn4Zp8
 
  • まとめ
ショート動画は、リリース以降、利用チャンネル数、動画投稿数ともに増えており、今後も増加していくことが予想されます。
β版リリースから約7ヶ月ですが、ショート動画を活用して成功しているYouTuberが増え始めています。
ショート動画ならではの特徴を活かし、新しいYouTube施策として取り入れてみるのも良いでしょう。
現在YouTubeチャンネルを運用している企業様はぜひ参考にしていただければと思います。
最新の市場やデータはkamui trackerでご覧いただけますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。現在有料機能の無料トライアルを実施しております。

【お問い合わせや無料トライアルはこちらから】
https://kamuitracker.com/contact
 
  • 「kamui tracker(カムイトラッカー)」について
国内最大級の動画SNSデータ分析ツールである「kamui tracker」は、国内のYouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートしています。
YouTuberタイアップやYouTubeチャンネル運用、YouTube市場トレンドの把握などに活用いただいています。
https://kamuitracker.com/
 
  • 会社概要
株式会社エビリーは、動画の活用で企業のDX推進を支援することをミッションに掲げ複数の事業を展開する企業です。
会社名:株式会社エビリー (EVIRY, INC. )
資本金:3億7,000万円(資本準備金含む)
所在地:東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビルB1
代表:代表取締役社長 中川恵介
従業員数:55名(正社員のみ、2021年04月現在)
事業内容:
1.ビデオソリューション事業
・クラウド型動画配信プラットフォーム「ミルビィ」
・動画共有ポータルサイト構築「ミルビィポータル」
・動画販売サイト構築「ミルビィポータルEC」
2.kamui tracker事業
・動画SNSデータ分析ツール「kamui tracker」
・YouTuberキャスティングサービス
・YouTubeチャンネル運用サービス
URL: https://eviry.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エビリー >
  3. YouTubeショート動画の最新市場データを公開 ― kamui tracker調べ