2月17日(水)、愛媛県新居浜市とピースウィンズ・ジャパンが「災害等緊急時における支援協力に関する協定」を締結します

愛媛県新居浜市と認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ 代表理事:大西健丞 本部:広島県神石高原町)は、災害時および災害の恐れがある場合の対応と支援協力のため、2月17日に協定を締結します。

<協定内容>

本協定は、災害等緊急時並びに平常時における防災訓練等において、PWJが所有、運用する技術・ヘリなどの航空機・災害対応医療船などを活用した災害状況等の情報収集、避難所運営支援や人員・救援物資等の輸送などを実施することにより、被害の防止又は防災や地域社会の発展等に寄与していきます。

■協定締結式
日時:2021年2月17日 11:30~
場 所:本庁3階 市長応接室
参加者: 新居浜市長
特定非営利活動法人ピースウインズ・ジャパン / 代表理事大西健丞/国内事業部長/海洋部門
場所:愛媛県新居浜市一宮町一丁目5番1号
※報道機関の皆様におかれましては、ぜひご関心をお寄せいただきますようお願い申し上げます。

●特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンについて
ピースウィンズ ・ジャパン(PWJ)は、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する国際協力NGOで、1996年に設立されました。これまでに世界33カ国で活動してきました。また、緊急災害支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団」の運営や、社会問題の解決を目的とした活動にも力を入れており、地域活性化や犬や猫の殺処分ゼロを目指した動物の保護・譲渡活動などに取り組んでいます。

●これまでの連携協定締結先(姉妹団体の協定先も含む)
自治体:愛知県、三重県、佐賀県、長崎県、静岡県袋井市、岡山県倉敷市、岡山県笠岡市、岡山県総社市、佐賀県佐賀市、長野県小諸市、東京都葛飾区、東京都世田谷区、東京都杉並区、広島県神石高原町、岡山県美咲町、愛媛県上島町、佐賀県大町町

病院:佐賀大学医学部附属病院高度救命救急センター(佐賀県)、岡山県済生会総合病院(岡山県)、米盛病院(鹿児島県)、田野病院(高知県)、広島共立病院(広島県)、利尻島国保中央病院(北海道)、淀川キリスト教病院(大阪府)、ヨコクラ病院(福岡県)、大阪府済生会千里病院(大阪府)、安房地域医療センター(千葉県)、佐久医療センター(長野県)、東京ベイ浦安市川医療センター(千葉県)

大学:高知県立大学

団体:災害人道医療支援会(HuMA)、独立行政法人国立病院機構本部DMAT(災害派遣医療チーム)事務局、ボーイスカウト日本連盟、NPO法人 日本サーチドッグアソシエーション



■特定非営利活動法人ピースウィンズ ・ジャパン URL:https://peace-winds.org
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピースウィンズ・ジャパン >
  3. 2月17日(水)、愛媛県新居浜市とピースウィンズ・ジャパンが「災害等緊急時における支援協力に関する協定」を締結します