プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社フィードフォース
会社概要

【5/24発売】『エンジニアのためのShopify開発バイブル』出版のお知らせ

Shopify開発の最前線で活躍するエンジニアの知見を1冊に集約!

株式会社フィードフォース

フィードフォースグループ株式会社(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司)は、当社グループから5名が執筆に携わりました、『エンジニアのためのShopify開発バイブル』が、2022年5月24日(火)に発売されることをお知らせいたします。

本書は、エンジニアとしてShopify開発に取り組む著者陣の知見を1冊にまとめて、Shopify開発にまつわる知識を解説する書籍です。次に挙げるような、はじめてShopifyに触れる方を対象にまとめてありますが、知識をアップデートしたい方にもおすすめです。


・はじめてShopifyでストア開発を行う
・カスタムストアフロントを活用したい
・Shopifyのアプリ開発を行いたい

本書の役割は、Shopifyにはじめて触れるエンジニアでも、安心して開発できるようになる情報を提供することです。Shopify開発の基礎知識から丁寧に解説し、ストアフロントやアプリ開発といった、専門的な領域まで解説します。実際にShopifyで開発しながら読み進めていただくと、より効果的な情報となります。

■ご予約、詳細はこちらから
Amazon書籍情報ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4839978190


◆ 書籍情報
著者:加藤 英也、小飼 慎一、佐藤 亮介、大道 翔太、長岡 正樹
出版社:マイナビ出版
発売予定日:2022/5/24
定価:3,278円(2,980円+税)
予定ページ数:384ページ
ISBN-10:4839978190
ISBN-13:978-4839978198
※仕様は変更になる場合があります。

 

◆ 本書の特徴
・Shopify開発の基礎知識から丁寧に解説
はじめてShopifyに触れる方でも安心して学習が始められるよう、図解を盛り込んで丁寧に解説しています。

・Shopifyに触れながら開発体験ができる
テーマのカスタマイズ、カスタムストアフロント、アプリという3つの開発にそれぞれハンズオンを準備しました。実際に手を動かしながら開発体験ができます。

・最前線で活躍するエンジニアによる解説
現場の最前線で活躍するエンジニアならではの視点で、公開や審査にまつわるベストプラクティスも紹介しています。

◆ 著者プロフィール
加藤 英也
株式会社リワイア 代表取締役
海外の大学を卒業後、株式会社サイバーエージェントにて営業からエンジニアに転向。広告の配信システムやターゲティングシステムの開発に従事。その後、三井物産子会社である株式会社Legoliss取締役としてCDP・データ分析ビジネスの開発を担当。2020年12月にフィードフォース子会社のリワイアへ参画(取締役)、2022年3月より代表取締役(現任)。Shopifyにおけるコマーステック領域にてアプリ開発や各種インテグレーション事業を展開。

小飼 慎一
株式会社フィードフォース
エディトリアルデザイナー・Webデザイナーを経て、2017年2月より現職。2020年春頃より新規事業開発の一環として複数のShopifyアプリを開発、現在はPOSとShopifyを連携するサービスOmniHubの開発に従事。

佐藤 亮介
株式会社ソーシャルPLUS 執行役員/CTO
福井高専、福井大学および同大学院にて情報工学を専攻。SIer、Web系スタートアップを経て2017年1月より株式会社フィードフォースに入社。開発リーダーとして「ソーシャルPLUS」のバックエンド開発に従事。分社化に伴い2021年9月より株式会社ソーシャルPLUSへ転籍。執行役員/CTOとして「ソーシャルPLUS」「CRM PLUS on LINE」の開発やチームビルディング、エンジニア採用に取り組む。

大道 翔太
株式会社フィードフォース
大学卒業後、物流管理、転職エージェント、採用担当などの仕事を経て2018年フィードフォース入社。フィードフォースへの転職を機にWebエンジニアにキャリアチェンジ。現在は小飼と同じチームでShopifyアプリOmni Hubの開発を担当。

長岡 正樹
株式会社ソーシャルPLUS
SIerを経験したあと「働くを豊かに」という社風に共感し、2018年1月に株式会社フィードフォースにジョイン。2021年9月にフィードフォース社から分社化した株式会社ソーシャル PLUSに転籍。普段はShopify上でLINEやFacebookにログインする機能を簡単に提供できるShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」のバックエンド開発に従事。

■取材依頼について
著者陣ならびに当社グループ提供サービスに関する取材・講演・セミナー・執筆などのご相談については、お気軽に下記の「お問い合わせ先」へご連絡ください。

◆ 会社概要
会社名:フィードフォースグループ株式会社
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役社長 塚田 耕司
グループ会社:株式会社フィードフォース / アナグラム株式会社 / 株式会社リワイア / 株式会社ソーシャルPLUS / シッピーノ株式会社 / 株式会社フラクタ / テープス株式会社
Webサイト:https://feedforcegroup.jp/

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / デジタルマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

会社名:株式会社リワイア
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 加藤 英也
事業内容:コマースのデジタル化支援 / ECシステム・アプリ開発 / ECシステム構築支援
Webサイト:https://rewired.jp/

会社名:株式会社ソーシャルPLUS
所在地:東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F 
代表者:代表取締役 岡田 風早
事業内容:ID連携/ソーシャルログインを基軸としたSaaS事業
URL:https://socialplus.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社フィードフォース
担当:渡邉
E-mail:pr@feedforce.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://feedforcegroup.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社フィードフォース

27フォロワー

RSS
URL
https://www.feedforce.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区南青山一丁目2番6号 ラティス青山スクエア3F
電話番号
-
代表者名
塚田 耕司
上場
マザーズ
資本金
4億6511万円
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード