【速報】内閣府 3月休校に伴うベビーシッター利用料助成 非課税に決定

2月28日夜に、新型コロナウイルス感染症対策のため小学校等において休校要請が行われたことを踏まえ、内閣府「企業主導型ベビーシッター利用者支援事業」における特例措置として、ベビーシッター補助券の利用枠が、1か月最大26万4000円まで引き上げる方針が発表されました。

そして本日3月5日夜、新型コロナウイルス感染症対策のため、本特例措置の趣旨(令和2年3月の臨時休園・休校によりベビーシッターを利用することが必要となり、新たな支出を余儀なくされた場合にその支出を補うこと)に沿った割引券利用による経済的利益は、所得税法等の規定に照らして、非課税所得となることが内閣府より発表されました。(※)

特例措置の趣旨に沿った割引券の利用については、令和2年3月に限り1日(回)対象児童1人につき複数枚、1家庭当たり1か月に120 枚まで使用できるため最大26万4000円の補助について、非課税の対象となります。

また本事業は、事業主において割引券の購入が必要となりますが、3月31日を利用期限とする割引券の申請を3月25日まで受け付けるとしており、2月28日以降に申込みを行った事業主は、利用承認の日に関わらず、さかのぼって2月28日から3月31日までの割引券の使用適用も認めています。

詳しくは全国保育サービス協会のHPをご参照ください。
新型コロナウイルス感染症対策のための小学校等の臨時休業等に関連した 「ベビーシッター派遣事業実施要綱」の取扱い等について
http://acsa.jp/htm/news/20200305.htm

※ ご注意ください
上記趣旨以外で本制度を利用した場合の割引料は、所得税法上、その対象者の「雑所得」として確定申告が必要となる場合があります。詳しくはお住まいの地域の税務署等にご確認ください。

■キッズラインの割引対象シッターは1400人以上

ベビーシッターマッチングの「キッズライン」も約1400人以上(2020年3月5日現在)のシッターが内閣府ベビーシッター割引対象となっております。サポーター自身やご家族の健康が最優先事項ですが、健康状態に問題ない方は、感染防止拡大に最大配慮しながら、預け先が不安な皆さまへの預かり先としてスケジュールも新たに公開し、サポートする体制構築に向けて努力をしております。直前のご予約もお問い合わせください。
https://kidsline.me/short/0bYcO8gj

キッズラインでの詳しい利用方法についてはこちら
 

https://kidsline.me/information/how_to_naikakufu?0305

■本制度の企業導入、キッズラインがお手伝いします

本割引券制度は、企業が導入することにより従業員のみなさまがベビーシッター補助を受けられる制度です。企業の負担額は2200円の割引券1枚あたり、70円(大企業の場合は180円)となっております。
メールにて申請書類を送付することで、オンラインで申請を完結することができますので、従業員や役員のお子様の預け先にお困りの声があがりましたら、早急に導入をご検討ください。
お申し込み方法や企業導入のお手伝いをご希望される企業のご担当者様は、以下をご確認いただき、お問い合わせいただけますと幸いです。
 

https://kidsline.me/information/cao_bs_ticket_corporateguide?0305

また、インターネットで24時間予約手配できる、ベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」は、すべての新規利用の皆様へ初回3000円の割引を実施中です。
https://kidsline.me/contents/news_detail/531

■サポーターおよび親御様の感染防止対策について

キッズラインでは、育児のインフラとしてできる限りのサービス提供を行いますが、感染拡大防止にも徹底配慮し、以下のように現在は運営させていただいております。
(2020年2月28日時点)

○サポーター(シッター)さんご自身とご家族などの近親者の健康と安全を最優先する

○サポーターに発熱等の風邪症状が見られるときは、必ずサポートをキャンセルする

○風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努める他、マスクの着用・携帯等の除菌の徹底など、サポート中の通常の感染予防対策の強化とドアノブ等はハンカチを使い入室を推奨

○安全なサポート実施のため、毎朝の体温を測定・記録

○サポート中に限らず、多くの方が集まるイベントや行事の参加について自粛願い

○お子さまのシッティングにあたり、多くの方が集まる場所(公園やイベント、大型商業施設等)へ行くことは避ける

○サポートの際、移動に関して利用時間や交通手段をペアレント・ご利用者の皆さまと事前に確認をする(満員電車の回避や時間変更を相談する等)

○妊婦の方に関しては「念のため重症化しやすい方と同様」との注意喚起がなされていることから、産前産後ケアのサポートは、一定期間お控えいただくことをペアレント様ともご相談・ご検討いただくことを推奨

○湖北省または浙江省から帰国・入国される方あるいはこれらの方と接触された方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合にはマスクを着用するなどし、事前に保健所へ連絡したうえで受診することの徹底

○その他、厚生労働省発表の「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」に従って、相談・受診を行うよう周知
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596905.pdf

ご利用の親御様に対しても同様に、発熱等の風邪症状が見られるときは必ずキャンセルいただく、サポート中の感染防止対策には最大限ご協力いただくよう周知徹底しております。

<ベビーシッター支援策及び感染拡大防止対策については、政府の発表や情勢を確認しながら随時更新・変更を行って参ります。従って内容の変更がある可能性がございます。>

■キッズラインで利用できるその他のベビーシッター割引・補助制度

本割引券制度以外にも、キッズラインのは幼保無償化の対象でもあり、各種自治体の補助制度、法人の福利厚生制度など、さまざまな補助をご利用いただけます。

キッズラインで使える補助制度の詳細はこちら
https://kidsline.me/help/center_detail/subsidy


■ キッズラインとは


「キッズライン」はスマホがあれば24時間ベビーシッターや家事代行サービスが即日手配が可能なマッチングサービス(iOS版・Android版アプリも利用可能)です。

全国47都道府県で展開、現在4,000名以上の保育士や幼稚園教諭、子育て経験のあるママなど弊社で面接および研修に合格したベビーシッターや家事スタッフが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価を見ることができ、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加。

最近では10以上の自治体(千代田区・渋谷区・品川区など)や430社以上の法人にも導入。2019年1月には、東京都が推進する東京都ベビーシッター利用支援事業の事業者に認定されるなど、利用の裾野を広げています。

■ 当記事に関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム:https://kidsline.me/corp/coverage

■ 会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL:https://kidsline.me/

|本リリースの元記事はこちら|
https://kidsline.me/contents/news_detail/540
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キッズライン(KIDSLINE inc.) >
  3. 【速報】内閣府 3月休校に伴うベビーシッター利用料助成 非課税に決定