47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創富山の味 『ポテトチップス 富山ブラックラーメン味』2019年1月21日(月)発売!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、富山市発祥のご当地グルメである「富山ブラックラーメン」の味わいを再現した『ポテトチップス 富山ブラックラーメン味』を数量限定・期間限定で2019年1月21日(月)、富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知・三重(7県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(3月上旬終売予定)。

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、地元の味を再現したポテトチップスを2017年度に発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2018年度の第2弾となる富山の味『ポテトチップス 富山ブラックラーメン味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、富山県庁にてワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、「とろろ昆布味」や、「鱒の寿司味」などのアイデアも出ましたが、今回はポテトチップスとの相性も考え、「富山ブラックラーメン味」に決定しました。東京ラーメンショーで3連覇した富山を代表するB級グルメです。富山県民が愛する味わいを再現し、みんなで楽しめるポテトチップスに仕上げました。
【商品特長】
「富山ブラックラーメン」は、汗をかく労働者のための塩分補給として、醤油を濃くしたスープと麺をご飯のおかずとして食べる、というスタイルの中で生まれました。
本商品は、まっ黒で濃い中にも旨みがたっぷり、黒胡椒のパンチが効いた濃いしょうゆスープの味わいが楽しめるポテトチップスです。

【パッケージ特長】
背景は富山をイメージできるよう、立山連峰とライチョウを描き、インパクトのある真っ黒いスープの「富山ブラックラーメン」の写真を中央に大きく配置しています。
裏面では、富山の新しいブランド米“富富富(ふふふ)”を紹介しています。

【開発者からのコメント】
濃厚な醤油ベースのスープと黒胡椒の辛味効いた濃厚な味を目指した商品です。
濃厚!辛い!でももう一口飲みたい!となるような「ブラックラーメン」のやみつきになる味わいの再現が難しかったです。
ポテトチップスという形でデフォルメするにあたり、スープの旨味、最後に残る黒胡椒の辛味をとても大切にしました。

1月11日、富山県庁にて副知事表敬訪問を行いました。1月11日、富山県庁にて副知事表敬訪問を行いました。


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルビー株式会社 >
  3. 47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創富山の味 『ポテトチップス 富山ブラックラーメン味』2019年1月21日(月)発売!