オン・セミコンダクター、3.875%のシニア社債で7億ドルの私募発行の規模拡大とその価格設定を発表

オン・セミコンダクター・コーポレーション(本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON: 以下「オン・セミコンダクター」)は本日、すでに発表されている元本総額7億ドルの私募発行の価格決定を発表しました。これは、償還期限2028年、利率3.875%のシニア社債(以下「社債」)で、前回発表した元本総額5億ドルを上回ります。この社債は、オン・セミコンダクターの優先債務となり、一部の子会社により保証される予定です。社債の売却は、通常の完了条件に従い、2020年8月21日に完了する予定です。

この募集による総収入は7億ドルで、これはオン・セミコンダクターが支払うべき見積もり手数料および募集にかかる費用と経費の差し引き前の金額です。オン・セミコンダクターは、社債の募集による純資金収入と手元資金を、同行のリボルビング・クレジット・ファシリティに基づく、借入残高約12億ドルの返済に充当する意向です。

社債および保証は、米国修正1933年証券法(「証券法」)または米国の州証券法もしくは他の法域に基づいて登録されておらず、今後も登録されません。また、登録要件の適用除外がない限り、米国で提供または販売することはできません。この社債は、証券法に基づく規則144Aに従って適格機関投資家であると合理的に信じられている者にのみ、また、米国外においては、証券法に基づくレギュレーションSに依拠している非米国人に対してのみ、提供されます。

本ニュースリリースは、これらの証券の売却の提供または購入の提供の勧誘ではなく、当該募集、勧誘または売却が、当該州、あるいは法域の証券法に基づく登録または資格より前に違法となる州または法域において、これらの証券を売却することはできません。

###

オン・セミコンダクターについて
オン・セミコンダクター(Nasdaq: ON)は、お客様にグローバルな省エネルギーを実現していただけるよう、高効率エネルギーへのイノベーションをリードしてまいります。オン・セミコンダクターは半導体をベースにしたソリューションのリーディング・サプライヤーで、エネルギー効率の高い、電力管理、アナログ、センサ、ロジック、タイミング、コネクティビティ、ディスクリート、SoCおよびカスタム・デバイスの包括的なポートフォリオを提供しています。オン・セミコンダクターの製品は、自動車、通信、コンピューティング、民生機器、産業用機器、医療機器、航空宇宙、防衛のアプリケーションにおける特有な設計上の課題を解決します。オン・セミコンダクターは、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の主要市場で、製造工場、営業所、デザイン・センターのネットワークを運営しています。迅速な対応、信頼性、世界クラスのサプライチェーンと品質保証プログラム、厳格な企業倫理とコンプライアンスを備え、お客様のご要望にお応えしていきます。詳細については、http://www.onsemi.jpをご覧ください。

• Twitterで @onsemi_jp をフォローしてください。

オン・セミコンダクターおよびオン・セミコンダクターのロゴは、Semiconductor Components Industries, LLCの登録商標です。本ドキュメントに記載されている、それ以外のブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。オン・セミコンダクターは、本ニュースリリースで同社Webサイトを参照していますが、Webサイト上の情報はここには記載されていません。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オン・セミコンダクター株式会社 >
  3. オン・セミコンダクター、3.875%のシニア社債で7億ドルの私募発行の規模拡大とその価格設定を発表