「丸の内イルミネーション 2021」開催のお知らせ

開催 20 年目となる冬の風物詩、今年は TOKYO TORCH Park にも拡大

丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)では、2021 年 11 月 11 日(木)~2022 年 2 月 20 日(日)の期間中、冬の風物詩としてまちを彩るイベント「丸の内イルミネーション 2021」を開催します。
 「丸の内イルミネーション 2021」は、今年で 20 年目を迎える恒例イベントで、約 1.2km におよぶメインストリート、丸の内仲通りを中心に、有楽町駅前の東京交通会館から大手町仲通りまで丸の内エリア内340本を超える街路樹が、シャンパンゴールド色の LED 約 120 万球で彩られます。また今年 7 月にグランドオープンし、東京駅日本橋口前の新ランドマークとなった常盤橋タワー前の大規模屋外広場「TOKYO TORCH Park」においても同時に点灯。商業ゾーン「TOKYO TORCH Terrace」をはじめとして丸の内エリアにはテラス席を有する店舗も多く、ソーシャルディスタンスを保った屋外環境でゆっくりとイルミネーションをお楽しみいただけます。 

 本イベントでは、従来品と比べ使用電力を削減する環境に配慮したイルミネーション*を使用しており、従来の明るさや輝きは変わらずに、使用電力を抑えます。また期間中、丸の内仲通りで使用するすべてのエネルギーには、太陽光や風力などの自然エネルギーで発電されたグリーン電力を使用します。 

 なお、新型コロナウイルス対策として、例年は 17 時~23 時(12 月は 24 時)までだったイルミネーションの点灯時間を、昨年同様に 2 時間早め、本年も 15 時から点灯します。お楽しみいただける時間を長くとることで、鑑賞いただく時間を分散させ、屋外でも密を避けながらゆったりと安心してお過ごしいただけます。 

▲昨年開催時の様子▲昨年開催時の様子

* 丸の内イルミネーションでは、従来型LED球と比較し、1球当たりの使用電力を65%削減する「エコイルミネーション」と、「エコイルミネーション」の1球当たりの使用電力をさらに30%カットした「NEWエコイルミネーション」を採用し、エネルギー使用量を削減し高効率化を実現しています。
 
  • 「丸の内イルミネーション 2021」概要 
<主 催>
丸の内イルミネーション実行委員会(以下の団体で組成)
東京都、千代田区、一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、 NPO 法人 大丸有エリアマネジメント協会 
<協賛・協力>
ザ・ペニンシュラ東京、中央日本土地建物株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、 株式会社東京交通会館、日本生命保険相互会社、日本郵船株式会社、株式会社丸ノ内ホテル、 三菱商事株式会社、明治安田生命保険相互会社(予定) ※50 音順 
<特 別 協 力>
三菱地所株式会社  
<企 画 制 作>
三菱地所プロパティマネジメント株式会社 
<実 施 期 間>
2021 年 11 月 11 日(木)~2022 年 2 月 20 日(日) 102 日間(予定) 
<点 灯 時 間>
15:00~23:00 *12 月 1 日(水)~12 月 31 日(金)は 15:00~24:00(予定) 
<場 所>
丸の内仲通り ほか 
<電 球 数>
約 120 万球 シャンパンゴールド色(LED)
 
  • 「丸の内イルミネーション 2021」開催マップ
※一部調整中につき、内容が変更となる場合がございます。

▲「丸の内イルミネーション2021」開催マップ▲「丸の内イルミネーション2021」開催マップ

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱地所プロパティマネジメント株式会社 >
  3. 「丸の内イルミネーション 2021」開催のお知らせ