兼近大樹さん、初の小説『むき出し』を発表

 株式会社文藝春秋(本社:東京都千代田区、社長:中部嘉人)は、「EXIT」の兼近大樹さんの著書『むき出し』を2021年10月27日に刊行することを決定しました。
 



又吉直樹さんからの推薦コメント
優しい眼差しが
純粋な言葉が
誠実な覚悟が
重要な小説を生んだ。 


プロフィール
兼近大樹(かねちか・だいき)
1991年北海道生まれ。
お笑いコンビ「EXIT」として活動中の漫才師。
また、音楽活動や洋服ブランドのプロデュースなど、芸人の枠を超えて幅広く活動している。
本書が初の小説作品となる。


■『むき出し』書誌情報
著者:兼近大樹
出版社:文藝春秋
発売日:2021 年10 月 27 日
定価:1,760 円(税込)
ISBN:978-4-16-391451-0
※電子書籍も同時発売
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社文藝春秋 >
  3. 兼近大樹さん、初の小説『むき出し』を発表