Audiostock × ヤマハ研究開発統括部 音響技術の研究開発に向けたミキシングコンテストを共催

~最大100点の作品を採用予定!研究開発に参加する音楽クリエイターとエンジニアを募集~

世界最大級のロイヤリティフリーのストックミュージックサービス「Audiostock」(https://audiostock.jp)を運営し、音楽コンテンツ流通のDXを推進する株式会社オーディオストック(岡山市北区、代表取締役社長:西尾 周一郎、以下「当社」)は、この度、ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表執行役社長:中田 卓也 以下「ヤマハ」)が実施中の音響技術の研究開発に向けたミキシングコンテストをヤマハ研究開発統括部と共催いたします。

■ 音響技術の研究開発に向けたミキシングコンテストをヤマハ研究開発統括部と共催
本コンテストでは、ヤマハ研究開発統括部の音響技術の研究開発に協力していただける音楽クリエイターやエンジニアの方を募集いたします。2022年8月10日(水)より一次選考のエントリーを開始し、二次選考を経て採用された作品は、研究開発用のデータとしてヤマハ研究開発統括部が取り組んでいる研究で活用され、将来的にヤマハが展開する機器やサービスへ応用される予定です。

一次選考では、書類選考及びこれまでの制作実績を元にしたミキシングスキルの審査を行い、二次選考のミキシング審査へ進んでいただく方を選考します。二次選考では、『もしもあなたが、配信ライブミックスのエンジニアになったなら』というお題に則り、実際のシチュエーションを想定してミキシングしていただいた作品について審査を行います。

二次選考にてご応募いただいた全作品の中から、最大100点を採用作品として発表し、さらにその中から優秀作品を選出する予定となっております。採用特典として、グランプリ1名に賞金5万円+副賞、準グランプリ2名に賞金3万円+副賞、採用作品(最大100点)には賞金1万円を授与いたします。

 

■「Audiostock × ヤマハ研究開発統括部 Music Research Contest 2022 SUMMER」募集要項


<概要>
ヤマハ研究開発統括部における音響技術の研究開発に向けたミキシングコンテスト

<募集期間>
一次選考エントリーは8月10日(水)~8月28日(日)23:59まで。
二次選考は9月下旬~10月上旬を予定しております。

<応募方法>
一次選考と二次選考を予定。
まずは一次選考エントリー用の応募フォームに必要事項を記入の上、ご応募ください。
その後、一次選考通過者には追って二次選考への応募方法をご連絡いたします。

<募集テーマ>
「配信ライブ向けミキシング」

<応募規定>
一次選考と二次選考
※応募される前に必ず応募規約をご確認いただき、同意いただける場合のみご応募ください。

<審査>
コンテスト事務局の運営委員と招聘審査員により構成される審査委員会にて審査します。
※審査基準の問い合わせにつきましては一切受け付けないものとします。

<発表>
・一次選考結果は10月上旬の発表を予定
・二次選考結果は11月下旬の発表を予定

<採用特典>
グランプリ(1名):5万円+副賞
準グランプリ(2名):3万円+副賞
採用作品(最大100名):1万円
 

※その他、応募規約や注意事項等、詳細を特設サイトにてご確認の上でお申し込みください。

▽「Audiostock × ヤマハ研究開発統括部 Music Research Contest 2022 SUMMER」特設ページ
https://audiostock.jp/special/music_research_contest_2022s

■ ヤマハによる音響技術に関する研究開発への協力について
当社は"技術×感性"で新たな価値を創造するヤマハ研究開発統括部における音響技術に関する研究開発において、当社の有する楽曲データの提供を通じて協力しております(※)。楽曲データは、ミキシングに関わる音響技術についての研究に用いることを予定しており、今後、ヤマハが音楽事業の中で展開する様々な機器やサービスへ応用される予定です。

この度、ヤマハ研究開発統括部と当社が共催するコンテストでは、実際に音楽制作に関わり現場で活躍する音楽クリエイターやエンジニアに協力いただくことで、研究開発をさらに促進させることを目指しております。当社は今後も、全国2万組以上の音楽クリエイターとのネットワークを活かし、音楽業界のさらなる発展を目指して本研究に協力してまいります。

(※)2022年7月8日(金) 当社プレスリリースにて発表:https://audiostock.co.jp/?p=3206

■ ヤマハ株式会社について
社名:ヤマハ株式会社
URL:https://www.yamaha.com/ja/
設立:1897年(明治30年)10月12日
代表者:代表執行役社長 中田 卓也
本社:静岡県浜松市中区中沢町10番1号

ヤマハは、1887年の創業以来、音・音楽を原点に培った技術と感性で、人々のこころ豊かな生活に貢献することをめざし歩んできました。130年以上にわたって磨き上げてきたクラフトマンシップと、最先端技術を活用した業界トップレベルのテクノロジーを強みに、楽器事業、音響機器事業、部品・装置、その他の事業の3つの領域でグローバルに事業を展開しています。

■ Audiostockについて

Audiostockは音楽の使用ライセンスを売買できるサービスです。音楽クリエイターは自身で制作した音楽を登録して使用権を販売することができ、売上に応じた印税を受け取ることができます。顧客は単品購入及びサブスクリプション方式で購入手続きを行うだけで音楽の利用許諾を得ることができ、映像・ゲーム・アプリ等の商用コンテンツに音楽を組み込むことができます。

​Audiostock:https://audiostock.jp/
Audiostock 定額制プラン:https://audiostock.jp/s_plan

■ 株式会社オーディオストックについて
社名 :株式会社オーディオストック
URL :https://audiostock.co.jp/
設立 :2007年10月11日
代表者 :代表取締役社長 西尾 周一郎
本社 :岡山県岡山市北区富田町ー丁目6−10 東光第一ビル 2F
東京オフィス :東京都品川区東五反田2丁目3-5 五反田中央ビル7F

株式会社オーディオストックは、世界最大級のロイヤリティフリーのストックミュージックサービス「Audiostock(オーディオストック)」を運営し、音楽コンテンツ流通のDXを推進する企業です。ミュージシャンや作曲家等、クリエイターが創った音楽作品を預かり、「Audiostock」を通して販売・配信を行うプラットフォーム事業を展開しています。契約から印税分配まで全てをオンライン上で完結させることで、適切な収益を得られる環境を構築し、音楽作品を生み出す方々を支援しています。

動画コンテンツの需要増に伴い、ストックミュージック市場は2026年迄に2,000億円(※1)まで拡大が見込まれます。「Audiostock」では、登録クリエイターは2万組、取り扱い音源数は約80万点と世界最大級の楽曲数を誇り、映画・テレビ・YouTube・ゲーム・広告・SNS投稿動画やストリーミングサービスなど、様々なシーンで音楽作品が使用されています。オーディオストックは、上場を目指す”音楽DXのスタートアップ”として、音楽ビジネスの革新に取り組み、すべての人が安心して音を活用できる世界を目指してまいります。(※1)出典元:Stock Music Market - Global Outlook and Forecast 2021-2026
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オーディオストック >
  3. Audiostock × ヤマハ研究開発統括部 音響技術の研究開発に向けたミキシングコンテストを共催