【TABIPPO×オーストラリア政府観光局】人気インフルエンサー総勢12組と共に旅の準備を応援する「Ready for Australia!」キャンペーンを開始

特設サイトやタイアップYouTube動画、SNSキャンペーンなど、複合PR施策を展開

株式会社TABIPPO(東京都渋谷区/代表取締役:清水直哉)はオーストラリア政府観光局と共に、昨年12月のオーストラリア国境再開を受け、Z・ミレニアル世代の旅行促進を目的としたキャンペーン「Ready for Australia! ​​#そろそろ始めるオーストラリア」を2月16日(水)に開始いたします。本キャンペーンでは、特設サイト公開、人気ユーチューバーたちによる特別動画の他、サポーターコミュニティの発足、オーストラリア・グッズが当たるツイッターキャンペーンなどを企画しています。
■「Ready for Australia! キャンペーン」施策の全体像
①特設サイト

オーストラリアの最新情報や国境再開を祝福するメッセージをまとめた特設サイトを2/16(水)に公開いたしました。タイアップYouTube動画や特集記事など、オーストラリア旅行の準備が楽しくなるコンテンツをご用意しております。

URL:https://australia.tabippo.net/ready-for-australia/

②タイアップYouTube動画
タイアップ動画ではオーストラリアに縁のある人気YouTuber2組が、現地の最新情報とワーホリの体験談をお伝えいたします。

1) 大家族フォーサイス家「【国境再開!】日豪大家族のオーストラリア観光Vlog!シドニーの大人気観光地を散策」

 

 

7男1女の日豪ハーフ大家族YouTuber・大家族フォーサイス家がシドニーの現地最新観光情報をレポート。シドニーの美しい街並みや美味しいグルメを映像で堪能することができます。

2) はだし夫婦「海外で暮らすと人生はどうなる?565日間の夫婦ワーホリのリアル体験談」

 

気になるオーストラリアでの生活やワーホリの疑問・質問に対し、ワーホリ経験者のはだし夫婦が現地写真や映像を交えて回答します。

③キャンペーンサポーター
上記YouTuber2組に加え、GoProトラベラー近藤あや、フォトグラファーものんろん、株式会社Ghost代表取締役の小柳津林太郎など、総勢12組のインフルエンサーをキャンペーンサポーターに任命。オーストラリアへの旅を共に盛り上げるサポーターとして、約2ヶ月間、オンライン交流会やSNS発信を行います。

④SNSキャンペーン

「#そろそろ始めるオーストラリア」をハッシュタグにTwitterキャンペーンを同時開催。TimTamやコーヒーセット、Aesopトラベル用ハンドウォッシュなど、オーストラリアにちなんだ賞品を抽選でプレゼント。SNSとの連動によりキャンペーンの認知拡大を促進します。

■株式会社TABIPPOについて

世界一周の旅を経験した旅人が、日本に旅を広めるために作った会社がTABIPPOです。2010年に設立されて、4年後の2014年4月に株式会社となりました。もっとたくさんの人に、旅への一歩を踏み出してほしいというシンプルな想いで、事業を展開しています。
旅を広める会社というのが、日本にはあまりないのですごく珍しい会社だと思っています。少しでも僕らの信じる「旅で世界を、もっと素敵に。」という理念に、共感してもらえたら嬉しいです。

■会社概要
社名:株式会社 TABIPPO
代表者:代表取締役社長 清水 直哉
設立:2014年4月10日
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西 1F co-ba ebisu
HP:https://tabippo.net/company

【お問い合わせはこちらから】
株式会社TABIPPO
東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西 1F co-ba ebisu
担当者:多葉田
問い合わせ先:(電話)090-9363-8896、(Mail)contact@tabippo.net
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TABIPPO >
  3. 【TABIPPO×オーストラリア政府観光局】人気インフルエンサー総勢12組と共に旅の準備を応援する「Ready for Australia!」キャンペーンを開始