”薄毛ケア”は家族との関係性にも影響?!薄毛ケア経験男性100名に調査「薄毛ケアをしたことで家族との会話が増加した」と76%が実感

「自分も家族と一緒に写真に写る」という回答はケア前後で2倍以上に増加

総合ヘアケアメーカーの株式会社スヴェンソン(本社:東京都港区、代表取締役社長 兒玉義則)メンズ事業部は、
2021年1月に30~50代の薄毛ケア経験のある男性100名を対象に「薄毛ケアによる家族との関係への意識変化に関する調査」を実施しました。
調査の結果、薄毛ケアをした76%の男性が「薄毛のケアをしたことで家族とのコミュニケーションが増えた」と実感していることが明らかになり、その理由として半数以上が「薄毛の悩み解決に向けて、増毛ケアに取り組み始めたことでさらに仲良くなった」と感じたことや、3人に1人が「増毛をして自分に自信がついた」ことを挙げました。

また、「薄毛のケア後、家族と一緒に写真を撮影する機会は薄毛ケア前と比べて増えましたか?」と質問をしたところ、73%が増えたと回答。自分に自信がついたことや前向きな気持ちになったことで、積極的に家族と一緒に写真を撮る機会が増えたことが明らかになり、薄毛ケアは、家族との関係性にも影響を与えることが分かりました。

【調査概要】
調査タイトル:「薄毛ケアによる家族との関係への意識変化に関する調査」
調査日:2021年1月31日
調査対象者:日本人の30代~50代 薄毛ケア経験のある男性100名
その他:構成比は小数点以下を四捨五入しているため、合計しても100とならない場合があります。
調査方法:インターネット調査
※調査内容をご掲載頂く場合は「株式会社スヴェンソン調べ」とご明記くださいませ。

■約8割の男性が薄毛をケアしたことで「家族とのコミュニケーションの増加」を実感  お子さんとの休日の会話や、奥様とのLINEの頻度が増えたという声も

結婚して数年…「旦那さんの髪の毛が薄くなってきた」と感じる奥様や、昔の写真と見比べて「お父さん髪の毛減ったな…」なんて感じる方もいらしゃるのではないでしょうか。今回は、ステイホームにより、自宅での家族時間が増えた今、お父さんの薄毛ケアと家族内のコミュニケーションに関する調査を、薄毛のケアを経験したことのある30~50代のお父さん100名を対象に行いました。

まず、「薄毛になっていくにつれて家族とのコミュニケーション量に変化が生じましたか?」と聞いたところ、3人に1人が「減った」と回答(グラフ①)。その理由としては半数の方が「自分の容姿に自信が持てなくなって話す頻度が減ったから(50.0%)」と感じていることが明らかになりました。その他、「家族に薄毛を指摘されることが嫌で会話の頻度が減ったから(34.4%)」、「子供の行事に呼ばれる頻度が減ったから(21.9%)」というように、自身の毛量の減少が原因で、家族との接触回数を意識的に減らしていたということが分かります(グラフ➁)。

また、「薄毛のケアをしたことで家族とのコミュニケーションに変化はありましたか?」という質問について、76%の男性が「コミュニケーションが増加した」と実感していると回答しました(グラフ③)。コミュニケーションが増えた理由については、第1位「薄毛の悩み解決に向けて、増毛ケアに取り組み始めたことでさらに仲良くなったから(52.6%)」、次いで第2位は「増毛をして自分に自信がついたから(36.8%)」という結果に。薄毛をケアし、見た目に自信がついて気持ちが前向きになったことで、視線を気にせずに家族との会話を楽しめるようになったのではないでしょうか。(グラフ④)。

さらに、「薄毛ケア実施前後でコミュニケーションの頻度の変化」について質問をしたところ、薄毛ケア後は奥さんともお子さんとも「全く会話をしていない」という回答が減少し、休日に奥さんと一緒に外出する人の割合が増加しました。平日における変化では、「家族とのLINEの回数が増えた」や「食事以外の時間も話すようになった」などの回答も見受けられ、薄毛ケアをする前に比べて家族とのコミュニケーションの頻度が高くなったことが明らかになりました。

■大切な家族との思い出写真に積極的に写りたい! 薄毛ケア経験者の73%が「家族と一緒に写真を撮影する機会が増加した」と回答。

自分の容姿が気になって、いつも自分は撮影側…というお父さんも少なくないのではないでしょうか。薄毛を気にしていた頃の写真の頻度で最も多い回答は「子供の写真は撮影するが自分は写らない(28.0%)」という結果に。その理由としては「自分の容姿に自信がないから(44.4%)や「恥ずかしいから(37.8%)」という自己意識だけでなく、「写真にトラウマがあるから(周りから中傷された経験があるなど)(2.2%)」のように、周囲の人からの反応が原因となっている回答もありました。

一方で、薄毛ケアをした人は薄毛ケア前と比べ、73%もの人が「家族と一緒に写真を撮影する機会が増えた」と回答しています(グラフ⑤)。増えた理由は、1位が「増毛をして自分に自信がついたから(41.1%)」、2位が「子供の行事に前向きに参加できるようになったから(39.7%)」、3位が「写真に写ることに抵抗がなくなったから(16.4%)」と回答(グラフ⑥)。

写真を撮る頻度の変化について、ケア前は「日常的に自分も家族と写真に写る」と回答した人が、12%(第4位)⇒ケア後24%(第1位)へ増加し、2倍以上に増える結果となりました。
せっかくの家族との写真撮影では、みんな揃って思い出写真を残したいですよね。薄毛が気になり出した早めのタイミングでケアを始めることで、見た目に自信が持てるようになり、家族との思い出写真を残す機会が増えるかもしれません。

■約8割の薄毛ケアをした男性の夫婦仲や親子関係の改善を感じていることが明らかに… 髪型を整えることで精神的にもポジティブな影響

薄毛のケアをしたことで、家族とのコミュニケーションの頻度や写真を撮る頻度にポジティブな変化があったことが分かりましたが、実際にそれは関係性の改善に良い影響を与えているのでしょうか。そこで、「薄毛のケア後、夫婦仲が良くなったと思いますか?」という質問をしたところ、79%の旦那さんが「そう思う」と回答しました(グラフ⑦)。また、「お子さんとの関係」については80.0%のお父さんが「関係が良くなった」と実感していることが明らかに(グラフ⑧)。
薄毛をケアして自分を磨いていこうをする姿勢を見せることで、いつまでも素敵な旦那さん、憧れのお父さんで居続けられる一つのきっかけになるようです。


■薄毛専門ヘアサロン「スヴェンソン」
「スヴェンソン」は、総合毛髪業として薄毛専門ヘアサロンを運営し、髪質や毛量などを考慮しながら、ひとりひとりに似合うカットを提案しております。完全個室のため、人目を気にすることなくカットに集中することができます。ヘアケアへのお悩み相談も、美容師に気兼ねなく聞けることもメリットの1つです。
スヴェンソンは、頭皮の幅広い悩みにアドバイスできる毛髪技能士がいます。抜け毛の悩みやおすすめのシャンプーなど、お気軽にご相談いただくことが可能です。
【公式サイト】https://www.mens-hair.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スヴェンソン >
  3. ”薄毛ケア”は家族との関係性にも影響?!薄毛ケア経験男性100名に調査「薄毛ケアをしたことで家族との会話が増加した」と76%が実感