速報/月例新築マンション動向6月実績発表~渋谷区の平均価格、前年同月との差額が6200.6万円に。

新築マンションのビッグデータを活用し、不動産情報プラットフォーム事業を行う株式会社マーキュリー(本社:東京都新宿区 代表取締役:陣 隆浩)は、Realnetニュース(https://news.real-net.jp/)にて独自調査による新築分譲マンションの最新動向を発表致します。今回は2020年6月実績の速報データです。
東京23区の平均価格から前年同月比(%)を算出、ポリゴン表示した地図データと、平均価格(万円)・平均坪単価(万円)・平均面積(㎡)・供給戸数(戸)を前年同月値とともに表にまとめました。
※平均価格の前年同月値との差額で高額順に並べ替えをしています。

6月の東京23区は、緊急事態宣言発令が解除されたことによる新築マンションの販売再開に伴い、市場が動き始めたと感じられるデータとなりました。

販売再開後、前年同月比で最も平均価格が高かった地域は渋谷区となりました。
渋谷区の平均価格を牽引したのはザ・パークハウス渋谷南平台の24,102.4万円です。

また、どのエリアも供給戸数が多いとは言えないなか、葛飾区と江東区の供給数は3桁となっています。
葛飾区はアゼスト青砥2の84戸、江東区ではブリリアタワー有明ミッドクロスやガーラヴィスタ水天宮前がそれぞれ57戸、43戸の供給があり供給数を牽引する結果となりました。

【速報/月例新築マンション動向6月実績】
https://news.real-net.jp/pickup/120591
※閲覧にはRealnet会員登録(無料)が必要です。

Realnetニュースでは、業界の動向やトレンドを網羅し、その他にもマーキュリーが保有しているビッグデータを活用したレポートや、オリジナルの取材記事等も配信しております。

【Realnet(リアルネット)について】
「Realnet(リアルネット)」はコンセプトである、「不動産の情報格差をなくしたい」を追求し、業態や業種に関わらず多くの方に「時間も場所も問わず」ご利用頂きたいと考えており、今後も不動産業界に対して多岐に渡る支援を検討しています。
例えば、マーキュリーの既存事業でもあるWebマーケティングやポスティング、DM等の営業支援の他、新たな構想として不動産業界専門の転職・求人情報の提供といったキャリア形成支援等、不動産業界で働く方々に必要で便利な情報を提供できるよう、サービス拡大と利便性向上に向けさらに努力を続けてまいります。

【サービスURL】
■Realnetニュース
https://news.real-net.jp/
■Realnet
https://real-net.jp/
■Realnet新築マンションサーチ(スマートフォンアプリ)
https://service.mcury.jp/mansionsearch_1/
■Realnet中古マンションサーチ(スマートフォンアプリ)
https://service.mcury.jp/chuko_1/
■Realnet中古マンションチェッカー(スマートフォンアプリ)
https://service.mcury.jp/checker_1/

【マーキュリーとは】
“サマリネットシリーズ”を中心に、約30年にわたり不動産業界向け情報サービスを展開してきました。1995年以降に分譲された約4万物件(住戸数約220万戸)もの新築マンションデータを保有しております。これからも情報収集力と分析ノウハウを生かして、不動産に関わる多くの人の満足を創造して参ります。

【会社概要】
会社名:株式会社マーキュリー
所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル43階
TEL:03-5339-0950(代表)
FAX:03-5339-0951(代表)
URL:https://mcury.jp/
代表取締役:陣 隆浩           
設立年月:1991年5月
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マーキュリー >
  3. 速報/月例新築マンション動向6月実績発表~渋谷区の平均価格、前年同月との差額が6200.6万円に。