HS-4000 V3.00を正式リリース。編集作業の効率化を実現するWAVEFORM VIEW機能を追加。


 

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、4チャンネルオーディオレコーダー/プレーヤー『TASCAM HS-4000』の最新ファームウェア『V3.00』をリリースしました。

『HS-4000』は専用機ならではの高い安全性と運用効率、そして高音質を実現し、テレビ、ラジオ局に導入されている4チャンネルオーディオレコーダー/プレーヤーです。今回のV3.00リリースでは編集作業の効率化を実現するWAVEFORM VIEW機能を追加。タイムラインモードにおいて⾳声波形表⽰に対応し、作業効率を向上させる様々な機能が追加されました。  ※WAVEFORM VIEW 機能追加は有償オプションとなります。

また無償のアップデートとして、リモートコントローラーRC-900 を使用した編集操作の最適化やプレイリストモードでのAuto Cue機能が追加されました。
V3.00はテレビ、ラジオをはじめ劇場など様々な現場で運用されている、オペレーターのご要望にお応えした機能強化バージョンとなります。

V3.00主な新機能

  • タイムラインモードにおいて音声波形を表示するWAVEFORM VIEW機能を追加 ※WAVEFORM VIEW機能追加は有償オプションとなります。
  • WAVEFORM VIEW機能を最大限に活かすための表示/操作および機能の最適化
  • 快適な編集作業を実現するRC-900でのリモートコントロール操作の最適化
  • プレイリストモードでのAuto Cue機能を追加
編集作業の効率化を実現する音声波形表示(WAVEFORM VIEW機能)
タイムラインモードにおいて音声波形表示に対応し、以下の作業効率化を実現しました。
  • 収録素材の中から必要な部分の切り出し
  • Cueポイント設定、レベルやフェードイン/アウト設定など素材の編集作業
  • 番組やCMなどの素材の長さや、音声開始位置の確認

 

リモートコントローラーRC-900を使用しての編集機能操作の最適化(無償アップデート)
WAVEFORM VIEW機能追加に伴い、RC-900での編集機能操作の最適化も実施。RC-900のみの操作で快適に編集作業を行うことができます。


プレイリストモードでのAuto Cue機能追加(無償アップデート)
プレイリストに登録された素材に対して一括または個別のAuto Cue設定が可能になりました。送出素材の先頭部分に無音部分がある場合でも、この機能を使用することにより、自動で素材の頭出しが可能になります。

 

有償オプション機能の有効化について
有償オプション機能を有効にするにはAuthorize Key が必要になります。
購⼊につきましては、下記にご相談ください。

 

ご購入のお問い合わせ先
⾳響機器事業部 営業統括部 国内営業部 放送・業務機器販売課
042-356-9140 受付時間10:00-12:00/13:00-17:00(⼟・⽇・祝⽇・弊社休業⽇を除く)

 

【HS-4000 製品サイト】
https://tascam.jp/jp/product/hs-4000/
 

 

TASCAMは、確かな音質と高い耐久性で長年に渡り支持され世界中の放送・録音現場に導入されています。その実績と経験を活かしプロフェッショナルのための音響に関わるトータルソリューションを提供するブランドです。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ティアック株式会社 >
  3. HS-4000 V3.00を正式リリース。編集作業の効率化を実現するWAVEFORM VIEW機能を追加。