リチカ、セキュリティの国際規格「ISO/IEC 27001」を取得。DX推進に不可欠な情報管理体制を強化。

さらに安心・安全なサービス導入を可能にし、大手企業やグローバル企業の動画活用を促進。

株式会社リチカ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:松尾幸治 以下、当社)は、当社が運営するマーケティング動画クラウドサービス「リチカ クラウドスタジオ」において、セキュリティの国際規格である「ISO/IEC 27001」を取得したことをお知らせします。

 

 
  • DX社会におけるセキュリティの重要性
近年、企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)推進はますます進んでおり、クラウドサービスの利用も増加しています。実際に金融機関などにおいても、クラウドサービスを用いて動画を制作し、業務や施策のDXを進める企業が増えてきています。

こうしたDX社会のクラウドサービスに不可欠なのがセキュリティ技術であり、その堅牢さを認定する代表的な規格の一つが「ISO/IEC 27001」です。当社は2018年のサービス開始以来、情報セキュリティ対策に注力してきました。このたびその対策が認められ、情報セキュリティの国際規格である「ISO/IEC 27001」に認定されました。
 

  • リチカ クラウドスタジオにおけるセキュリティへの取り組み
当社サービスは、DXに加えて、近年注目されている「マーケティングトランスフォーメーション(MX)※」の流れを受けて導入企業の幅が拡大。現在では、金融機関や大手通信事業者などでの利用も広がっています。そうしたお客様にも安心してお使いいただけるよう、万全のセキュリティ対策に取り組んでいます。

最新のLinuxディストリビューション、Webアプリ実行環境を採用することによって、最新のセキュリティ技術を導入しております。またAmazon GuardDutyを導入することにより、サービスに脅威となる通信やデータアクセスなどのアクティビティを常時モニタリングしております。さらに改編したソースコードの潜在的な脆弱性を継続的に専用サーバで自動解析し、脆弱性を作り込まない開発ワークフローに取り組んでおります。

 

対象サービス リチカ クラウドスタジオの設計・開発・販売・導入支援
登録組織 株式会社リチカ
取得日 2021年6月17日
認証基準 ISO/IEC 27001:2013
認証登録番号 GIJO-0403-IC
認証機関 株式会社GCERTI-JAPAN(ジーサーティ・ジャパン)


※近年、顧客やメディアの変化や多様化が加速する中で、マーケティング活動を大きく変革させること。例えば、テクノロジーを活用したマーケティング活動の圧倒的効率化、多様化する顧客/顧客接点ごとのクリエイティブ最適化などが重要要素として挙げられる。
 

  • リチカ クラウドスタジオについて

リチカ クラウドスタジオは、プロのノウハウを活用したマーケティング動画クラウドサービスです。 誰でもかんたんに、プロクオリティで成果の出る動画をつくれます。 広告・メディア業種シェアNo.1、マーケターおすすめNo.1。 事業会社から制作会社、広告代理店まで、400社以上に導入されています。さらにクリエイティブ、マーケティング、テクノロジーの各専門家による組織「リチカ クリエイティブファーム」を通じた、企業のマーケティングトランスフォーメーション支援も行っています。

資料請求:https://richka.co/contact-document8/
WEBサイト:https://richka.co/homead8/
 

  • 株式会社リチカについて
「Switch to the Rich. 想いが届く、で世界を豊かに。」

会社名:株式会社リチカ
代表取締役:松尾幸治
本社:東京都渋谷区代々木1-6-12 MFビル3F
設立日:2014年10月14日
資本金:2億6,830万円(資本準備金含む)
WEBサイト:https://richka.co/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リチカ >
  3. リチカ、セキュリティの国際規格「ISO/IEC 27001」を取得。DX推進に不可欠な情報管理体制を強化。