ギフティ、株式会社KINCHAKUの第三者割当増資を引き受け、資本業務提携を締結

〜 eGift Systemと携帯端末用のウォレット機能を連携しeギフトのユーザビリティを強化 〜

eギフトプラットフォーム事業(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦、鈴木 達哉/以下、ギフティ)は、ウォレットパスを中心としたO2Oエンゲージメントサービス「KINCHAKU」を提供する株式会社KINCHAKU(キンチャク 本社:福岡県福岡市/代表取締役:新宮 ドミ/以下、KINCHAKU)が行う第三者割当増資を引き受け、eギフトのユーザビリティ強化および流通拡大を目的にギフティの提供する「eGift System」(※2)とKINCHAKUが提供する携帯端末用ウォレット機能に対応したデジタルパスの発行が可能なAPIサービス「WALLET PASS ®︎」(ウォレットパス)の連携を視野に入れた資本業務提携を締結いたしました。また、2020年4月15日付けでKINCHAKUの社外取締役にギフティ代表取締役の鈴木 達哉が就任いたしましたので、お知らせいたします。

ギフティは、『ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。』というコーポレートミッションのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しています。主力サービスは、カジュアルギフトサービス「giftee」(※3) 、eギフトやチケットを発行し販売する「eGift System」、また、eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」(※4)、地域活性プラットフォーム「Welcome ! STAMP」の4サービスあり、個人、法人、自治体を対象に広くeギフトサービスを提供しております。

KINCHAKUが提供する「WALLET PASS®︎」とは、Apple Wallet と Google Pay に対応した、企業・ブランドのウォレットパスを発行するために、自社システムとの連携を可能にしたAPIサービスです。「WALLET PASS®︎」 を活用することで、携帯端末用のウォレット機能に対応したブランドオリジナルのクーポンやポイントカード、会員証などのデジタルパスの発行から運営までの一連の実行が可能となり、それらを自社アプリまたはクラウドシステムに統合することができます。

本資本業務提携は、ギフティが推進する成長戦略の一環であり、eギフトプラットフォームおよびeギフトの流通額を拡大し、プラットフォームの利用価値を高めるとともに収益の多様化を図ることを目的としています。現在、「eGift System」を介し発行されたeギフトは、「giftee」のユーザーであればアプリから表示、ユーザー以外は送り主からのメールやLINE等のメッセージを開きeギフトを表示した後に利用されています。初めてeギフトを受け取る方やアプリをダウンロードされていないeギフトのライトユーザーに対し、eギフト利用時の手間を省きより利便性の高い体験を提供すべく、KINCHAKUが提供する「WALLET PASS®︎」とのシステム連携を進めます。本システム連携により、スマートフォンにあらかじめ搭載されているウォレット機能にeギフトやeチケットの保存が可能となるため、利用者はメールやLINE等を表示する手間がなくeギフト、eチケットへアクセスができます。また、ウォレットにeギフトを保存することで、eギフトを発行するブランドや店舗からのプッシュ通知を受け取ることも可能となり、eギフト発行企業の新たなプロモーション施策としても活用いただくことが可能です。

両社のシステムを連携した新サービスは、2020年秋頃を目処に、「eGift System」を導入する飲食小売等のeギフト発行企業に対し提供を開始する予定です。また、eギフトに留まらず、メーカーのサンプリングや顧客のロイヤリティ向上につながる機能についても両社で開発を行う予定です。この度の資本業務提携の締結により、KINCHAKUとのパートナーシップをより強固なものとし、eギフト発行企業へのさらなる価値の提供およびeギフトのユーザビリティ強化と流通拡大を目指すべく、ウォレット機能領域での連携が一層進むことを期待しています。

KINCHAKUおよびギフティは、「eGift System」の提供価値を最大化し飲食小売業界におけるeギフトを活用した新たなプロモーション施策を提供し、eギフトプラットフォームの拡大戦略およびウォレット機能の普及を推進していきます。

(※1) eギフトプラットフォーム事業とは、ギフティが取り組むeギフトの生成から流通まで一貫して提供する事業です。
(※2) eGift Systemとは、ギフティが法人向けに提供するeギフトおよびeチケット販売システムです。導入企業は、自社サイトでeギフト/チケットサービスを運用することができます。
(※3) gifteeとは、ギフティが運営するeギフトの販売WEB/アプリサービスです。
(※4) giftee for Businessとは、eギフトを活用した法人向けソリューションです。キャンペーンの景品やお客様への謝礼にeギフトをご利用いただけます。

「WALLET PASS ®︎」とは
株式会社KINCHAKUが提供するシステムで、Apple Wallet と Google Pay に対応した、企業・ブランドのウォレットパスを発行するために、自社システムとの連携を可能にしたAPIサービスです。「WALLET PASS®︎」 を活用することで、携帯端末用のウォレット機能に対応したブランドオリジナルのクーポンやポイントカード、会員証などのデジタルパスの発行から運営までの一連の実行が可能となり、それらを自社アプリまたはクラウドシステムに統合することができます。  


■株式会社KINCHAKUについて
会社名: 株式会社KINCHAKU
所在地: 福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目8-26-206
代表者: 代表取締役 新宮 ドミ
設立: 2018年7月
URL:https://kinchaku.com

■株式会社ギフティについて
社名:  株式会社ギフティ
所在地:  〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目10−25 齊征池田山ビル2F
設立:  2010年8月10日 (サービス開始:2011年3月)
資本金:  1,536,199千円 (2019年12月末時点)
代表者:  代表取締役 太田 睦 鈴木 達哉
事業内容: eギフトプラットフォーム事業の展開(以下4サービス)
・カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
・法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」事業の展開
・eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」事業の展開
・地域活性プラットフォーム「Welcome ! STAMP」事業の展開
URL:  株式会社ギフティ http://giftee.co.jp
    giftee  https://giftee.co
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ギフティ >
  3. ギフティ、株式会社KINCHAKUの第三者割当増資を引き受け、資本業務提携を締結