ウィークエンド マックスマーラ 新作シグネチャーコレクション「Family Affair(ファミリーアフェア)」を発表

2021年春夏ミラノファッションウィークの開催中、ウィークエンド マックスマーラはニューヨークを拠点に活躍するスタイリスト兼エディター、ガブリエラ・カレファ=ジョンソンとのコラボレーションによる新作シグネチャーコレクション「Family Affair(ファミリーアフェア)」を発表しました。


2022年春夏シーズンに向けた本コレクションのテーマ「ファミリーアフェア」には、カレファ=ジョンソンのインスピレーションの源、家族への思いが込められています。「自分のスタイルは肉親から受け継いだ遺産だと私はよく言います。私の家族の服装や着こなしには、遊び心とエレガンスがあるのです。」と、彼女は語ります。




彼女自身のアーティスティックな経歴と独自のスタイリングのアプローチ、シネマティックなツイストと70年代の雰囲気が取り入れられており、力強く、引き込まれるほどあざやかなコレクションに仕上がっています。

キャンペーンビジュアルは世界的なスーパーモデル、ジジ・ハディッドによって撮影され、2022年3月のコレクション発売に合わせて公開されます。

ガブリエラ・カレファ=ジョンソン(Gabriella Karefa-Johnson)
ニューヨークを拠点に活躍するスタイリスト兼エディター。黒人女性として初めてヴォーグ誌の表紙のスタイリングを担当し、その後、パロマ・エルセッサー、カマラ・ハリス副大統領、アマンダ・ゴーマンなど、時代に先駆ける女性たちを彼女がスタイリングし、5回連続して雑誌「ヴォーグ」の表紙を飾りました。

@weekendmaxmara
#FamilyAffairbyGKJ / #GabriellaKarefaJohnson / #WeekendMaxMaraSS22
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マックスマーラ ジャパン >
  3. ウィークエンド マックスマーラ 新作シグネチャーコレクション「Family Affair(ファミリーアフェア)」を発表