テクノロジーで人と医療の架け橋になる 株式会社東北医工に投資を実行

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長:松本 直人、以下「FVC」)は、 FVC Tohoku 株式会社と盛岡信用金庫等が共同で設立したもりおかSDGs投資事業有限責任組合(以下「もりおかSDGsファンド」)より、株式会社東北医工(本社:岩手県盛岡市、代表取締役:大関 一陽)に投資を実行しましたことをお知らせいたします。同ファンドからの投資は、本件合わせて11件となります。
◆投資先企業について
国内の脳血管疾患患者数は2017年時点で111.5万人である一方、リハビリテーションや治療にあたる作業療法士や理学療法士の数は約10万人に留まっています。脳卒中リハビリテーションは、急性期、回復期、慢性期のいずれのステージでも有効と言われていますが、対象患者数に対して療法士の数が不足しており、治療や回復の機会を十分享受できない「治療機会の損失」が課題となっています。
同社は関連会社である株式会社ピーアンドエーテクノロジーズ(盛岡市)で培ったロボティクス技術を活用し、岩手大学をはじめとする、各大学の研究機関との産学連携を推進しながら、作業療法士らによる徒手的なリハビリテーションの一部を代替する、脳卒中リハビリロボットの共同開発に取り組んでいます。開発中のリハビリ機器は、医療現場における作業療法士らの負担軽減、ひいては患者の治療機会を創出し、人と医療の架け橋になります。

商   号 株式会社東北医工
代表取締役 大関 一陽
本社所在地 岩手県盛岡市北飯岡2丁目4番23号
設 立 日 2022年5月
U  R  L  https://tohoku-ms.com/

   ▼脳卒中リハビリテーションロボット          ▼左から FVC Tohoku、東北医工                                    
    製品イメージ                     いわぎん事業創造キャピタルの代表者

◆もりおかSDGsファンドについて

名   称 :もりおかSDGs投資事業有限責任組合
設 立 日 :2021年1月15日
出 資 者 :盛岡信用金庫、盛岡市、滝沢市、矢巾町、紫波町、FVC Tohoku株式会社
投資実績:本件投資実行により合計11社

<投資対象>
・SDGs(持続可能な開発目標)の17のゴールの達成及び社会課題解決に寄与する株式会社
・盛岡広域、岩手県北地域本社または拠点を置く企業
・業種、業歴、規模は問いません。
・資金使途の制約もありませんので、人件費や開発費等幅広い活用が可能です。
・株式上場は前提としておりませんが、上場を想定している場合は、ご相談ください。

<こんな方におすすめ>
・自社の経営資源を活用してSDGsや社会課題解決に寄与する新規事業を始めたい
・アイデアや経験はあるが、新規事業開発のための資金が必要
・事業を行っていく上で不安があり、第三者のアドバイスを受けながら事業を進めたい

 ◆FVC Tohoku株式会社(FVCT)について
盛岡市に所在する独立系ベンチャーキャピタルです。地域金融機関と連携した東北各地での「地方創生ファンド」の運営とインキュベーション施設(盛岡市産業支援センター)の受託運営を行っています。投資実行後についても、長期継続的な経営支援を行っています。

<会社情報>
会社名:FVC Tohoku株式会社
WEB  :https://fvctohoku.co.jp/
設立日:2015年8月3日(FVC Tohoku運営開始日 2018年10月1日)
所在地:岩手県盛岡市大通3丁目6番12号 開運橋センタービル3階
代表者:代表取締役社長 小川 淳
その他:フューチャーベンチャーキャピタル株式会社100%子会社




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 >
  3. テクノロジーで人と医療の架け橋になる 株式会社東北医工に投資を実行