3Dマシンビジョンシステム「RV300/RV500」が第13回映像情報AWARD「金賞」受賞

キヤノンの3Dマシンビジョンシステム「RV300/RV500」が画像処理専門誌「映像情報Industrial」が行った第13回映像情報AWARDにおいて「金賞」を受賞しました。

3Dマシンビジョンシステム「RV300/RV500」3Dマシンビジョンシステム「RV300/RV500」

 

第13回映像情報AWARD賞状第13回映像情報AWARD賞状

 

画像処理とITが融合したSI総合情報誌「映像情報Industrial」において、2015年に各社から発表された新製品・新技術の中からマシンビジョン関連の製品114点が第13回映像情報AWARDにノミネートされました。その中で、映像情報WEB(www.eizojoho.co.jp)で実施した読者投票により金・銀・銅の各賞が決定され、キヤノンの3Dマシンビジョンシステム「RV300/RV500」が第13回映像情報AWARD「金賞」を受賞しました。

キヤノンの3Dマシンビジョンシステム「RV300/RV500」は、2014年4月に発売した「RV1100」につづき、3Dマシンビジョン市場に投入した新製品で、小型部品の3次元認識が可能です。生産ラインの自動化の需要が高まる中、ラインアップを計3機種に増やし3次元認識できる部品サイズの幅を広げることで、さまざまな業種の生産ラインにおける多様な部品供給のニーズに応えます。

■小型部品の3次元認識が可能
“RV300”は最小10mm×10mm、“RV500”は最小20mm×20mmのサイズのバラ積み※部品を3次元認識できます(「RV1100」では最小45mm×45mmまで認識可能)。より小さな部品が認識できるため、自動車・自動車部品業界に加え、電気機器業界など小型部品を扱うさまざまな業種の生産ラインにおいても、幅広く本製品の導入が可能となりました。
※部品が不規則に山積みされた状態。

■認識スピードの高速化
部品を3次元認識してから、ロボットを制御するコントローラーにデータを送信するまでの所要時間は、“RV300/RV500”ともに約1.8秒です。小型部品のバラ積みピッキングに求められる高速な認識スピードを実現しており、作業の高効率化を可能にしました。

■高い精度の3次元認識
バラ積み部品の形状や位置情報を、同一の条件下で繰り返し測定した場合、測定結果の誤差が“RV300”は±0.1mm以下、“RV500”は±0.15mm以下と極めて小さく、精度の高い3次元認識を実現しました。

<マシンビジョンの市場動向>
産業用ロボット向けマシンビジョン※の2014年の全世界市場規模は、約27.5億円でした。中でも3Dマシンビジョンの市場は、生産ラインの自動化をさらに推進する自動車メーカーや自動車部品メーカー、その他さまざまな業種からの要望が強く、急速に拡大しており、今後も大幅な成長が見込まれています。キヤノンはこのような市場動向を捉え、高速・高精度な3次元認識が可能な製品を投入していきます。(キヤノン調べ)
※3Dマシンビジョンおよび2Dマシンビジョン。

<一般の方のお問い合わせ先>
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
生産革新機器営業部 販売課
03-3740-3399(直通)
マシンビジョンホームページ
http://cweb.canon.jp/machinevision/index.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンMJ >
  3. 3Dマシンビジョンシステム「RV300/RV500」が第13回映像情報AWARD「金賞」受賞