奈良県とライフイズテック、「情報Ⅰ」への対応に向けて、EdTech教材ライフイズテックレッスンをベースにした奈良県版情報教育モデル構築に関する連携協定を締結

令和4年度の「情報Ⅰ」必修化への対応強化をめざし、共同ラボを立ち上げ

奈良県教育委員会と、プログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野雄介) は、高等学校における奈良県版情報教育モデル構築に関する連携協定を締結しましたのでお知らせいたします。尚、2021年9月7日に、奈良県とライフイズテックの連携協定締結式ならびに共同記者会見を実施いたしました。

2017年の高等学校における学習指導要領改訂に伴い2022年4月から高校で始まる「情報Ⅰ」の必修化への対応に向けて、県内ステークホルダーとも協力を進めながら、共同ラボを立ち上げます。
両者は、プログラミングスキルを、Society5.0を生き抜くために必須となる課題解決スキルと捉えています。プログラミング教育を県内の公立高校で高いレベルで推進するためには、「教え手」「学習プログラム」「コミュニティ」の整備が必要です。奈良県とライフイズテックは、教員研修、EdTech教材「ライフイズテックレッスン」の導入、共同ラボの立ち上げ及び同ラボでの指導案作成を通じてこれらを整備します。
また、プログラミングの学習効果を測定することにより、授業内容の振り返り、指導案の改善に繋げることで、奈良県のプログラミング教育を高いレベルでアップデートし続けることを目指します。

 

 

◼︎ 協定締結日
令和3年9月7日


◼︎ 連携協力事項

(1) 県内の高等学校における情報教育の実施及び教材の利用に関すること
(2) 県内の教員の指導力向上及び授業実践方法の研究に関すること
(3) 奈良県教育委員会、ライフイズテック、奈良県内の大学や教科等研究会、4者での共同ラボ設立および運営に関すること
(4) 今後の情報教育の在り方の検討及び情報教育がもたらす生徒への教育効果の実証等を目的とした調査に関すること
(5) 県内における実践事例の他自治体等への広報及び普及に関すること
(6) 前号に掲げるもののほか、甲及び乙が必要と認めること

<具体的な取り組み内容>


奈良県のプログラミング教育レベルを引き上げ、高校生の潜在力を最大限引き出すため共同ラボを立ち上げ
ライフイズテックは、奈良県と連携協定を締結し、共同ラボを立ち上げます。連携協定を通じて、ライフイズテックは、奈良県に対し、プログラミング学習教材提供にとどまらないサポートをします。プログラミング学習を通じて、生徒達1人1人が社会で活躍するためのスキルを学び、潜在力を最大限引き出すことを目指します。

 

【連携内容1:教え手の育成】
より専門的な内容となる「情報Ⅰ」に向け、指導力強化のための研修を実施


令和4年度から実施となる高等学校の新学習指導要領において、高校の普通科では「情報Ⅰ」が必修となります。「情報Ⅰ」ではこれまでの「社会と情報」「情報の科学」の学習内容が統合され、さらにこれまで「社会と情報」(高校全体の80%が履修)には規程されていなかった「プログラミング」や「データサイエンス」が内容として含まれます。これまで授業を担当してきた教員であってもスキルの磨き直しが必要です。奈良県立高等学校・特別支援学校高等部の教員に対し、ライフイズテックレッスンを用いた研修を実施し、教員自身が「教わる」体験の提供を通じて、「情報Ⅰ」対応に向けた情報科教員の指導力強化を図ります。


【連携内容2:学習プログラムの提供】
県内全高等学校へライフイズテックレッスンを導入

情報教育研究会内でモデル校を選定、モデル校はPython・AIを学ぶ


奈良県内の全高校の生徒に対して、オンライン完結プログラミング教材、ライフイズテックレッスンのアカウントを提供します。選定したモデル校については、実社会でも活用されているPython・AIを学べるコースを提供します。また、その他の高校は、令和4年度からはじまるプログラミング教育の準備期間として、Webデザインを学べるコースを提供することで、奈良県内の全ての高校生がプログラミングを学ぶ機会を提供します。

 

【連携内容3:コミュニティの形成】
共同ラボによる奈良県版「情報Ⅰ」指導案を作成


共同ラボでは、教育委員会とライフイズテックが持つ経験とノウハウを持ち寄り、令和4年度に向けた情報Ⅰの対応準備を進めます。まずは、モデル校で行われる実証授業の結果をベースとして、他高校でも活用可能な指導案を作成します。
県内で実際に行われる実証授業の結果を元に指導案が作成されることで、指導案についての相談先が明確になります。奈良県のプログラミング教育のスタンダードをPython・AIへと引き上げ、強化していくために、県内の先生同士が助け合い、学びをアップデートし続けられる状態を構築します。

 

【連携内容4:効果測定】
プログラミング教育の学習効果測定による学びのアップデート


プログラミング教育による影響は、プログラミングスキルの向上だけではなく、基礎学力の向上、非認知能力の向上、自尊感情の向上などをもたらすという仮説を持っています。奈良県内の高校生の意識がどのように変化したのか、プログラミング教育の効果について検証するとともに、効果検証を通して、授業内容の振り返りや指導案の改善へと繋げ、奈良県のプログラミング教育をアップデートし続けることをめざします。

EdTech教材「Life is Tech ! Lesson」(ライフイズテック レッスン)の特長

・新学習指導要領に対応:中学校技術科 /高校情報科の新学習指導要領に対応したブラウザ完結型のプログラミング学習教材
・サービス提供開始から1年弱で全国600校以上の中学校・高校で採用
・楽しく学ベるカリキュラム設計:エピソードに合わせて出題される課題をクリアすることでプログラミングを楽しく学べる
・テキストコーディングで問題解決を実現:オリジナルの作品制作を通して問題解決を実現
・個別最適な学習を実現:一斉授業ではなく、生徒がそれぞれのペースで学習可能
・プログラミング教育未経験の先生でも簡単に導入可能:授業準備の手間がかからず、導入環境や設定もシンプル
・充実した先生向けサポート:進捗管理画面、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの先生向けの授業支援ツールも提供

「Life is Tech ! Lesson」サイト:

https://life-is-tech.com/lesson/

・  経済産業省 未来の教室 ~learning innovation~ Edtechライブラリー
  https://www.learning-innovation.go.jp/edtech-library/el011/


【ライフイズテック株式会社について】

ライフイズテックは、2010年に「中高生ひとり一人の可能性を一人でも多く、最大限伸ばす」をミッションに創業したEdTech企業です。中学・高校生向けIT・プログラミング教育サービス「Life is Tech ! (ライフイズテック)」を運営、延べ5.2万人以上(*1)が参加する国内最大規模のITキャンプ・スクールとなりました。オンラインで学べるディズニー・プログラミング学習教材を開発し、2018年に日本で「テクノロジア魔法学校」を販売、2019年には米国で「Codeillusion(コードイリュージョン)」を販売し、Life is Tech USA, Inc.を立ち上げました。2019年には、新学習指導要領に対応した学校向けオンラインプログラミング教材「ライフイズテック レッスン」を提供開始。本教材は、全国の100以上の自治体、約1,100校の公立・私立学校、約18万人に利用いただいています(*2)。

今後もライフイズテックは、学習者の体験を第一に置いたLX(ラーニングエクスペリエンス)を通じて、自ら社会を変えるイノベーション人材の育成を加速させていきます。
*1 2020年3月末時点
*2 2021年3月末時点
企業サイト:https://lifeistech.co.jp/
サービスサイト:https://life-is-tech.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライフイズテック株式会社 >
  3. 奈良県とライフイズテック、「情報Ⅰ」への対応に向けて、EdTech教材ライフイズテックレッスンをベースにした奈良県版情報教育モデル構築に関する連携協定を締結