成田空港で「CEIV Pharma」認証を取得

阪急阪神エクスプレスは、このたび成田国際空港において、IATA(International Air Transport Association、国際航空運送協会)が推進する医薬品国際輸送に関する品質認証プログラム「CEIV Pharma」(*1)認証を、3月15日付で取得しました。
当社は、2019年10月より、成田国際空港株式会社(NAA)が主導する「成田空港コミュニティ 」(*2)の構成メンバーとして、NAAの支援を受けて認証取得の取組を進めてまいりました。
2019年6月の関西国際空港に続く認証取得により、日本の2大空港で医薬品物流における高度な輸送品質と安全性を保証するサプライチェーンの構築が可能となります。
今後もお客様のさまざまなご要望にお応えできるよう、より信頼性の高い医薬品輸送サービスの拡充に努めてまいります。

(*1)CEIVファーマ
“The Center of Excellence for Independent Validation in Pharmaceutical Logistics”の略。IATAがGDP(Good Distribution Practice、医薬品流通過程の品質を保証する物流基準)に適合する輸送品質認証として策定したグローバルでの統一基準。
(*2)成田空港コミュニティ
成田国際空港株式会社(NAA)を中心に、国際航空輸送に関わる事業者が一体となってCEIV Pharma取得を目指すプロジェクトの母体で、当社を含めて9社が構成メンバーとして参画。



阪急阪神エクスプレス https://www.hh-express.com/jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/abbf846ca5c7cd7fa4d69396aa7264f2e9e02ae8.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社阪急阪神エクスプレス >
  3. 成田空港で「CEIV Pharma」認証を取得