プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社アンビション DX ホールディングス
会社概要

新築投資用デザイナーズマンション『GENOVIA 木場Ⅱ』販売開始のお知らせ

アンビションDX

NEWS RELEASE

2024年3月5日
株式会社アンビションDXホールディングス

新築投資用デザイナーズマンション『GENOVIA 木場Ⅱ』
販売開始のお知らせ

不動産 DX を推進する株式会社アンビション DX ホールディングス(証券コード「3300」、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 清水 剛、以下「当社」)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛ける株式会社ヴェリタス・インベストメント(以下「ヴェリタス」)は、『GENOVIA 木場Ⅱ』(東京都江東区、竣工予定日:2024年6月)につきまして、販売を開始しました。




■概要
東京メトロ東西線で都心直結の居住都市、江東区東陽は、都心の賑やかさと湾岸エリアの新しさの中に下町情緒が心地よく調和する、暮らしやすさを実感する街です。東京イーストエリアのフロントシティとして、東京を軽やかに穏やかに生きる充実したプライベートライフを実現します。
日本経済の中心地、大手町を経由して、都心を東西に横断する主要地下鉄、東京メトロ東西線は、JR山手線をはじめ、多数の地下鉄ラインと接続し、東京都心を手中にしたアクセス力を発揮します。ビジネスシーンはもちろん、ショッピング・エンターテイメントシーンでも、多彩なニーズに応える軽やかなライフスタイルを提供します。



■物件概要

物件名

GENOVIA木場Ⅱ(ジェノヴィア 木場Ⅱ)

所在地

東京都江東区東陽町1丁目29番1(地番)

東京都江東区東陽町1丁目26番9(住居表示)

交通

東京メトロ東西線「木場」駅徒歩7分※5:30~終車通行可能、徒歩10分※終日通行可能

東京メトロ東西線「東陽町」駅徒歩8分

構造・規模

鉄筋コンクリート造地上10階建て

総戸数

35戸(内管理室1戸)

販売戸数

34戸

間取り

2R、2K

販売専有面積

25.76㎡~25.81㎡

竣工予定時期

2024年6月



【株式会社アンビション DX ホールディングスについて】
アンビション DX ホールディングスは、都心デザイナーズマンションの賃貸管理事業を中心に、開発・企画・仕入れ・仲介・販売・保険までをワンストップで提供し、そこで得た不動産ビッグデータを活用した不動産DX(デジタルトランスフォーメーション)事業を推進する企業です。AIを取り入れた不動産RPA、IoTスマートホーム、自動接客システム「AIチャット」など、最新テクノロジーを活用した不動産サービスを提供しております。
今後も「DXによって不動産ビジネスを変革し、デジタルとリアルを融合した唯一の不動産デジタルプラットフォーマーになる」というビジョンの元、自社の事業成長に加え、DXプロダクト開発・販売を通じてアナログな不動産業界の変革を目指してまいります。
代表者: 代表取締役社長 清水 剛
設立日: 2007年9月14日
資本金: 401百万円 
所在地: 東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号
事業内容: 賃貸 DX プロパティマネジメント事業、売買 DX インベスト事業、賃貸 DX 賃貸仲介事業、
 インキュベーション事業、不動産 DX 事業、海外システム事業、少額短期保険事業、
ZEH・ライフライン事業
URL: https://www.am-bition.jp/


《本件に関するお問い合わせ》
株式会社アンビション DX ホールディングス IR担当
TEL:03-6439-8905 FAX:03-6439-8915 E-mail:ir@am-bition.jp
営業時間:平日 10:30~18:00

すべての画像


種類
商品サービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社アンビション DX ホールディングス

10フォロワー

RSS
URL
https://www.am-bition.jp/
業種
不動産業
本社所在地
東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル18階
電話番号
03-6439-8901
代表者名
清水 剛
上場
マザーズ
資本金
3億7978万円
設立
2007年09月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード