株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」クロスロケーションズ株式会社が募集金額9,900万円に到達

~株式投資型クラウドファンディング史上最高額~

株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営する、株式会社日本クラウドキャピタル(本社:東京都品川区、代表:柴原 祐喜/大浦 学、以下「当社」)は、この度、クロスロケーションズ株式会社(東京都渋谷区、代表:小尾一介、以下「クロスロケーションズ」)が、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、今までの募集金額として最高額となる9,900万円に到達したことをお知らせいたします。この到達金額は株式投資型クラウドファンディングにおいても最高金額となります。
FUNDINNOは2021年6月3日現在、累計成約額約55.6億円、累計成約件数169件、登録ユーザー数約6万6千人となっています。

 
  • 日本クラウドキャピタルCEO柴原のコメント

クロスロケーションズ株式会社様の案件が上限に到達したこと、心よりお祝い申し上げますとともに大変うれしく思います。

多くのFUNDINNO投資家様に応援していただいたおかげでFUNDINNOは、市場に新たな資金調達の可能性を示すことが出来ました。挑戦をしたくても挑戦する機会に恵まれなった起業家様にとって、FUNDINNO投資家様の応援は、大きな希望と貴重な機会創出の場となっております。FUNDINNO投資家様のご理解のおかげでそうした場の創出ができたこと心より感謝申し上げます。

株式投資型クラウドファンディングにおいては、発行者が資金調達できる額が「1年間に1億円未満」といった要件が定められております。また募集・私募開始日前1年以内に同一の発行者により行われた募集・私募及び申込期間の重複する同一の発行者により行われる募集・私募に係る同一種類の有価証券の発行価額の総額を合算する、すなわち「株式投資型クラウドファンディング開始前1年以内の他の募集金額を1億円の枠から差し引く」という合算要件が定められており、案件の平均成約額は約3,500万円程度となっている現状もあります。

しかし、多くのFUNDINNO投資家様に支えて頂き、公開されている案件は230件に達しております。FUNDINNO投資家様のおかげで「ファン投資家」という投資家様と起業家様が共創し企業成長をしていくという新時代に向けた資金調達方法が確立しつつあります。起業家様にとっても資金調達手段の1つとして認識が進んできております。今後も起業家様にとって、より選択しやすい資金調達手段となっていくよう、規制・要件の緩和も望んでおります。

「フェアに挑戦できる未来を創る」ために、FUNDINNO投資家様により良いサービスをご提供するために全力で活動をしていきますので今後も応援をしていただけますと幸いでございます。

 

  • クロスロケーションズ株式会社

「多種多様な位置情報や空間情報を意味のある形で結合・解析・視覚化し、誰でも活用できるようにすること」をミッションとしています。位置情報ビッグデータをAIが解析・視覚化する独自技術である「Location Engine™️」の開発と、それをビジネスに生かすプラットフォームである「 Location AI Platform🄬 」の開発・提供により、”ロケーションテック”を推進しています。

2021年6月2日19時半より、FUNDINNO(ファンディーノ)にて、第232号案件(https://fundinno.com/projects/232)として、新株予約権型で案件募集を開始。15分33秒で上限応募額に達しました。

代表者:代表取締役 小尾一介
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 小林ビル6F
事業内容:位置情報ビッグデータ解析エンジン「 Location Engine™️ 」の開発と、ビジネス活用クラウド型プラットフォーム 「Location AI Platform🄬」 の開発・提供
URL:https://www.x-locations.com/

 

  • 株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」の概要

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォームである「FUNDINNO」は、1口10万円前後の少額から、IPOやバイアウトを目指すベンチャー企業に投資することができます。ベンチャー企業は各地から集まり、その中から厳しい審査を通過した企業のみが投資家の募集を行います。FUNDINNOでは普通株式や新株予約権への投資となり、投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができます。企業によっては投資に対してエンジェル税制を活用できる場合や、株主優待を設定している会社もあり、新しい投資体験が可能です。※FUNDINNOを通じて投資を行う場合は、投資家様にも投資適格性などの審査が必要となります。
https://fundinno.com/

 

  • 「FUNDOOR(ファンドア)」の概要

事業計画や資本政策など、資金調達に必要な流れや書類作成を支援する、また、株主総会に必要となる招集通知から委任状、議事録までを自動で作成する機能も備えた、未上場企業向けのサービスです。業務の効率化と省力化を実現し、未上場企業で働く社員の貴重なリソースを本来注力すべき業務にアサインすることを後押しします。
https://fundoor.com/

 

  • 株式会社日本クラウドキャピタル

所在地:東京都品川区東五反田5-25-18
代表取締役:柴原 祐喜/大浦 学
資本金及び資本準備金の合計額:30億1247万9340円(2021年4月30日現在)
金融商品取引法第二十九条の四第一項第六号イ及び同法第四十六条の六に規定する自己資本規制比率は適用がありません。
設 立:2015年11月26日
事業内容:株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」の運営
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長 (金商) 第2957号
加入協会:日本証券業協会
U R L :https://www.cloud-capital.co.jp/

<手数料等及びリスク情報について>
当社のサービスにおける取扱商品の手数料及びリスク等は、当社のホームページで表示しております「重要事項説明書(https://fundinno.com/disclosure)」の内容と、プロジェクト毎の契約締結前交付書面の内容をご確認ください。投資にあたっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。
ご注意:本報道発表文は、FUNDINNOのサービスや実績を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本クラウドキャピタル >
  3. 株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」クロスロケーションズ株式会社が募集金額9,900万円に到達