ならファミリーに奈良市マイナンバーカードセンターをオープン

マイナンバーカードのさらなる普及促進のための常設専用窓口

奈良市中心部の商業施設である、ならファミリー内に「奈良市マイナンバーカードセンター」を開設。
マイナンバーカードの更なる普及促進を図るとともに、マイナンバーカードの申請窓口が分散化されることで、既存の窓口の混雑緩和をめざします。
奈良市マイナンバーカードセンター設置のねらい
  • マイナンバーカードの普及・促進に特化したセンターを常設
市民の動線にある商業施設に開設し、平日は午後8時まで、土曜日は午後6時30分まで、カードの申請をすることができるようになります。
  • 今後のマイナンバー関連の取り組みの周知を行う
令和2年9月より総務省による「マイナポイント事業」(25%付与・上限5,000円)が開始されることや、令和3年3月からマイナンバーカードが健康保険証としての活用が開始されるなど、施策の周知にも取り組みます。
  • 財源は国の交付金を活用
国の交付金を活用することで市の財政負担なく、実施することができます。(消耗品等、一部の経費を除く)

マイナンバーカードセンターOPEN周知ポスターマイナンバーカードセンターOPEN周知ポスター

 


1 奈良市マイナンバーカードセンターの概要
(1)業務内容
マイナンバーカードの申請及び電子証明書の更新事務
(2)業務期間
令和2年6月12日(金)~令和5年3月20日(月)
(3)業務場所
奈良市西大寺東町二丁目4番1号 ならファミリー内3階(専門店街)
(4)敷地面積
43.22㎡(13.07坪)
(5)業務時間
平日:午前10時~午後8時 土曜日:午前10時~午後6時30分(祝休日、日曜日は休み及び年末年始)
(6)想定来所者数
マイナンバーカード申請:1日あたり約50人 電子証明書の更新等:1日あたり約50人
(7)人員配置
正職員3名(再任用含む)、会計年度任用職員8名
(8)事業費
令和2年度予算額 41,589千円(人件費含む)

(参考)市民課
マイナンバーカード申請:1日あたり約40人
マイナンバーカード交付:1日あたり約40人
電子証明書の更新等:1日あたり約40人

2 混雑状況や待ち時間を確認できる発券機、アプリ(Airウエイト)を導入
来所した際の順番受付〜呼び出し通知までを行う事が出来る仕組みです。
混雑した待ち合いスペースで待つ事なく、離れた場所に居ても、ご自身の待ち状況がタイムリーにわかります。

 オープン記念企画
同センターで、0歳~15歳未満のお子様にマインナンバーカード申請いただくと図書カード(500円分)をプレゼント(先着2,000名様)
(1)期間

令和2年6月12日~8月31日
(2)申請上の注意
15歳未満の方が申請される場合は、申請の代理人となる親権者の方も必ずお越しください。
(参考)15歳未満 取得者約1,800人 交付率4.43%(全体40,779人)
     
<参考>
奈良市におけるマイナンバーカード交付等の状況(令和2年4月30日現在)
(1)交付枚数 64,598枚
(2)交付率 18.09% (全国交付率16.34%)
(3)申請枚数 1月あたり約1,300~1,900枚
(4)電子証明書の更新 1月あたり約2,000枚
(5)奈良市人口 355,673人
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 奈良市役所 >
  3. ならファミリーに奈良市マイナンバーカードセンターをオープン