【ヘラルボニー×菊の司酒造による初のコラボレーション】異彩のアートがラベルを彩る日本酒「はなみち」を1月8日に先行予約開始 15日に「クロステラス盛岡」で販売・試飲会を開催

~日常の一瞬や特別な「花道」を彩り、そっと寄り添う日本酒を。~

この度、株式会社ヘラルボニー(本社:岩手県盛岡市、代表取締役社長:松田崇弥、以下「ヘラルボニー」)は、菊の司酒造株式会社(本社:岩手県盛岡市、代表取締役社長 山田栄作、以下「菊の司酒造」)とコラボレーションした日本酒「はなみち」を本日1月8日より菊の司酒造ECサイトにて数量限定での先行予約を開始します。

≪菊の司酒造ECサイト≫ 
https://kikunotsukasa.shop-pro.jp/?pid=165990994

 

 

  • 日常の一瞬や特別な「花道」を彩り、そっと寄り添う日本酒を。
今回発売する日本酒「はなみち」は、アセロラや柑橘系のようなさわやかな香りと、はじける酸味が特徴の日本酒です。思わず手に取りたくなるラベルで、飲んでみると「ふわっと香り、きゅんと酸っぱい」8%の低アルコールと優しい日本酒になります。

「友人と楽しむ日。恋人と自宅で過ごす日。我が子の成人をお祝いする日。それぞれの素敵な時間を、鮮烈な印象ではなく暖かな空気を、日本酒を通して創出していきたい。」

大切な時を過ごす時間は短く、名残惜しく感じるものです。そんな日だからこそ、大切な人と一緒に日本酒を楽しんでほしいと思っています。「はなみち」は日常の一瞬、あるいは特別なひとときにそっと寄り添う日本酒です。

 
  • クロステラス盛岡にて販売・試飲会を開催
 テーマ:ヘラルボニー×菊の司コラボ酒「はなみち」販売イベント
 日 時:2022年1月15日(土)14:00‐19:00
※オミクロン株の感染拡大や岩手県独自の警戒宣言「岩手警戒宣言」が発表されたことを踏まえ、明日の販売・試飲会を延期とさせていただきます。
 会 場:クロステラス盛岡1階 シルヴァンプラザ
 来場特典:「はなみち」オリジナルアートポストカードを配布  
 

 
  • コラボ作家・作品紹介


作品名:「まる」
作家:青木 玲子氏

1977 年生まれ。福島県郡山市出身・在住 。青木の代表作は「まる」を描いた作品群である。水彩絵の具の他、油絵の具やアクリル絵の具でまるを描き連ねていくことで、画面に多様な表情があらわれ、味わい深い作品となっている。また青木は、ラテンパーカッショングループ「HANA」のメンバーとしても活動している。躍動的でリズミカルな表現から、楽しい音楽が聞こえてくるようだ。

 
  • 「はなみち」について
 【商品概要】
 商品名:「はなみち」
 アルコール度数:8%
 容量:720ml
 販売価格:3000円(税込)【専用箱入】
 製造本数:300本
 販売サイト:https://kikunotsukasa.shop-pro.jp/?pid=165990994

 

 
  • 菊の司酒造コメント|「おしゃれで、わくわくする」そんな日本酒があれば。
「日本酒って何を買っていいか分からない」「飲んでみたら、意外に美味しかった」
そのようなお声をお客様から頂戴することがあります。酔いやすい、アルコール臭い、飲みにくいなどのイメージを日本酒に抱いている方も決して少なくないのが、昨今の日本酒の現状なのだと思います。このマイナスイメージを何とか払拭したい!少しでも日本酒を身近に感じていただきたい!そう思っていた時に出会ったのが、ヘラルボニー様のアート作品でした。 
「異彩を、放て。」をミッションに、知的障がいのある作家 のアートの才能を最大限に生かし、社会に新しい福祉のあり方を伝えていらっしゃるヘラルボニー様。この活動は、まさに私たちが考える日本酒のイメージを覆すような「意外性」や「ギャップ」の答えに通じるものがあると思い、今回のコラボレーションの実現へと繋がりました。
お酒選びで真っ先に目に入るのは、ラベルです。ラベルは日本酒の「顔」ともいえる重要な存在です。鮮やかな色彩の中に感じる、力強さや繊細さ。見れば見るほど、わくわくして思わず虜になってしまうような世界観をもったヘラルボニー様のアート作品に、当蔵の蔵人が書いた「はなみち」の字を添えて...。

 
  • ヘラルボニー代表取締役副社長 松田文登コメント|
私は「障害を乗り越えて / 頑張って」の文脈はとても苦手で、乗り越える必要も頑張る必要もなく存在している命そのものを肯定したい。日常の一瞬や特別な「花道」を彩る、そっと寄り添う日本酒が近くにあることで、従来からの「障害者」のイメージをパッと華やかに変化させていく。それはきっと誰にとっても豊かな世界だと思うのです。そんな側にある身近なお酒になりますように。


両社はこれからも岩手発の企業として10年先、50年先の未来で語られるような東北の新しいものづくりに挑戦してまいります。


協力会社​| 【菊の司酒造株式会社概要】

 

岩手県盛岡市に蔵を構える蔵元。酒造創業 1772 年の県内最古の歴史が培った伝統の技術に新たな視点を柔軟に取り入れ、未来へ伝える酒造りに取り組んでいます。
ミッション:「岩手の酒米農家様の酒米で美味しい日本酒を造る」
「飲み手に感動を与える日本酒を造る」
代表銘柄:菊の司、七福神、平井六右衛門
実  績:【2018】ワイングラスでおいしい日本酒アワード 金賞
【2019】IWC 純米吟醸酒の部 GOLD
【2020】岩手県清酒鑑評会 知事賞 他受賞

会社名:菊の司酒造株式会社
創 業:元和年間(1615~1623)※酒造創業安永年間(1772~1778)
代表者:代表取締役社長 山田 栄作
所在地:〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町4-20(本社)
公式サイト:
https://kikunotsukasa.jp/company/


【株式会社ヘラルボニー概要】

「異彩を、 放て。」をミッションに、 福祉を起点に新たな文化を創ることを目指す福祉実験ユニット。日本全国の主に知的障害のある作家とアートライセンス契約を結び、2,000点以上のアートデータを軸に作品をプロダクト化するアートライフブランド「HERALBONY」、建設現場の仮囲いに作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開。社名「ヘラルボニー」は、知的障害がある両代表の兄・松田翔太が7歳の頃に自由帳に記した謎の言葉。そのため「ヘラルボニー」には「一見意味がないと思われるものをの世の中に新しい価値として創出したい」という意味を込めている。

会社名:株式会社ヘラルボニー / HERALBONY Co.,Ltd.
設 立:2018年7月24日
代表者:代表取締役社長 松田 崇弥、代表取締役副社長 松田 文登
所在地:〒020-0026 岩手県盛岡市開運橋通2-38(本社)
公式サイト:
https://www.heralbony.jp
https://www.heralbony.com


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヘラルボニー >
  3. 【ヘラルボニー×菊の司酒造による初のコラボレーション】異彩のアートがラベルを彩る日本酒「はなみち」を1月8日に先行予約開始 15日に「クロステラス盛岡」で販売・試飲会を開催