発電・送電・配電機械製造業の振り返りと2022年の展望<ワイズ機械業界ジャーナル2022年1月第4週号発行>

〜台湾機械業界の最新動向と分析〜

ワイズコンサルティング グループ(本社:中華民国台北市、代表取締役:吉本康志)は台湾機械業界専門誌「ワイズ機械業界ジャーナル」の2022年1月第4週号を発行しました。今週号では、機械設備業界、エネルギー業界、照明部品業界、自動車業界について紹介します。

<220127号の記事タイトル>
  • 発電・送電・配電機械製造業の振り返りと2022年の展望
  • 台湾再生エネルギーの推進状況と2021年の振り返り
  • 照明部品メーカー、三一東林科技(HEP TECH)
  • 自動車部品メーカー、EV商機獲得に注力

<発電・送電・配電機械製造業の振り返りと2022年の展望>
一、産業概況
 世界各国で産業の生産活動が再開、活発化したことを受けて、産業向け電動機(モーター)の需要が増加した。
 経済部の産業生産統計データベースの資料によると、台湾発電・送電・配電機械製造業のうち、2021年1〜9月の電動機の生産額は前年同期比13.66%増、販売額は同20.65%増と大きく伸びた。
 また、製造業の工場建設・拡張による需要増加を受けて、21年1〜9月のブレーカーおよび配電盤の生産額と販売額はいずれも同10%以上成長した。総合すると、21年1〜9月の台湾発電・送電・配電機械製造業の生産額は同20.43%増の492億1,200万台湾元、販売額は同20.53%増の466億7,900万台湾元となった。
 不動産業の建築工事の増加が、台湾当産業の販売額に追い風となる見込みだ。さらに、台湾電力(台電、TPC)の入札案件と民間の再生可能エネルギー事業向けの機械設備が順調に出荷されるとみられることから、21年第4四半期の台湾当産業の生産額と販売額は前年同期比2桁台の成長幅を維持する見通しだ。


二、輸出入概況
1.輸出
 台湾当産業は主に電動機と電力機器を米国に、ミドルエンドのプログラマブルロジックコントローラ(PLC)と電動機を中国に輸出している。米国は通商法301条に基づいて中国製品に対する追加関税を実施し、当産業の多数製品が対象となった。また、米国製造業が活気を取り戻しつつあることから、21年1〜9月の台湾当産業の対米国輸出額は前年同期比42.20%増となった。一方、中国メーカーの自動化設備に対する需要増加を受けて、21年1〜9月の台湾当産業の対中国輸出額は同37.01%増となった。
 さらに、対日本輸出額も増加したことから、21年1〜9月の台湾当産業の輸出額は同34.20%増となった。(中略)


三、2022年の展望
 台電は電力使用者の省エネ効率を向上させるため、24年までに300万基の低圧スマートメーターを設置する計画だ。21年から24年に毎年50万基を設置する方針で、これが関連メーカーの出荷に追い風となるだろう。
 また、台湾で再生可能エネルギーの設備容量が増加する中、24年から始まる洋上風力発電の電力網接続に対応するため、台電と民間の再生可能エネルギー事業は電力網強化計画を推進している。このほか、デンマークの洋上風力発電機業者ヴェスタスが、士林電機(士林エレクトリック&エンジニアリング)から高圧配電盤を調達し、第1回の出荷は22年を予定している。(後略)
全文はこちら→https://www.ys-consulting.com.tw/service/marketing/index.html


ワイズ機械業界ジャーナル

1. 台湾唯一のサービス
台湾で唯一機械業界に特化した日本語情報誌です。
2. 個々の分野の情報が満載
工作機械、機械設備、機械制御装置、手工具、動力工具、ねじ・ナット・リベット、ファスナー、金型、自動車、航空宇宙、自動化・ロボット、再生エネルギー等などの情報が満載です。
3. 多種多様な情報を提供
業界トレンド、企業動向、統計資料、法改正情報を全て網羅しています。
4. 読みやすい紙面
豊富な写真と図表、パソコンでの閲覧に配慮された横型の読みやすいPDF形式にて提供します。
5. 記事データベース検索
ホームページの記事データベースより、自由に過去記事の検索ができます。

●詳細
https://www.ys-consulting.com.tw/service/marketing/machine.html
●2週間無料試読のお申し込み
https://www.ys-consulting.com.tw/login/?buy=1&next=/service/marketing/machine.html&pop=1&frm=2

【会社概要】
会社名:ワイズコンサルティング グループ
所在地:中華民国台北市襄陽路9號8F 
代表者:吉本康志
設立:1996年11月
URL:https://www.ys-consulting.com.tw/
事業内容:
・経営コンサルティング(人事労務・マーケティング・経営戦略・情報セキュリティ)
・人材トレーニング(階層別研修・職種別研修)
・日本語台湾経済ニュース、機械業界ジャーナル配信
・市場調査・業界調査・顧客調査
・クラウドサービスの販売

【お客様からのお問い合わせ先】
ワイズリサーチ(威志総研)
TEL:+886-22381-9711(日本時間10:00〜19:00)
e-mail:research@ys-consulting.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 威志企管顧問股イ分有限公司(ワイズコンサルティンググループ) >
  3. 発電・送電・配電機械製造業の振り返りと2022年の展望<ワイズ機械業界ジャーナル2022年1月第4週号発行>