ヤマハネットワーク技術者認定試験『YCNE Basic★』本日より全国へ配信を開始

MOS、統計検定などCBT試験を実施・運営する株式会社オデッセイ コミュニケーションズ(本社 東京、社長 出張勝也)は、本日よりヤマハネットワーク技術者認定試験の配信を開始します。

 


ヤマハネットワーク技術者認定試験(Yamaha Certified Network Engineer:YCNE)は、ネットワークエンジニアのスキルアップを目的としたヤマハの公式認定制度。オデッセイコミュニケーションズが提供するOdyssey CBT配信システムを経由し、本日より全国の試験会場でCBT試験が開始されます。

■ヤマハネットワーク技術者認定試験とは
最新のネットワーク技術やヤマハネットワーク製品の知識、専門性の高さを評価するヤマハの公式認定制度で、本日配信を開始した『YCNE Basic★』を基礎レベルとし、次年度以降、難易度が段階的にアップする『YCNE Standard★★』『YCNE Advanced★★★』を順次展開予定。

■『YCNE Basic★』概要
試験名称: Yamaha Certified Network Engineer
レベル: YCNE Basic★
問題数: 50問
試験時間: 60分
受験料: 一般13,200円、学割8,800円(いずれも税込)

出題範囲:

 

大分類 中分類
1.ネットワークの基礎 TCP/IP4階層モデルを中心に暗号化、VPN等に関するネットワークセキュリティの基礎知識
2.基本操作 ルーターに関する基本設定(CUI/GUI)
3.インターネット接続 IPアドレス変換、フィルター等に関する設定
4.VPNの構築 拠点間のVPN接続に関する設定
5.LAN構築 スイッチに関する基本設定とVLAN設定


 

■『YCNE Basic★』主な対象者
ネットワークエンジニアを目指す学生、授業や講座を担当される教員、ヤマハネットワーク製品を扱う営業担当者、ネットワークエンジニアなど、ネットワークの基礎知識を確認・証明したい幅広い方々を対象とした試験です。受験に必要な条件はありません。


■『YCNE Basic★』試験詳細はこちら
https://cbt.odyssey-com.co.jp/ycne.html

■ヤマハネットワーク技術者認定試験 公式サイト
https://network.yamaha.com/lp/ycne
 

■ 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズについて
当試験以外にも、MOSをはじめとする様々なCBT試験を実施・運営しています。
https://www.odyssey-com.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オデッセイコミュニケーションズ >
  3. ヤマハネットワーク技術者認定試験『YCNE Basic★』本日より全国へ配信を開始