ワークスアプリケーションズとVisaが提携 ~経費精算システム「HUE Expense」でVisaブランドのコーポレートカードを連携するサービスの提供を開始~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野 正幸、以下:ワークス)が開発・販売・サポートする経費精算システム「HUE Expense」は、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安渕 聖司、以下:Visa)が提供するVisa Commercial Format(以下:VCF)を通じたクレジットカード取引データ還元サービス(以下:本サービス)への連携を開始いたします。

 
  • 生産性向上を追及する経費精算システム「HUE Expense」
「HUE Expense」は、財務会計、人事給与、サプライチェーンマネジメント、そして企業内コミュニケーション・コラボレーション領域までをカバーする、大手企業向け人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE」Suiteが提供する経費精算システムです。外部情報や過去の申請内容と連携することで、従来の経費精算の作業時間約80%減[1]を実現しています。
 

 
  • 入力作業の削減だけでなく、不正防止によるガバナンス強化にも貢献
本サービスは、お客様が利用しているVisaブランドのコーポレートカードの情報を「HUE Expense」に登録すると、クレジットカードの利用明細が「HUE Expense」へ自動で連携されるものです。

連携されたデータを利用することで、申請者の入力負荷が軽減され、社内の経費精算・旅費精算業務が大幅に効率化されるとともに、精算の二重申請や不正処理も防止できます。
 

 
  • 両社の強みを活かし、働き方改革を推進するサービスを展開
「HUE Expense」は今後、電子帳簿保存法に則り、コーポレートカード利用明細等のデータ保存による領収書代替についても対応していく予定です。今後も両社はお客様に寄り添いながら、働き方改革の推進につながるサービス提供に努めてまいります。

ワークスアプリケーションズホームページ: https://www.worksap.co.jp/
Visaホームページ:https://www.visa.co.jp/

 
  • Visaについて
Visaは、電子決済の世界的リーダーです。Visaのミッションは、最も革新的で信頼性が高く安全な電子決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の繁栄に貢献することです。Visaが保有する最先端のグローバルなプロセシングネットワークであるVisaNetは、毎秒65,000件を超す取引を処理することができ、世界中に安全かつ信頼のおける電子決済を提供します。Visaは常にイノベーターであり続け、あらゆるデバイスを利用した商取引の発展を促進し、誰でもどこでも利用できる夢のキャッシュレス社会を実現する原動力となっています。世界がアナログからデジタルに移行しつつある今、Visaは自社のブランド、商品、人材、ネットワーク、および企業スケールを活かして商取引の未来を形作っていきます。

 
  • 【クラウド型ビジネスアプリケーション「HUE」について】

「HUE」には過去20年に渡り独自のビジネスモデルで培った日本を代表する1,300企業グループの業務プロセスや業務ノウハウがつまっています。「HUE」は、すべての従業員の業務を支援するパーソナルアシスタントを提供することで、企業のビジネスの変革に貢献します。

 

【株式会社ワークスアプリケーションズについて】

商号:株式会社ワークスアプリケーションズ
設立:1996年7月
代表取締役最高経営責任者:牧野正幸
本社所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル19階
事業内容:大手企業向け ERP パッケージソフト「HUE」および「COMPANY」の開発・販売・サポート
URL:https://www.worksap.co.jp/


※記載されている会社名、システム名、製品名は各社の商標、または登録商標です。
[1] 約3,000名の製造業ユーザーが表計算ソフトによる運用から「HUE」に移行した場合を例として、削減効果を算出。(2016年3月時点)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Works Human Intelligence >
  3. ワークスアプリケーションズとVisaが提携 ~経費精算システム「HUE Expense」でVisaブランドのコーポレートカードを連携するサービスの提供を開始~