神戸の高校生が、島根のローカル線応援イベントを開催!

ばたでん助け隊 神々のノートリレーで鉄路を救え!

島根が好きで「遣島使」も務める神戸の高校生・坂東優毅くん。今回は島根のローカル線「ばたでん」を応援したい! と、ノートリレーイベントを企画しました。「ばたでん」への思いをつづったノートが鉄道ファンたちの手でつながれ、神在月の島根に到着します。
出発:11/16(土)伊勢神宮
到着:11/24(日)一畑電車出雲大社前駅

宍道湖沿いを走る一畑電車宍道湖沿いを走る一畑電車

 

 

 

生まれも育ちも神戸なのに、なぜか島根が大好きな神戸の高校生・坂東優毅(ばんどうゆうき)くん。「みんなにもっと島根を知って欲しい!」と校内でPRに励んでいた中学時代、その「島根愛」が島根県広報室の知るところとなり、今年3月に島根県知事から「遣島使」の委嘱を受けました。

そんな坂東くんが、島根のローカル線「ばたでん」(一畑電車)を応援しようと、ノートリレーイベントを開催します。

実施にあたっては、全国版のノートリレーイベントを手掛けてきたハンドルネーム「鉄道乗蔵」氏や、西日本豪雨で被災した鉄道・地域の復興を願って今年ノートリレーイベントを開催している「旅情鉄路」氏も協力。多くの参加者がバトン代わりのノートに「ばたでん活性化に向けたアイディア」を綴り、次の参加者につないでいく催しになるとのことです。

開催は、神在月にちなんで、多くの神々が出雲に集まるという旧暦10月。遣島使としてこのイベントを主催する坂東くんは、「このノートリレーを通して一畑電車や沿線地域の魅力を多くの人に知ってほしい。ノートに記載されたアイデアが、一畑電車の利用促進にもつながれば」と話しています。

■企画概要
伊勢神宮最寄りの近鉄宇治山田駅から、出雲大社最寄りの出雲大社前駅の区間を鉄道ファンが交代で乗り継ぎ、一畑電車活性化のアイデアなどを綴ったノートを運ぶイベント。

発 11/16(土)近鉄宇治山田駅
着 11/24(日)一畑電車出雲大社前駅(駅長にノートを贈呈)

■企画書
こちらからダウンロードできます。
https://prtimes.jp/a/?f=d36130-20190927-8002.pdf

■参加者募集
募集期間 10/1(火) ~10/10(木)
ツイッターのダイレクトメールで受け付け
イベント公式ツイッターアカウント
@susume_bataden
https://twitter.com/susume_bataden

【坂東優毅】(ばんどう・ゆうき)
兵庫県立夢野台高校1年生。島根を好きになったのは小学2年のとき。以来、一人旅などで島根県内各地を10回以上訪れる。今年3月から最年少の遣島使として活躍中。

【遣島使】(けんとうし)
県外で活躍する方々に島根をPRしていただこうと、島根県が平成元年にスタートした制度。知事が各界の著名人や島根ファンの方々に委嘱している。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 島根県 >
  3. 神戸の高校生が、島根のローカル線応援イベントを開催!