ニュージーランド航空、「Magic Leap One」で体験する空間コンピューティング旅行を発表

ニュージーランド航空は、10月9~10日にロサンゼルスで初開催されたL.E.A.P.カンファレンスにおいて、多人数参加型の空間コンピューティング・ゲームの初期構想を発表しました。L.E.A.P.カンファレンスは、米国の空間コンピューティング会社であるマジック・リープ社(以下Magic Leap)の主催によるものです。
Magic Leapのテクノロジーにより現実世界に重ねられたデジタル物体は、人間の目にはまるで現実の物体のように認識されます。この技術によってユーザーは、驚くほどクローズアップされた細かい部分や、遠く離れたものを迫力のスケールで見ることができます。「Magic Leap One」 Creator Edition(開発者版)は、デジタルコンテンツが画面から現実世界に飛び出す、軽量かつウェアラブルなコンピューティング・デバイスです。

Magic Leap主催のL.E.A.P.カンファレンスは、選定されたパートナー企業が最先端技術によるイノベーションを紹介する、クリエイターのためのプラットフォームです。ニュージーランド航空はこれまで1年半以上にわたって世界に知られるクリエイティブ・スタジオのフレームストア社(Framestore)と協力し、ニュージーランドをテーマにした空間コンピューティング・ボードゲームを開発しました。ゲームのプレイヤーは、主要な観光スポットを訪れたかのように、ニュージーランドを体験することができます。

「Air New Zealand Fact or Fantasy Game of New Zealand(ニュージーランド航空の“ニュージーランド 現実か幻想か” ゲーム)」では、プレイヤーが「Magic Leap One」を着用すると、ニュージーランドの3Dマップを体験することができます。さらにプレイヤーは、カウリの巨木の成長を見たり、不機嫌そうなホビットに出会ったり、海面に飛び上がるクジラから水しぶきを受けたり、ヘリコプターから飛び降りるバンジー・ジャンプの様子を鳥のように俯瞰して見たりと、魅惑的な世界を体験します。また、黄金の卵を獲得するために、クイズで競います。

ゲームのメーキング映像とスチールは、こちら( https://www.dropbox.com/s/scvrgc011bmfj34/Air%20NZ%20Fact%20or%20Fantasy%20181010HQ.mp4?dl=0 )よりご覧いただけます。

ニュージーランド航空グローバル・ブランド&コンテンツ担当ジェネラル・マネージャーのジョディ・ウィリアムズは「ニュージーランド航空は、空間コンピューティングが地上や機内におけるサービスの向上に果たす役割を知るために、Magic Leapとの提携が重要なステップになると考えています」と述べています。

「開発者、そしてクリエイターとして早期から試行錯誤を重ねた私たちは、この技術の可能性を探るための素晴らしいプラットフォームを作り上げました。ニュージーランド航空の『Future Aircraft Cabin Experience(未来の機内サービス)』プログラムの一環として、お客様のフィジカルな客室環境に対するご認識を塗り替えるようなプラットフォームです」とも述べています。

「初期の構想は、家族や友人と旅行する際、ボードゲームをするアイデアから生まれました。この創造的な着想から、最大4名が参加できる多人数参加型ゲームを開発しました。複合現実の世界を体験いただくことで、ニュージーランドをリアルに感じていただきつつ、旅行者としてインスピレーションや学びを得ていただくものです」

ロンドンを拠点とするクリエイティブ・スタジオのフレームストア社(以下Framestore)のCEO ウィリアム・サージェント卿は「何よりもまず、私たちFramestoreは物語をつむぐ集団であり、イノベーションの血が流れています。複合現実の可能性は大いに刺激的で、ニュージーランド航空、Magic Leapとコラボしたこのプロジェクトによって、この新メディアの果てしない可能性を世界に示し、新しい方法で物語をシェアできることを嬉しく思います」と述べています。

ニュージーランド航空では、最新テクノロジーを活用して既存のお客様、将来のお客様とつながることを、重要な戦略と位置付けています。最近ではAIヒューマン・アンバサダーや様々な仮想現実のアプリケーション実験、またシカゴでは屋外活用の一環として拡張現実を体験するヴァーチャル・ドアを披露しました。

※本件は、2018 年10月 11日にニュージーランドで発表されている内容です。
 



【ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に約20都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から5年連続)や、2017年に新設されたトリップアドバイザー「トラベラーズチョイス™ 世界の人気エアライン」をはじめ、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。

公式ホームページ:https://www.airnewzealand.jp
Facebook:https://www.facebook.com/AirNZJP
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニュージーランド航空 日本地区 >
  3. ニュージーランド航空、「Magic Leap One」で体験する空間コンピューティング旅行を発表