BS-TBS『Sound Inn “S”』

2018年1月20日(土)23時00分から放送~ゲストは、Little Glee Monster

1月20日(土)の『Sound Inn “S”』ゲストは、Little Glee Monster1月20日(土)の『Sound Inn “S”』ゲストは、Little Glee Monster

最高のアーティストと最高のサウンドメーカー(アレンジャー)、さらに最高のミュージシャンが、この番組のためだけに、一堂に会し、「一夜限りで、時を超えた、ここでしか聴くことのできないサウンド」をお届けしている、『Sound Inn “S”』
今月のゲストは、今回のアレンジ担当の各音楽プロデューサーから、「素敵なハーモニー」、「歌えるコーラスグループ」、と表され、若い女性を中心に人気沸騰中の、Littele Glee Monsterのみなさん。
そんな彼女たちが、島田昌典冨田恵一本間昭光と、新たなサウンドを紡ぐ。
1曲目は、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの楽曲、「SEPTEMBER」
アレンジは、音楽プロデューサーで編曲家・キーボーディストの島田昌典
音合わせから、「もう、バッチリ!」と言わせるほど、息もぴったりのサウンドは、まさに彼女たちならではの素晴らしさが満載の一曲。
本来なら、こんなにすぐには、合わせることは難しいアレンジを、彼女たちのコーラスワークの技術を島田も絶賛する。
その、コーラスワークとは、どういうことなのかを、島田が、しっかりと解説し、彼女たちの人気の秘密を解き明かす。
2曲目は、冨田恵一アレンジで、本人曲の、「だから、ひとりじゃない」
歌えるコーラスグループがいると、みんなが褒めているグループと聞き及んできた彼女たちに、原曲とは全く違うアレンジをぶつけ、彼女たちにチャレンジをしてきた。
さて、音楽界でも評判の高い彼女たちのハーモニーは、それにどう答えるのか乞うご期待!
3曲目は、本間昭光のアレンジで、本人曲の、「明日へ」
本間もまた、原曲とは全く違ったアレンジで、一人一人の声が、より際立つようにアレンジ。
「新曲を歌っている気分」とまで、本人たちに言わしめたアレンジに、彼女たちはどう答えるのか…?
しかも、本間は、彼女たちのリハーサルでの声を聞き、その場でアレンジを少し変更…。その対応力も、目を見張るものがある。
番組では、彼女たちが、その変更に合わせて、確認し合う様子も見せていく。
今夜は、Littele Glee Monsterの人気の秘密がわかる注目の回。
今宵も、一夜限りの貴重なサウンドをぜひお楽しみに!

※ 『Sound Inn “S”』 とは
1974年4月~1981年3月に、TBS系列にて放送されていた音楽番組。
当時もセイコーによる一社提供番組で、今回も、 現セイコーホールディングスによる、一社提供番組として、
BS-TBSにて復活を遂げ、毎月第3土曜日に好評放送中。

<番組HP>
http://www.bs-tbs.co.jp/music_stage/sis/

<番組公式Twitter>
https://twitter.com/soundinns

<今月のゲスト、 Littele Glee Monsterのみなさんからのコメント>

今回歌わせていただいた楽曲はどれも、私達にとってとても大切な曲です。三曲三様に、すごく素敵なアレンジをしていただいて、刺激を受けましたし、本当に楽しく歌わせていただきました。
本間昭光さんにアレンジしていただいた、「明日へ」は、初めてメンバー自身で作詞した曲でタイトルも自分達で決めました。
自分達が経験した、上京当時の不安や今抱えている気持ちを描いた曲で、とても思い入れのある曲です。その、「明日へ」を、今回は普段歌っているハモりを極限まで減らして、個々の声を、個性を、際立たせるようなアレンジを本間さんがしてくださいました。いつもと違う、「明日へ」を是非楽しんでいただきたいです。
島田昌典さんにアレンジしていただいた、「SEPTEMBER」は、、私達もカバーしてリリースしましたし、
Earth, Wind & Fireさんの来日公演のサポートゲストとして出演させていただいた時に、ご本人と一緒に歌わせていただいた思い出深い曲です。誰もが知っている名曲をリトグリらしく、かつ昔のディスコの感じと現代のサウンドが混ざったアレンジに仕上げていただきました。ホーンセクションの方にも入っていただいて、豪華なバンドの皆さんと歌う「SEPTEMBER」はとても楽しかったです。
冨田恵一さんにアレンジしていただいた、「だから、ひとりじゃない」は、5人になってから初めてのシングル曲で、私達も歌いながらすごく励まされていた曲です。今回は、原曲とは打って変わって、リズムも違う、新しい、「だから、ひとりじゃない」に仕上げていただきました。アレンジ次第でこんなに変わるんだ!と実感しながら歌っていましたし、歌いながらの発見もたくさんありました。私たちも歌い方をいつもとちょっと変えているので、そこも楽しんでいただけると思います。
素晴らしいアレンジャーの方とミュージシャンの方とセッションできて、至福のひとときでした。ありがとうございます!

<プロデューサー服部英司からのコメント>
2018年最初の、『Sound Inn “S”』は、5人組女性ボーカルグループ、「Little Glee Monster」を迎え番組初の試みとして“新たなコーラス・サウンド”の魅力をお届けします。
まず披露するのは、Earth, Wind & Fireの大ヒット曲「SEPTEMBER」
この曲は彼らが昨年行った武道館公演で、サポートゲストとして本人たちとコラボレーションした、彼女たちにとって想い出深い一曲。
島田昌典がアレンジを手がけ、この楽曲ならではのリズムとホーンサウンドを生かしつつ、グルーヴ感を強調し、現代風のディスコ・サウンドに仕上げました。
彼らのソウルを受け継いだ、彼女たちのハイトーンで美しい響きは、爽やかで明るく、聞いているだけでウキウキしてきます。
そして、彼女たちが初めて作詞に挑戦した、「明日へ」本間昭光がアレンジ。
この楽曲では、あえてコーラス・ワークを少なくし、かれんMAYU芹奈manakaアサヒ、それぞれの個性もお楽しみいただけます。
さらに、彼女たちが5人になってから発売したシングル、「だから、ひとりじゃない」冨田恵一がアレンジ。
リズムのとり方や歌い方を変え、大人の雰囲気がプラスされたサウンドは、曲のストーリーが際立ち、まさに生まれ変わった新たな“リトグリ”を披露してくれます。
今年も変わることなく“ここでしか聴くことの出来ない一夜限りのサウンド”を作り続けていきます、是非お楽しみください。

 <出演>
Artist  Littele Glee Monster
Arrange & Piano & Organ 島田昌典
Arrange & Organ 冨田恵一
Arrange & Piano & Organ 本間昭光
Drums FUYU
E.Bass 大神田智彦
E/A.Guitar 古川昌義
L.Percussion 藤井珠緒
Trumpet ルイス・パジェ
      二井田ひとみ
Trombone 村田陽一
T.Sax 吉田治
A/T.Sax 本間将人
Horn 大野雄太
     藤田麻理恵
Violin/Top(Strings) 室屋光一郎
Violin 伊藤彩
      氏川恵美子
            沖祥子
            松井利世子
            越川歩
Viola 島岡智子
Cello 堀沢真己
           今井香織
Manipulator 足立賢明

<ナレーション>
恒松祐里
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BS-TBS >
  3. BS-TBS『Sound Inn “S”』