Finatextホールディングス、「東京金融賞2020 金融イノベーション部門」の一次審査を通過し、「支援プログラム」参加事業者に選定

株式会社Finatextホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:林 良太、以下 当社)は、子会社の株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:木下あかね、以下 Finatext)が提供する保険クラウド「Inspire(インスパイア)」が東京都主催の「東京金融賞2020 金融イノベーション部門」の一次審査を通過し、当社が「支援プログラム」参加事業者として選定されたことをお知らせします。

 

■東京金融賞について

東京金融賞は、東京都が「国際金融都市・東京」構想の取り組みの1つとして、都民および都内事業者のニーズや課題の解決に資する画期的な金融商品・サービスの開発・提供を行う金融事業者およびESG投資(※)の普及を実践する金融事業者を表彰するものです。今回は日本を含む20の国・地域から90事業者の応募があり、国内事業者5者、国外事業者11者が一次審査を通過し、支援プログラムへの参加が決定しました。

東京金融賞について詳しくは、以下のウェブサイトをご参照ください。

◯東京金融賞
 http://finaward.metro.tokyo.jp/
 

※E(環境、Environment)、S(社会、Social)、G(企業統治・ガバナンス、Governance)をそれぞれ意味し、地球温暖化対策や女性の活躍、社外取締役の選任などに積極的に取り組む企業の姿勢を投資判断に活用する投資


■保険クラウド「Inspire」について
​「Inspire」は、次世代型デジタル保険を含むさまざまな保険商品をスマートフォンアプリなどのデジタルサービスに簡単に組み込んで販売可能にするクラウドサービスです。保険商品を顧客に提供・管理するために必要な各種機能をマイクロサービス化し、SaaSとして提供します。リード構築、契約申込受付、契約保全、保険金請求受付といった顧客接点だけでなく、保険会社や代理店側の業務オペレーションもオンライン上でスマートに完結できます。また、一部機能だけを利用して、オンラインとオフライン(もしくは従来システム)を組み合わせた顧客接点やオペレーションを構築することも可能です。
「Inspire」についての詳細は、以下のプレスリリースをご覧ください。

◯Finatext、保険クラウド「Inspire(インスパイア)」を事業者向けに提供開始
 https://finatext.com/news/20200909/

当社は支援プログラムへの参加を通じて、よりいっそう保険業界のDXを推進し、暮らしに自然と溶け込んだ保険体験の実現を目指していきます。


【 株式会社Finatextホールディングス 】
株式会社Finatextホールディングスは「金融を“サービス”として再発明する」をミッションに掲げ、「金融がもっと暮らしに寄り添う世の中」の実現を目指しています。金融サービスのあるべき姿をユーザー視点から見直し、パートナー事業者と共に新しい金融サービスを開発する「株式会社Finatext」をはじめ、オルタナティブデータ解析サービスの「株式会社ナウキャスト」、証券ビジネスプラットフォームを提供する「株式会社スマートプラス」、次世代型デジタル保険を提供する「スマートプラス少額短期保険株式会社」と共に、デジタル技術とデータを最大限活用した「生活に寄り添う身近な金融サービス」を展開しています。

会社名 : 株式会社Finatextホールディングス
代表者 : 代表取締役CEO 林 良太
設立  : 2013年12月
所在地 : 東京都千代田区九段北3丁目2番11号 住友不動産九段北ビル 4階
URL    : https://hd.finatext.com/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Finatextホールディングス >
  3. Finatextホールディングス、「東京金融賞2020 金融イノベーション部門」の一次審査を通過し、「支援プログラム」参加事業者に選定