「世代別のフレキシブルワークに対する考え方」に関する調査結果 第2弾を発表世代を超えたフレキシブルワークの広がり

~ 雇用主は、あらゆる世代の従業員がフレキシブルワークに何を期待するかを注視 ~

クリエイティブなワークスペースを全世界で提供しているオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(IWG)(日本法人:東京都新宿区、日本代表:西岡 真吾)が運営するSpacesは、「世代別のフレキシブルワークに対する考え方」に関する最新調査を実施しました。9月5日に発表した第1弾に続き、今回の発表では、ワークスペースにおける生産性向上のきっかけについて、さらに詳しく分析しました。

その結果、以下の点が明らかになりました。
・オフィスに飲み物や軽食を用意することが生産的な労働環境につながると考えている日本人の割合は、1980年以降に生まれた世代が26%(世界では23%)となり、1964年以前に生まれた世代15%(世界では13%)よりも多い。
・一方で、生産性向上につながるものとしてWi-Fi環境を挙げた割合は、1980年以降に生まれた世代が65%(世界では78%)で、1964年以前に生まれた世代の71%(世界では85%)よりもやや低く、1980年以降に生まれた世代は、他者とのネットワーキングにより重きを置いていることが判明。
 
ビジネスリーダーたちは、優れた雇用主となるための手段として、フレキシブルなワークスペース戦略に注目しています。
 
・1980年以降に生まれた世代の87%(世界では72%)が、「企業がフレキシブルな働き方を選択したのは従業員のモチベーションを上げるためだ」と考えており、1964年以前に生まれた世代の79%(世界では62%)よりも多い。
・1980年以降に生まれた被雇用者の54%(世界では84%)、1964年以前に生まれた被雇用者の33%(世界では75%)が、「フレキシブルな働き方は企業が優れた人材を獲得・維持するのに役立つ」と考えている。
 
リージャス・グループ(IWG)日本代表の西岡真吾は、次のように述べています。
「本調査の結果、どのような労働環境が仕事の生産性を上げるかについては、世代間で意識の差があることがわかりました。また、経営者がフレキシブルワークを取り入れることが、従業員の更なるモチベーションの向上や人材確保につながるということは、あらゆる世代で認識されてきているようですが、予想通り、若年層ほどその傾向が強いことが判明しました」
 
「世代が異なれば、オフィスの様々な側面を異なった視点で捉えるでしょう。そうした状況では、正しい人も間違っている人もいません。しかし、優れた雇用主は、あらゆる世代の従業員が最高のアイデアを提供し、企業と従業員に利益をもたらす方法を見つけるでしょう」

公認心理学者のデニス・テイラー氏は、次のように述べています。
「職場では、雇用主と従業員との間に、心理的な契約があります。それは単なる金銭的な関係だけではありません。雇用主はさまざまな方法で人々に関わる必要があり、その一環としてあらゆる年齢層に効果があるものを見出す必要があります。あらゆる業界において、私たちはインスピレーションを受けて、クリエイティブなソリューションを考え、ビジネスネットワークを拡大する方法を探す必要があります。Spacesのような共有ワークスペースでは、さまざまな年齢層やバックグラウンドを持つ人々に出会うことができます。出会う人は皆、異なる経験を持ち、私たちはそこから学びを得られます」

Spacesについて
オランダで生まれたSpacesは、人々を結びつける協調的な文化やそれを醸成するワークスペースを提供しています。アイデアが生まれ、企業が進化し、貴重な関係が築かれている起業家精神のインスピレーション環境を提供するという目標を持っています。本当に会社をユニークにするのは、同社が育成するために取り組んでいるコミュニティとの考えを持っています。2008年にアムステルダムで最初のスペースを開設し、今年で創立10周年を迎えます。香港、ロンドン、ニューヨーク、パリに開設した最新のオフィススペースを含め、世界中の39カ国に120以上の拠点があります。
 
日本におけるリージャス・グループ
リージャス・グループは、高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国で運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国32都市、126拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
※1オープンが決定している拠点数は全国33都市、133拠点となります。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。
公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リージャス・グループ >
  3. 「世代別のフレキシブルワークに対する考え方」に関する調査結果 第2弾を発表世代を超えたフレキシブルワークの広がり