カルティエ ウーマンズ イニシアチブが15周年を祝いインパクトレポートを発表

© Cartier Women’s Initiative© Cartier Women’s Initiative


2006年に創設されたカルティエ ウーマンズ イニシアチブは、女性起業家たちの貢献に光を当て、ビジネスの発展とリーダーシップスキルの促進に必要な、経済的、社会的、人的支援を行うことで、起業家たちの可能性を最大限に発揮する支援を行ってきました。このプログラムは、国や分野を問わず、女性が主導あるいは所有するビジネスを対象としています。また、国連のSDGs (持続可能な開発目標)に定義される、社会に強力かつ持続可能なプラスの影響をもたらすことを目的としたビジネスであることが条件となります。

継続的改善の精神に則るとともに、プログラムの15周年を記念し、2022年度のカルティエ ウーマンズ イニシアチブは「インパクト」をプログラムの中心に据え、プログラムの進化と世界にもたらした影響を振り返ります。 

1)カルティエ ウーマンズ イニシアチブ インパクトレポート
15年にわたり、カルティエ ウーマンズ イニシアチブは、62ヶ国262人の有望な女性起業家を認知し、そのビジネスを支援するために644万USドル以上の賞金を授与してきました。フェローシップで賞金を受け取ったフェローは、2007年には5名でしたが、2021年には24名まで拡大しています。

つながりや知識、資本へのアクセスを提供するグローバルネットワークでフェローをつなぎ、サポートするためのコミュニティを2019年1月に立ち上げて以来、320人を超えるメンバーがコミュニティに活発にかかわり、62件のイベントが開催されてきました。

カルティエ ウーマンズ イニシアチブは2021年、プログラムの世界的インパクトを評価するため、これまでのフェロー228名を対象に40問のオンライン調査を実施しました。この調査は、カルティエ ウーマンズ イニシアチブのインパクトを測るうえでのベースラインとなりました。

カルティエ ウーマンズ イニシアチブは、こうした女性起業家が起こしたポジティブな変化による力強い波及効果に光を当てるインパクトレポートの導入により、プログラムの改善と、世界中のより多くの女性起業家への機会拡大を目指しています。

今後プログラムは、フェローのサークル、エコシステムの認識、種々のプレーヤーを動員する能力といったユニークな強みを生かすことでインパクトを増幅させる、カルティエ ウーマンズ イニシアチブ コミュニティの多様なグローバルネットワークを設ける予定です。

レポートの詳細については、こちらをご覧ください。
インパクトレポート(英語)
https://prtimes.jp/a/?f=d16275-20220125-bbe9f9f9448408a12195eab68073066c.pdf
インパクトレポート和訳
https://prtimes.jp/a/?f=d16275-20220125-d3c9ecd81245deaa28d3e09d3766770c.pdf

2)インパクト アワード受賞者
 

© Cartier© Cartier

  
カルティエ ウーマンズ イニシアチブは、プログラムのインパクトをさらに祝うため、今回初めて、9名のインパクト アワード受賞者、すなわち事業で大きなインパクトを残してきた女性起業家たちを発表いたします。インパクト アワードは、国連の持続可能な開発目標に基づく3つのカテゴリー、「生活向上」、「地球環境保全」、「機会創出」をカバーしています。これら3つのカテゴリーそれぞれにおいて、3名の女性起業家が表彰されます。
 
9名のインパクト アワード受賞者
生活向上
ラシャ・ラディ(Rasha Rady)、エジプト、シェファア(Chefaa)
シェファアは、AI搭載・GPS対応のデジタルプラットフォームを設けて、慢性疾患の患者が、居住地や所得にかかわりなく、定期的に服用する医薬品を注文、定期購入、補充する手助けをしてきました。
ラシャ・ラディ | カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(cartierwomensinitiative.com)

ネカ・モビソン(Nneka Mobisson)、南アフリカ、mDoc
慢性疾患を抱える人々に仮想医療従事者への24時間・年中無休のアクセスモバイルプラットフォームを提供。
ネカ・モビソン | カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(cartierwomensinitiative.com)

テミー・ギワ・トゥボスン(Temie Giwa Tubosun)、ナイジェリア、ライフバンク( LifeBank)
データとテクノロジーを用いて必須の医療品を見つけてナイジェリア国内の病院へ届ける医療品流通企業。
テミー・ギワ・ツボスン | カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(cartierwomensinitiative.com)

地球環境保全
ジョアン・ハワース(Joanne Howarth)、オーストラリア、プラネット プロテクター パッケージング(Planet  Protector Packaging)
プラネット プロテクター パッケージングは、温度に敏感な商品輸送のために、廃羊毛で作られる、環境に配慮した断熱包装材を製造しています。
ジョアン・ハワース | カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(cartierwomensinitiative.com)

ローナ・ルット(Lorna Rutto)、ケニヤ、エコポスト(EcoPost)
エコポストは、環境にやさしい木材代替物である廃プラスチックを用いた耐久性のあるフェンス支柱を製造しています。
ローナ・ルット | カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(cartierwomensinitiative.com)

シャーロット・ワン(Charlotte Wang)、中国、イークオタ エナジー(EQuota Energy)
イークオタは、人工知能とビッグデータを組み合わせてエネルギー効率化ソリューションを提供するエネルギー最適化企業。
シャーロット・ワン | カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(cartierwomensinitiative.com)

機会創出
カルミナ・バヨンボン(Carmina Bayombong)、フィリピン、インベストエド(InvestEd)
独自の信用格付けアルゴリズムを用いて、金融サービスを十分に受けられない若者に学生ローンを提供する投資プラットフォーム。
カルミナ・バヨンボン | カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(cartierwomensinitiative.com)

キャロル・チャウ(Carol Chyau)、中国、ショーケイ(Shokay)
ショーケイは、中国辺境地の放牧民から直接仕入れるヤクの毛を用いて、子供服やアクセサリー、家庭用品、ニット製品などを製造しています。
キャロル・チャウ | カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(cartierwomensinitiative.com)

ファリエル・サラフディン(Fariel Salahuddin)、パキスタン、アップトレード(UpTrade)
無電化農村社会が家畜をソーラー発電式の水ポンプや住宅設備と交換できるようにする物々交換サービス。
ファリエル・サラフディン | カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(cartierwomensinitiative.com)


インパクト アワード3つのカテゴリーそれぞれの最優秀受賞者は、ドバイ エキスポ2020において開かれる記念すべきカルティエ ウーマンズ イニシアチブのワールド リユニオン(World Reunion)の一環として2022年3月6日のインパクト アワード授賞式で発表されます。

カルティエ ウーマンズ イニシアチブ(CWI)は、3月6日~3月8日の3日間にわたり、CWIコミュニティ向けのケーススタディ、ワークショップ、勉強会を開催し、世界中の熱意あるインパクトリーダーとの出会い、新たなコラボレーションのきっかけづくり、共有する課題への取り組みの機会をコミュニティに提供します。

カルティエ インターナショナル プレジデント & CEOのシリル・ヴィニュロンは次のように述べています。「カルティエ ウーマンズ イニシアチブ ワールド リユニオンは、女性起業家のコミュニティに対するメゾンのコミットメントを再確認し、こうした称賛に値する女性たちの成功を増幅させ、世界をより良く、より平等な場所にするべく新たな高みに到達する手助けをする機会です。なぜなら、女性が輝けば、人類・社会全体が輝くから」

各カテゴリーの最優秀受賞者には賞金10万USドルが、そして2位の受賞者には賞金6万USドル、3位の受賞者には3万USドルが授与されます。また、9名の全受賞者それぞれに、1万USドルに相当する人的資本支援が提供されます。

プログラムの詳細とフェローの紹介動画については、こちらをご覧ください。
www.cartierwomensinitiative.com

カルティエについて
世界有数のラグジュアリーメゾンとして、オープンなマインドと好奇心の代名詞とも言える   カルティエは、そのクリエイションにおいて際立ち、美が存在するあらゆるところにその美を明らかにします。ジュエリー、ファインジュエリー、ウォッチ、フレグランス、レザーグッズ、小物といったカルティエのクリエイションは、たぐい稀なクラフツマンシップと時代を超えたシグネチャーとの融合を象徴するものです。現在メゾンは世界中に約300のブティックを擁しています。
https://www.cartier.jp/

INSEADビジネススクールについて
世界有数かつ最大規模の経営大学院のひとつであるINSEAD(インシアード)は、人と文化とアイデアを結集し、ビジネスと社会に変革をもたらす責任あるリーダーを育成します。同校の幅広い研究、教育、パートナーシップは、グローバルな価値観と文化的な多様性を反映しています。INSEADの実務教育と研究は4つの地域に及び、欧州(フランス)、アジア(シンガポール)、中東(アブダビ)、北米(サンフランシスコ)にキャンパスを展開しています。毎年、INSEADのエグゼクティブ教育プログラムを通して、41ヶ国の168名の著名な教員が、1,100人以上の学生と12,400人以上のエグゼクティブに刺激をもたらしています。
www.insead.edu

Hoffmann Global Institute for Business and Societyについて
2018年8月に設立されたHoffmann Global Institute for Business and Societyは、INSEADの活動と国連のSDGs(持続可能な開発目標)の一致を図るための取り組みを主導しています。これを達成するために、同機関では、事業や社会に関する研究を支援し、未来のリーダーたちに刺激を与え、必要な知識を身に着けさせるとともに、グローバルに活躍する卒業生のコミュニティや外部パートナーと協力し影響力を拡大することによって、INSEADを、自ら行動で示し、業界をリードする持続可能なスクールにすることを目指しています。
https://www.insead.edu/centres/the-hoffmann-global-institute-for-business-and-society
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルティエ >
  3. カルティエ ウーマンズ イニシアチブが15周年を祝いインパクトレポートを発表