新型コロナウイルスワクチン「職域接種」の実施決定

~弊社グループ外企業へ接種環境の提供も実施~

株式会社ジャパネットホールディングス (本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長 兼 CEO:髙田旭人)は、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を2021年6月21日(月)より順次開始いたします。対象者は全国のジャパネットグループの従業員およびその同居家族の他、グループ外企業に対してもワクチンの接種環境を提供し、合計25,600人分の職域接種の準備を進めています。自治体のワクチン接種を補完するとともに、長崎県を中心に日本全体の接種率の向上に努めてまいります。
  • 実施の背景
新型コロナウイルス感染拡大を抑えるためには一人でも多くの人が迅速にワクチンを接種する必要があると考えています。
今回「職域接種」に関する政府方針には国として集団免疫を高めてほしいという想いが込められていると感じ、弊社としてもワクチン接種率の向上に貢献できるように、希望する従業員やその家族に対する「職域接種」の実施を決定いたしました。
また、長崎県内企業を中心に、「職域接種」を自社で行うことが難しい規模の企業においても行政や商工会議所、医療機関と連携し希望に応じて接種環境を提供いたします。
なお、ワクチン接種は強制されるものではなく、あくまでも個人の状況に応じて一人ひとりが判断するものであるため、事前に接種希望の有無を確認したうえでそれぞれの希望に沿って対応しています。
弊社が通信販売事業で培ったノウハウを活用することで、予約から接種当日のオペレーションを効率化し、接種希望者が安心かつ迅速にワクチンを接種できるように取り組んでまいります。
 
  • 職域接種概要
スマートフォンを活用し、予約・事前問診・受付などを全てオンラインで完了させる運営を検討しています。
接種開始日: 6月21日(月)を目処に開始予定
接種会場: 東京都:弊社麻布拠点、福岡県:弊社博多拠点、
長崎県:佐世保本社、長崎スタジアムシティ建設予定地(長崎市)
接種対象者: ジャパネットグループ全従業員(各間接雇用含む)とその同居家族、
弊社グループ外で接種を希望する企業の従業員
接種予定数: 計25,600人分 

 

今後も従業員が安心して働ける職場環境を整備するとともに、新型コロナウイルス感染症の収束に貢献できるようにジャパネットグループとして取り組んでまいります。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ジャパネットホールディングス >
  3. 新型コロナウイルスワクチン「職域接種」の実施決定