子供たちのアイデアをカタチに!<みんなのアイデアとDIYの力で快適な避難所をつくろう展>を福岡市科学館にて開催

会期:2021年10月1日(金)~10月25日(月) 場所:福岡市科学館(福岡市中央区六本松4-2-1)

嘉穂無線ホールディングス株式会社(本社:福岡県福岡市 代表:柳瀬隆志)は、福岡市科学館(場所:福岡市中央区)連携スクエアにて、『みんなのアイデアとDIYの力で快適な避難所をつくろう展』を開催いたします。

福岡市科学館内嘉穂無線ホールディングス株式会社ブース福岡市科学館内嘉穂無線ホールディングス株式会社ブース

 

みんなのアイデアとDIYの力で快適な避難所をつくろう展についてみんなのアイデアとDIYの力で快適な避難所をつくろう展について

 
  • 開催の背景

福岡市科学館の連携スクエアでは、嘉穂無線グループのSDGsに関する取り組みを紹介しています。ブース内のパネルにて掲示しているテーマに沿って、来館した子どもたちや大人の方に自由にアイデアを考えていただいています。そのアイデアに対し、嘉穂無線グループの社員がコメントや試作品作成による返答を行いながら、みんなでテーマの内容について考えるブースです。

現在、ブースのテーマを「”みんなのアイデアで未来のまちをつくろう”プロジェクト」とし、さらに半年ごとに小テーマを設定する構成となっています。今年のゴールデンウィークから小テーマ第1弾「災害につよいまちってどんなまち?」を展開中です。秋の第2弾への更新を前に、総括として<みんなのアイデアとDIYの力で快適な避難所をつくろう展>を開催します。

 
  • 開催の目的

嘉穂無線グループの展示では、自分で課題を解決する力やアイデアを形にする喜び、そして自分もブース(大きく言えば「社会」)をつくる一員であるということを来館者の方々に実感していただけるように、さまざまな工夫をしています。

当展示では、さらに確かな実感を得ていただけるよう、子どもたちからのアイデアを嘉穂無線グループの社員が実際に作成し、それを体験できる展示を予定しています。

 
  • 展示会の概要

<みんなのアイデアとDIYの力で快適な避難所をつくろう展>は、アイデアシートに寄せられた子どもたちのアイデアをもとに、嘉穂無線グループのホームセンターグッデイのDIYの力で快適に過ごせる避難所を提案してます。


① 備蓄について (どんな備蓄をすればいいのかな?)

災害の頻発と防災意識の高まりからか、子どもたちからも防災用品の備蓄に関するアイデアが寄せられています。ホームセンターグッデイならではの知識の詰まった防災基本セットと子どもたちのアイデアを同時展示します。
 

 

 

グッデイオリジナル防災セット14点入りグッデイオリジナル防災セット14点入り

グッデイオリジナル防災セット 展示グッデイオリジナル防災セット 展示



2020年9月の台風10号接近の際、災害の備えとしてグッデイ内で売れた商品を中心にピックアップしたグッデイオリジナル防災セット。
簡易トイレやカセットガスコンロ等14点入り(1万円)は、備蓄に必要なアイテムは何か?を提案しています。
※グッデイ店舗の他、グッデイ公式LINEアカウントやPayPayモール店で販売中です。


② ダンボールで作れるもの (楽しい時間を過ごしたいな)

「避難所にはダンボールを常備する」というアイデアをもとに、DIYの力を使うとダンボールで何ができるか考えてみました。子どもが寝そべることができるベッドのほか、実際に遊べるダンボール製滑り台を展示します。
ベッドは、ペットボトル等備蓄ができる収納スペースをつくりました。
滑り台は図面などのレシピを公開し、おうちで作って楽しんでいただけるようにいたします。
避難所でも工夫次第では楽しい時間が過ごせそうですね。
 

 

ダンボールでできた滑り台&簡易ベッドダンボールでできた滑り台&簡易ベッド

ダンボール滑り台の作り方は、グッデイHPにて公開中です。
http://www.gooday.co.jp/kurashipedia/?type=entry&id=12244


※ダンボールの作品は、作品の状態によって告知なしで展示を終了する場合があります。


③ ダンボールで防寒着 (じつはあったかいダンボール)

ダンボールで作れるものの一つとして、防寒着を提案しています。
衝撃に耐えるよう細かいパーツを組み合わせて“蓑”のようなデザインにしました。
ちょっとおしゃれ感を出すためベスト型も作りました。
こちらは実際に着用と撮影が可能です。
 

蓑型防寒着とベスト型防寒着蓑型防寒着とベスト型防寒着


④ 寂しくない避難所を (避難所でも楽しく過ごしたい)

子どもたちのアイデアの中に、避難所を寂しくないようにする工夫もありました。避難所にロボットを置くというアイデアをもとに、イーケイジャパンの電子工作キット「エレキット」より、<プログラミングフォロ>を展示し、来館者を和ませる動作をプログラムしました。
 

元々白色のプログラミングフォロをペイントし遊び心を加えました。元々白色のプログラミングフォロをペイントし遊び心を加えました。


⑤ その他の展示

グッデイキャラクター良日出来太(よいひできた)店長が教える災害時に使える4種のライフハックを30秒ショート動画でご紹介します。
 

 

ペットボトル編

 

シュラフ編
 


 ランタン編

 


ラップ編


※ブースの開館時間は、福岡市科学館の開館スケジュールに準じます。
 福岡市科学館サイト(https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/)にてご確認ください。
 
  • 嘉穂無線ホールディングス株式会社について

株式会社イーケイジャパン・株式会社グッデイ(北部九州・山口にてホームセンターを運営)・株式会社カホエンタープライズ(データ活用・分析)は、嘉穂無線ホールディングス株式会社のグループ企業です。

■  会社概要 ■
社 名:嘉穂無線ホールディングス株式会社
代表者:代表取締役社長 柳瀬隆志
所在地:福岡県福岡市博多区中洲中島町2番3号 福岡フジランドビル10階
設 立:1950年2月
資本金:1億円
事業内容:1.子会社の経営企画・管理ならびにこれに関する事業 2.不動産事業
 

 
  • ホームセンターグッデイについて

北部九州・山口を中心に、福岡・大分・佐賀・熊本・山口に64店舗のホームセンターを展開しているグッデイ。”家族でつくるいい一日”の企業理念のもとホームセンターの概念にとらわれずに様々な活動をしています。店舗では、園芸やDIY等の様々なワークショップを開催の他、子供のためのワークショップ博覧会「ワークショップコレクション」の開催等、<学べるホームセンター>として商品だけなく体験や経験も数多く提供しています。

​社  名:株式会社グッデイ
代表者:代表取締役社長  柳瀬隆志
所在地:福岡県福岡市博多区中洲中島町2番3号 福岡フジランドビル10階
設  立:1950年2月 (1978年グッデイ1号店 大野城店オープン)
資本金:5千万円
事業内容:ホームセンターグッデイの経営
取扱商品:日曜大工用品・植物・園芸・ペット用品・インテリア・エクステリア・家庭電化製品・カー用品・事務文具用品等
事業所:福岡40店舗・大分8店舗・佐賀7店舗・熊本4店舗・山口4店舗  計63店舗 
※姪浜店除く(改装のため休店中)
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 嘉穂無線ホールディングス株式会社 >
  3. 子供たちのアイデアをカタチに!<みんなのアイデアとDIYの力で快適な避難所をつくろう展>を福岡市科学館にて開催