毎日新聞の書評欄にタレントの壇蜜さんが10月3日(土)初登場! 本の目利きがナビゲートする「話題の本」の筆者陣の一人として加わります。

毎日新聞の書評欄は毎週土曜朝刊に掲載

毎日新聞社(代表取締役:丸山昌宏)が誇る土曜朝刊の書評欄「今週の本棚」。売れ筋の本やマンガを目利きのライターが紹介する人気コーナーの「話題の本」筆者陣(5人)に、10月からタレントの壇蜜さんが加わります。記念すべき初回に紹介するのはどんな本なのか。ご期待ください。



■掲載紙は、毎日新聞社の紹介ページ:https://www.mainichi.co.jp/から購読をお申し込みいただくか、お近くの毎日新聞販売店、コンビニなどでもお求めになれます

<内容>
  • 毎日新聞の書評欄「今週の本棚」は1992年4月にスタート。29年目を迎える今春、日曜朝刊から土曜朝刊に引っ越し、紙面をリニューアルしました。デザイン・絵を担当しているのは、人気デザイナーの寄藤文平さん。長年親しまれた和田誠さん(昨年10月死去)の紙面デザインを大切にしつつ、よりシャープに、少しおちゃめに、楽しめる紙面に生まれ変わりました。 ナビゲーターとして、イタチ科の小動物・オコジョのキャラクター「ナツキ」が新登場。書評やコラムの間から、ちらりと顔をのぞかせる「ナツキ」の動きや表情を追いながら、一緒に本の森を旅してください。
  • 今回、壇蜜さんが加わる人気コーナー「話題の本」は10月から筆者陣が変わります。壇蜜さん以外に、永青文庫副館長・橋本麻里さん、ノンフィクション作家・澤宮優さんも初登場。永江朗さん、トミヤマユキコさんの計5人で旬の本を紹介します。著名人が思い出の一冊を語るエッセー「なつかしい一冊」など、楽しめるコーナーも盛りだくさん。週末のひととき、コーヒーでも飲みながら、ゆっくりと楽しんでください。

<壇蜜さんコメント>
漫画が大好な壇蜜さん。書評欄への「進出」について、「皆様、難しい本の書評が多いとお疲れになりませんか? どんな料理にも箸休めは必要です。私の原稿は箸休めではありますが、品は確かです」と話しています。
 


<略歴>
壇蜜(だん・みつ)1980年、秋田県生まれ。本名・齋藤支靜加(しずか)。グラビアモデルとしてデビューし、ドラマやバラエティー番組に多数出演。著書にエッセー「壇蜜歳時記」、日記をまとめた「結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2」など。





■毎日新聞の購読申し込みはこちら
https://form.mainichi.co.jp/annuncio/koudoku/form.html
■デジタル毎日の会員登録はこちら
https://mainichi.jp/info/plan/

■本件に関するお問い合わせ
毎日新聞社D.クリエーションセンター 
mai-dcc@mainichi.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社毎日新聞社 >
  3. 毎日新聞の書評欄にタレントの壇蜜さんが10月3日(土)初登場! 本の目利きがナビゲートする「話題の本」の筆者陣の一人として加わります。