フィリピン・ミンダナオ島に「ダバオ事務所」を開設

当社フィリピン現地法人である阪急阪神エクスプレス(フィリピン)は、ミンダナオ島の主要都市であり農業関連産業が盛んなダバオ市に事務所を開設し、10月18日より営業を開始します。
首都マニラから飛行機で2時間弱の同市周辺は、果物や海産物などの生鮮品を取り扱うフィリピン企業が集積し、マニラ首都圏への国内輸送基地としても有望なエリアです。
フィリピン法人では、2019年10月よりマニラ本社に新規事業開発部を新設しマンゴーなどの果物を中心に生鮮取扱いを拡販、2020年3月にはミンダナオ島のジェネラルサントス市に事務所を開設し、輸出を中心に生鮮ビジネスを拡大してまいりました。
この度、ダバオ市に新たに営業拠点を展開することにより、新規営業活動を加速し更なる生鮮ビジネスの拡大を目指します。

阪急阪神エクスプレスは、地域に根差したフォワーダーとして多様な輸送需要に対応し、新たなマーケットを開拓してまいります。
 

 



阪急阪神エクスプレス https://www.hh-express.com/jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/44a1e5daf8f2fb837b75871b2a07bd0c2cbb4578.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社阪急阪神エクスプレス >
  3. フィリピン・ミンダナオ島に「ダバオ事務所」を開設