宇都宮大学、世界に先駆けて JetBotをベースとしたAIロボットカーを学習教材に導入、自律動作マシン技術の習得を目指す

小さな自律型ロボットカー JetBot は、今年の3月、NVIDIAがサンノゼで開催した世界最大級のAIカンファレンス、 GTC 2019で公開され、その後も世界中のDIYコミュニティで大きな注目を集め続けています。
 
JetBotはNVIDIAがGTCで発表した小型ながらパワフルな組み込み用AIコンピューター、 NVIDIA Jetson Nanoを活用してAIの開発を気軽に体験するための教材プロジェクトです。NVIDIAは、クリエーター、学生、開発者が新たなイノベーションの波を生み出すことを促進するため、Jetson Nanoの開発者キットを手の届きやすい価格で提供しています。
 
Jetson Nanoを使ったAIアプリケーションの分かりやすいレファレンスモデルとして、NVIDIAは、ディープラーニングによる認識技術から、モーターの駆動などを含めた制御技術も学ぶことができる、自律型ロボットカーの制作方法を GitHub上で公開しました。
 
実践的で専門的な知識を修得するための専門教育に力を入れている国立大学法人宇都宮大学では、JetBotにいち早く注目し、世界で初めて、JetBotをベースとした組み込みシステム向け学習教材の開発、ならびに、これを利用した授業を実験的に導入することを決めました。

オープンソースハードウェアの製造・販売を手掛ける福島県発のスタートアップ、(株)Faboは、IoT機器の製造やそれを用いた教育を、これまで宇都宮大学と共同で行っており、今回の授業に向けてロボットカーの設計、およびサンプルコード提供とキット化を行いました。NVIDIA JapanはJetson Nanoに関する技術情報を提供しているほか、国内外における最先端のロボティクス分野のAI研究や社会実装について、今月学生に向けて講義も行いました。

宇都宮大学大学院 工学研究科 の伊藤篤教授は、以下のように述べています。
「宇都宮大学では常に最先端の組み込みソフトウェア技術に着目し、これまでも携帯電話を題材とした組み込みシステム教育を産業界とともに推進してきました。これからはさらにAI時代を見据えた教育が必要となります。NVIDIAのJetBotは、学生が実際に手を動かして、AIで何ができるかを学ぶことができる、理想的な教材です。本校では、今回の試みで得られた知見を広く公開し、多くの大学、高専、高校などで利用可能とする予定です。」
 
NVIDIAの自律動作マシンの統括部長であるムラーリ・ゴパラクリシュナ(Murali Gopalakrishna)は、次のように述べています。「ロボット大国である日本の学生のみなさんが、JetBotベースのロボットカー開発キットを手に取り、AIの実装においてディープラーニング モデルのトレーニングからエッジコンピューティングにいたる一連のワークフローを学ぶことは、新たなイノベーションの創出へとつながることでしょう。NVIDIAは急速な技術革新にも対応できる優秀な技術者の養成を行っている宇都宮大学との協業を嬉しく思います。」
 
宇都宮大学では、前期授業の前半でAIの基礎知識を学び、その後、2019年6月13日より、AIロボットカー構築の授業が開始されました。5週間で、AIロボットカーの自律走行を可能とする予定です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. 宇都宮大学、世界に先駆けて JetBotをベースとしたAIロボットカーを学習教材に導入、自律動作マシン技術の習得を目指す