イー・ガーディアングループ「株式会社グレスアベイル」ECオープンプラットフォームを提供するイーシーキューブと業務提携を締結

~国産クラウドWAF「GUARDIAX」に専用の機能を追加し、健全なECサイト運営に貢献~

 イー・ガーディアン株式会社(https://www.e-guardian.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)のグループ会社である、株式会社グレスアベイル(https://www.gresavail.com/ 東京都港区 代表取締役 CEO:澤井 祐史 以下、「グレスアベイル」)は、2020年5月12日(火)付で株式会社イーシーキューブ(https://www.ec-cube.co.jp/ 大阪府大阪市 代表取締役:岩田 進 以下、「イーシーキューブ」)と業務提携を締結いたしました。合わせて同日よりグレスアベイルは、国産クラウドWAF「GUARDIAX」に「EC-CUBE」専用のオプション機能を追加したEC-CUBE専用クラウド型WAF「EC-CUBE Keeper with GUARDIAX」を拡販いたします。

 イー・ガーディアングループは、安心・安全なインターネット環境の実現に向け、ネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供しております。
 特にサイバーセキュリティ分野においては、WEBセキュリティ第一人者である徳丸浩が代表取締役を務めるEGセキュアソリューションズと国産のクラウド型セキュリティサービスを開発・提供するグレスアベイルが連携し、サイバー攻撃の被害を最小化するためのより一層効果的なソリューション提供を行っております。

 現在、国内のECサイトにおいて、決済画面を改ざんされクレジットカード情報が抜き取られる手法が増加し、民間会社の調査によると、2019年のクレジットカード番号の漏えいは約34万件にのぼることが確認され、問題視されています。中でもECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」で構築したサイトの脆弱性を狙ったクレジットカード情報漏洩事案が約14万件と多発しており、2019年12月には経産省から注意喚起が出されました。
 EGセキュアソリューションズは、「EC-CUBE」を提供するイーシーキューブとのセキュリティアドバイザリー契約に基づき、運用中のサイトが最低限のセキュリティレベルを満たしているかをチェックする「EC-CUBE無料セキュリティチェック」を実施しております。チェックの結果からEC事業者側が行うべき対策の1つとして、Web上のアプリケーションに特化したファイアウォールで、不正な攻撃に対する防御対策に有効なWAFの導入に着目いたしました。

 このような状況の中グレスアベイルは、グループ会社であるEGセキュアソリューションズから、グレスアベイルが提供する国産クラウドWAF「GUARDIAX」を「EC-CUBE」専用にカスタマイズできないか相談を受け、「EC-CUBE」専用のオプション機能を新たに追加した「EC-CUBE Keeper with GUARDIAX」を開発いたしました。そして今後、両社のスムーズな情報連携により「EC-CUBE Keeper with GUARDIAX」を随時改善することを目的にイーシーキューブと業務提携を締結する運びとなりました。
 今後は、イーシーキューブが持つ「EC-CUBE」本体の知見と、グループ会社であるEGセキュアソリューションズが提供する「無料セキュリティチェック」の脆弱性診断結果から見える傾向などの知見を融合し、より安心・安全な「EC-CUBE Keeper with GUARDIAX」を開発・提供いたします。

 今後も、イー・ガーディアングループは、グループシナジーを活かし、ミッションである「We Guard All」の実現に向け、人々の生活をより便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

■EGセキュアソリューションズ株式会社 代表取締役 兼 株式会社グレスアベイル 取締役 徳丸 浩のコメント

ECサイトの利用が拡大している一方で、ECサイトからのクレジットカード情報漏えい件数や被害額は高止まりしており、安全な電子取引を普及する上で大きな障壁となっています。被害を受けたサイトの多くは、古いソフトウェアの脆弱性や設定の不備をつかれたものと考えられています。この度、国内でも店舗数が非常に多いEC-CUBE向けに、当社の知見も反映したウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を提供できたことは大変うれしく思っており、ECサイトのセキュリティ向上の一助になればと考えます。

EGセキュアソリューションズ株式会社 代表取締役 兼 
株式会社グレスアベイル 取締役 徳丸 浩

■「EC-CUBE」について
ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は2006年9月の公開以降多くの方にご利用いただき、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定(※)されています。現在は、推定35,000店舗以上で実際に稼働しております(当社調べ)。2018年10月には、内部機構から見直し、カスタマイズ性や使い勝手を大幅に向上させた「EC-CUBE 4.0」を、2019年2月にはEC-CUBE4系最新版が安心の環境ですぐに利用できるクラウド版「ec-cube.co」をリリースしております。
※:独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

■株式会社イーシーキューブ概要
会社名    :株式会社イーシーキューブ 
本社     :〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F 
namba branch:〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-60なんばスカイオ27F WeWork
代表者    :岩田 進(いわたすすむ) 
設立     :2018年10月1日 
URL     :https://www.ec-cube.co.jp/
主要株主   :株式会社イルグルム
事業内容   :ECオープンプラットフォームの開発・提供等

【イー・ガーディアングループ 概要】
1998年設立。2016年に東証一部上場。イー・ガーディアンはネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供する総合ネットセキュリティ企業です。センターは、提携先を含めてグループで国内6都市海外2都市14拠点の業界最大級の体制を誇ります。昨今はFintech・IoT業界への参入やRPA開発による働き方改革への寄与など、時代を捉えるサービス開発に従事し、インターネットの安心・安全を守っております。

■株式会社グレスアベイル 会社概要
代表者 :代表取締役CEO 澤井 祐史
所在地 :東京都港区赤坂三丁目1番2号 BIZCORE赤坂見附7F
設立  :2015年6月
資本金 :1億円 
業務内容:高度なセキュリティ対策技術の研究・調査、各種技術支援サービスを提供するとともに、最先端のサイバーセキュリティ対策製品の開発を進め、自社開発の次世代クラウド型セキュリティサービスをリリース。当社では「日本発のサイバーセキュリティ創造へ」をスローガンに製品・サービスの品質向上に努めてまいります。
URL   :https://www.gresavail.com/

■EGセキュアソリューションズ 会社概要
代表者 :代表取締役 徳丸 浩
所在地 :東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立  :2008年4月
資本金 :500万円(2019年3月末現在)
業務内容:1.情報セキュリティ、情報システムに関する監査、コンサルティング
     2.情報セキュリティに関する調査、研究、執筆、教育
     3.情報セキュリティ関連の教育及びコンテンツ制作
     4.コンピュータシステムの企画、設計、開発、保守、販売
URL  :https://www.eg-secure.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イー・ガーディアン株式会社 >
  3. イー・ガーディアングループ「株式会社グレスアベイル」ECオープンプラットフォームを提供するイーシーキューブと業務提携を締結