従業員一人一人のコンディション変化に気づきやすくするためのツール「コンケア」の取り扱いを開始

 JTBグループで会員制福利厚生サービスを提供する株式会社JTB ベネフィット(東京都江東区 代表取締役社長:重田毅 以下、JTB ベネフィット)は、東京メンタルヘルス株式会社(東京都豊島区 代表取締役社長:武藤 清栄 以下、東京メンタルヘルス)との提携により、従業員一人一人のコンディション変化に気づきやすくするためのツール「コンケア」を2018年7月9日(月)より販売を開始いたします。
 優秀な人材の確保が求められる中で、メンタル不調等による休職、離職を減らすことは企業の人事・総務部門の重要な課題の一つとなっております。当社は、人事・総務系のソリューション提供会社として、その課題解決のため、「コンケア」の取り扱いを始めることといたしました。

 「コンケア」は、従業員一人一人のコンディションを記録できるマネジメントツールです。従業員は出退勤時にその日の気分に応じたマークを選んで押すだけで日々の気分が記録され、従業員及び管理者は蓄積されたデータをわかりやすく見ることができます。また、いつものコンディション傾向から変化が出た時に登録者へメールでお知らせが届くほか、従業員は不安なことがあれば臨床心理士や産業カウンセラーなど有資格者への無料相談ができる、などの機能を持っています。

 すでに60社を超える企業が導入、1万人以上が利用しており、従業員一人一人のコンディション変化を把握し、継続的に管理することで、不調者の早期発見をサポートしています。
 効果として、従業員満足度の向上、定着率の向上、医療費・傷病手当金の削減や労災の予防、企業ブランディング、過重労働予防、ハラスメント予防、モチベーション低下の予防などにつながったと報告されています。

 今後は、当社が展開している福利厚生サービスやセミナー等とも組み合わせた導入を促進する等、人事・総務系の課題解決に向けた展開を行ってまいります。
 なお、2018年7月11日(水)~13日(金)に東京ビッグサイトで開催される、「第6回HR EXPO」でも、JTBグループ5社共同ブースにて展示いたします。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. 従業員一人一人のコンディション変化に気づきやすくするためのツール「コンケア」の取り扱いを開始