GEと東芝が洋上風力発電システム分野において戦略的提携契約を締結

・GEと東芝は、GEの洋上風力技術を活用して、日本の洋上風力市場の成長に貢献すべく両社で協力します
・両社は、日本の洋上風力の発展に向けてそれぞれの強みを持ち寄ります
・日本の洋上風力の発電容量は、2040年までに30GWから45GWまで成長すると予測されています
GEリニューアブルエナジー
東芝エネルギーシステムズ株式会社

東京(2021年5月11日)―GEリニューアブルエナジーと東芝エネルギーシステムズは本日、GEのHaliade-X洋上風力タービンの製造プロセスの主要な工程を日本国内で行い、同国でのビジネスを促進するための戦略的提携契約に署名したと発表しました。この戦略的合意は、GEと東芝の国内外での長期的な関係に基づくものであり、今後、日本においてGEの洋上風力技術が競争力を高めることになります。提携の一環として、両社は、技術、製造設備と生産技術、建設、運用、メンテナンスといった専門知識を提供します。

GEリニューアブルエナジーと東芝は、日本における洋上風力の発展に貢献し、その恩恵を授けられるポジションにあります。東芝は、日本における生産能力、高度なスキルを持つ労働力、風力発電を含むエネルギー分野の高い専門知識、日本の洋上風力市場に関する深い見識を持っています。一方GE は、最も強力な洋上風力タービンの稼働実績、複雑な洋上風力プロジェクトのサポートに必要なエンジニアリングおよびプロジェクト管理の経験、日本における豊富なビジネスの歴史があります。

戦略的パートナーシップの一環として、GEはHaliade-Xの技術およびナセル組立に必要な部品を提供します。また、東芝と共に日本のサプライチェーンを共同で構築し、東芝がクラス最高の品質基準でナセルの組立をできるよう支援します。東芝は、Haliade-Xのナセルに関する組立、倉庫、輸送、予防保全サービスを提供し、日本市場における販売と商取引に関する責任を担います。

GEリニューアブルエナジーの洋上風力部門のプレジデント兼CEOのジョン・ラヴェルは、「GEと東芝は何十年ものビジネスの付き合いがあり、数多くのパートナーシップを結び、コラボレーションを成功させてきました。東芝は、GEが洋上風力技術で日本に貢献する上での戦略的パートナーです。

東芝の日本における生産能力、エネルギー分野での経験、市場での優れた評価を勘案し、東芝を貴重な戦略的パートナーとして選びました。私たちは、再生可能エネルギーと洋上風力のリーダーとして日本の野心的な目標に十分に貢献できると考えています。」と述べています。

東芝エネルギーシステムズの代表執行役社長 畠澤守は「GEとのパートナーシップを発表できることを嬉しく思います。東芝は電力システム事業に関して数十年来のGEの長期的なビジネスパートナーであり、洋上風力市場でGEがグローバルリーダーとなるのをサポートするのに最適です。GEのHaliade-Xは最も強力な洋上風力タービンであり、洋上風力をより費用対効果の高い競争力のあるクリーンエネルギー源にするのに役立ちます。」と述べています。

「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の一環で、日本政府は毎年1GWの入札を含む2030年までに10GWの洋上風力発電の導入目標を設定しました。また、競争力のある国内のサプライチェーンの整備などにより、2040年までに浮体式の洋上風力発電を含め、30~45GWの洋上風力の導入目標を設定しています。 

GEは日本市場において100年以上の長い歴史を持ち、ヘルスケア、電力、再生可能エネルギー、アビエーションを含むビジネスを展開しています。

東芝は、原子力発電や火力発電向けに培った大容量発電機の製造ノウハウ、建設実績、陸上風力発電のメンテナンスノウハウ、高度な風況解析技術を有しています。

※東芝エネルギーシステムズの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.toshiba-energy.com/index_j.htm
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東芝エネルギーシステムズ株式会社 >
  3. GEと東芝が洋上風力発電システム分野において戦略的提携契約を締結