最大30%燃費改善|化石燃料削減プロダクト「SLOW」をクライアント3社で保有車輌全車(*)導入へ。|株式会社VOREAS|ヴォレアス北海道

テスト導入では最大30%の燃費改善効果を達成。環境負荷とコストを同時に削減し、サステイナブル社会の実現に向けた活動を加速

V.LEAGUE DIVISION2 MEN所属のプロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」を運営する株式会社VOREAS(代表取締役社長 池田憲士郎、以下VOREAS)は、株式会社アイ・ディー・エフ(代表取締役社長 池田和広 以下IDF)と有限会社みつばちタクシー(代表取締役社長 岸 政充、以下みつばちタクシー)と東川町(東川町長 松岡市郎 以下 東川町)で化石燃料削減プロダクト「SLOW」を全車導入することを発表いたします。

V.LEAGUE DIVISION2 MEN所属のプロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」を運営する株式会社VOREAS(代表取締役社長 池田憲士郎、以下VOREAS)は、株式会社アイ・ディー・エフ(代表取締役社長 池田和広 以下IDF)と有限会社みつばちタクシー(代表取締役社長 岸 政充、以下みつばちタクシー)と東川町(東川町長 松岡市郎 以下 東川町)で化石燃料削減プロダクト「SLOW」を導入することを発表いたします。

 


「SLOW」は化石燃料に対応した液体燃料触媒で、分子間の結合を切り離すことで、完全燃焼を促し、燃料の燃焼効率を高めコスト削減と温室効果ガス排出量削減を同時に実現するプロダクトです。

VOREASは2021年9月にVOREAS GREEN DEAL宣言(以下VGD宣言)を発表。同時に液体燃料触媒「SLOW」の販売を発表し、ステークホルダーに対してテスト導入を進めてまいりました。20社を超えるテストを現在も進めており、最大30%の燃費改善効果が認められました。このことを受け、IDF、みつばちタクシー、東川町では全社導入(*東川町は一部導入)が決まりました。

_______________________
各社での導入台数と期待できる効果は以下のとおりです。(※10%削減で算出)

社名/導入台数 CO2削減量
(年あたり)
コスト削減効果
(年あたり)
IDF(50台/発電機5台) 約57.4t 約200万円
みつばちタクシー(27台) 約50.0t 約245万円
東川町(24台) 約25.5t 約120万円

※CO2算出方法削減される燃料がすべて燃焼したときに排出される二酸化炭素量を算出。

 1tは500m3で、25mプール一杯分の体積に相当します。

※コスト削減は、全体の燃料費削減額からSLOW購入額を引いた削減額です。

_______________________
株式会社アイ・ディー・エフ 池田和広社長 コメント 

2ヶ月のテスト期間を経て、導入を決断しました。従業員からも「アクセルが軽く感じる」と反応も上々です。特に長距離運転では燃費効果がはっきり出ました。社用車の導入がメインですが、燃料にかかるコスト負担は大きいです。環境・経済両面からメリットがあるSLOWに今後も引き続き取り組んでいきたいと思います。今後は社用車のみならず、社員の通勤に使うマイカー、(約40台)にも無償支給して、SDGs宣言の一環として全車で取り組み、温室効果ガス排出削減、化石燃料消費量削減となるよう努めたいと思います。


有限会社みつばちタクシー 岸 政充社長 コメント

22年1月から2台のガソリン車で実証をスタートしました。平均10%以上の燃費改善効果があり、保有するすべてのガソリン車(27台)での導入を決めました。ドライバーからも乗り心地が良いと好評です。コスト削減だけではなく、会社全体のSDGsとしての取り組みとしてもアピールしていきたいと考えています。


東川町都市建設課 矢ノ目 俊之課長 コメント

今年5月、6月にスクールバス1台でSLOW導入実証試験を行い、2か月平均で約25%の燃費向上が確認されたことから、全ての町営バス、雪寒機械及び町長専用車にSLOWを導入しました。
東川町は、これまで景観行政団体として自然を守り、植樹や緑化を推進し二酸化炭素の吸収に取り組んできましたが、新たな取り組みとして温室効果ガス排出削減を目標に令和4年3月7日に「ゼロカーボンに取り組む適疎な町宣言」を行いました。今回のSLOW導入は、経費節減、化石燃料消費削減、環境保全に大きく寄与することから導入意義や効果は高いと考えています。


株式会社VOREAS 池田憲士郎社長 コメント

昨年9月の環境宣言からスタートした環境事業ですが、テスト段階で良い成果を上げることができ嬉しく思っています。温室効果ガスの排出量を下げながらコスト削減が出来ることは、コスト増とゼロ・カーボン施策双方に苦慮する企業に貢献できると確信しています。これからも「環境」と「経済」双方の両立に向けて取り組んでまいります。
_______________________

また、今年から各社で実施しているテストの中で効果が出ている代表的な事例を下記に記します。
 



株式会社VOREASでは、今後も様々な角度から企業様の課題解決とサステイナブル社会の実現に向けた活動を進めてまいります。

■会社概要
【株式会社VOREAS】
代表者:代表取締役社長 池田 憲士郎
所在地:〒070-0842 北海道旭川市大町2条6丁目21−482 HOKUO LAB 2F
設立:2017年11月1日
事業内容: プロバレーボールチーム『ヴォレアス北海道』の運営、パートナー企業への経営・事業支援業務、並びに付随する事業
URL:https://voreas.co.jp/
■本件に関するお問い合わせはこちら
株式会社VOREAS Partner Relation Division

Green Deal Section Section Head 今 浩哉

hi-kon@voreas.jp 070-7400-4186

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社VOREAS >
  3. 最大30%燃費改善|化石燃料削減プロダクト「SLOW」をクライアント3社で保有車輌全車(*)導入へ。|株式会社VOREAS|ヴォレアス北海道