請求書のオンライン受領サービス「Bill One」と「弥生会計」が連携

〜経理業務の入り口からデジタル化を支援〜

Sansan株式会社は、同社が提供する請求書のオンライン受領と一元管理を可能にするサービス「Bill One」と、弥生株式会社が提供する「弥生会計」をはじめとする弥生会計ラインアップが連携することを発表します。
これにより、Bill Oneで受領・デジタル化された請求書データを、手間なく弥生会計ラインアップに連携させることができ、サービス利用者は、経理業務のデジタル化の範囲をさらに広げ、業務効率を向上させることができるようになります。
Sansan株式会社は、同社が提供する請求書のオンライン受領と一元管理を可能にするサービス「Bill One」と、弥生株式会社が提供する「弥生会計」をはじめとする弥生会計ラインアップが連携することを発表します。
これにより、Bill Oneで受領・デジタル化された請求書データを、手間なく弥生会計ラインアップに連携させることができ、サービス利用者は、経理業務のデジタル化の範囲をさらに広げ、業務効率を向上させることができるようになります。


連携の背景
昨今の新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、多くの企業でテレワークが推奨され、業務をデジタル化する動きが活発になっています。その一方、経理部門に関しては、紙の請求書が経理業務の入り口に存在するため、業務全体のデジタル化が進みにくい現状があります。

Bill Oneは、Sansanが有する独自の名刺データ化技術をもとに、あらゆる請求書をオンラインで受領、データ化し、クラウドで一元管理することを実現したサービスです。Bill Oneのユーザーは、紙を含むすべての請求書を、正確にデータ化された状態で受け取り、処理することができます。

弥生は、中小企業の「事業コンシェルジュ」を目指し、簡単で使いやすい業務ソフトや業務支援サービスを提供しています。弥生会計ラインアップは、日々の記帳から集計・決算書作成まで初心者でも簡単に使える会計・確定申告ソフトです。業務や利用形態に合わせてクラウドアプリとデスクトップアプリをお選びいただけます。

今回、Sansanと弥生は、紙を含むあらゆる請求書を手間なくデータ化し、会計ソフトに連携することにより、経理業務の生産性向上を実現できると考え、連携に至りました。

■連携の詳細
今回の連携で、Bill Oneから弥生会計ラインアップにそのまま取り込めるCSVをダウンロードできるようになります。Bill Oneは、仕訳に必要となる情報のうち、請求金額や勘定科目をデータ化します。勘定科目は、取引先単位のルール設定機能を利用して自動入力するか、ユーザーが個別に入力することもできます。

弥生会計ラインアップ上では、Bill Oneからダウンロードされた仕訳をそのままインポートすることで、自動で会計帳簿、決算書、レポートを作成することができます。
この連携により、経理担当者は、請求書の開封のためにオフィスに出社する必要がなくなるだけでなく、弥生会計ラインアップに請求書情報を入力する際の記入ミスや、勘定科目の揺れがなくなり、経理業務の質の向上につながります。経理業務の入り口に発生する社内の請求書を取りまとめ、処理する手間を省き、本来の業務に集中することができるようになります。

・今回Bill oneと連携する弥生会計ラインアップ

・クラウドアプリケーション
弥生会計 オンライン、やよいの青色申告 オンライン

・デスクトップアプリケーション
弥生会計 21、やよいの青色申告 21
*「やよいの白色申告 オンライン」は対象外です。

■連携機能の提供時期及び、今後の展望
本連携機能は、2021年3月の提供を予定しています。

今後は、弥生株式会社が提供する各種取引データを自動取込・自動仕訳する「スマート取引取込」機能との連携も視野に入れ、経理業務全体のデジタル化を協業して支援し、業務効率化を後押しすることを目指しています。

■Bill Oneが提供する請求書のオンライン受領について
Bill Oneサービス単体で実現することは、次の通りです。

どんなフォーマットの請求書でも、ワンストップで受領
請求書情報をデータ化する際にネックになるのが、フォーマットや送付方法が各社異なることです。請求書は、紙やPDFで発行され、送付方法も郵送、メール添付など多岐にわたります。
Bill Oneを使えば、請求書を発行する企業に、フォーマットや送付方法の指定を強いる必要はありません。Bill Oneに送付先を変えるだけで、Bill Oneが受け取りを代行し、契約企業は手間なく、オンラインでの受領を行うことができます。

99.9%の精度で請求書情報をデータ化
請求書情報は常に正しく、間違いがなく処理されなければなりません。クラウド名刺管理サービス「Sansan」で培った、AI・OCR・入力オペレーターを掛け合わせたデータ化技術を用いることにより、請求書情報を99.9%の精度でデータ化することを実現しました。これにより、企業は安心して、データ化された請求書情報を処理することができます。

データベースでの一元管理を実現
正確な請求書データを蓄積し、請求書データベースを構築することができます。請求書の検索が簡単にできるようになるほか、他のシステムと連携させて活用することもできます。

                                                 
 今後も、Bill Oneは総務・経理部門の働き方を革新するべく、機能開発及び、財務会計サービスとの機能連携を進めてまいります。

(以上)

弥生株式会社について
弥生株式会社は、中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として日本の発展に能動的に貢献することを使命としています。そのために、事業者の皆さまが事業を立ち上げ、進め、そして広げていく上で直面するさまざまな課題や悩みにお応えできる「事業コンシェルジュ」を目指し、日々進化をしています。
クラウド会計ソフト5年連続利用シェアNo.1※1の「弥生シリーズ」クラウドアプリケーション、21年連続売上実績No.1※2の「弥生シリーズ」デスクトップアプリケーション、多彩なサービスをそろえた「サポート・サービス」を通じて、お客さまの事業の発展を支援します。ご利用のお客さまは着実に増加し、登録ユーザー数は220万を突破しました。なお、弥生は2014年からオリックス株式会社のグループ会社です。

※1 2020年5月29日付プレスリリース:弥生のクラウド会計ソフト、個人事業主向け市場で5年連続シェアNo.1を獲得
※2 全国の主要家電量販店・パソコン専門店・ネットショップ2,654店におけるPOS実売統計で、弥生は2019年の年間最多販売ベンダーとして最優秀賞を獲得。(業務ソフト部門:21年連続受賞、申告ソフト部門:16年連続受賞)-株式会社BCN調べ

Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」および個人向け名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームとして活用できるサービスを国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日 
URL: https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:62億36百万円(2020年5月31日時点)
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com 個人向け「Eight」 https://8card.net
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Sansan株式会社 >
  3. 請求書のオンライン受領サービス「Bill One」と「弥生会計」が連携