2017年9月:ロウリーズ・ザ・プライムリブ、日本創業の地「赤坂」に、オープン

LA発老舗アメリカンローストビーフ専門店

2017年9月、株式会社ワンダーテーブル(代表取締役社長 秋元巳智雄)は、プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂店」を、現在建設中の“赤坂インターシティAIR”(2017年8月竣工予定)にオープンします。

2017年9月、株式会社ワンダーテーブル(代表取締役社長 秋元巳智雄)は、プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂店」を、現在建設中の“赤坂インターシティAIR”(2017年8月竣工予定)にオープンします。

ロウリーズ・ザ・プライムリブは、1938年にアメリカのロサンゼルスに誕生しました。アメリカ国内で4店舗 (ロサンゼルス・ラスベガス・シカゴ・ダラス)、アジアで6店舗(恵比寿・大阪・シンガポール・台湾・韓国・香港)、計10店舗を展開する高級プライムリブ専門店です。

赤坂店は、国内1号店として、2001年に東京・赤坂にオープンしました。2014年3月28日、出店していた赤坂ツインタワーの建て替えにより閉店し、翌4月20日、恵比寿ガーデンプレイス店をオープンしました。グルメサイトのアクセス数やランキングは国内トップクラスを維持し、年間約10億円の売上を誇る人気店です。

赤坂店の出店背景としては、立地的に、旧赤坂店から六本木通りを挟んで向かいとなり、マーケットも既知のエリアであることが上げられます。メインターゲットは、旧赤坂店を閉店する前の主要顧客であった、各国大使館や官公庁、丸の内・大手町や赤坂・虎ノ門といったビジネスエリアのお客様です。

メニューは、恵比寿ガーデンプレイス店で提供している内容と同様に、骨付きアメリカンビーフを使用したプライムリブやステーキ、シーフードプラッターをご用意しますが、アメリカらしい新たなメニューにもチャレンジしていきます。

日本での創業の地、赤坂で再スタートする同店に、ぜひ、ご期待ください。

 

 

【基本情報】
店名:  ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂店   Lawry’s The Prime Rib, Akasaka
業態:  プライムリブ専門店
住所:  東京都港区赤坂1丁目8番1号赤坂インターシティAIR 3F
TEL:  未定
オープン予定日: 2017年9月(工期により変更の可能性あり)
席数:  約260席
店舗面積: 約1,000㎡
想定客単価: ランチ3,500円、ディナー12,000円
関連URL: http://www.lawrys.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワンダーテーブル >
  3. 2017年9月:ロウリーズ・ザ・プライムリブ、日本創業の地「赤坂」に、オープン