「Concur Japan Partner Summit 2018」プラットフォームパートナーアワードを受賞

~請求書の電子化における間接費改革に貢献~

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:米多比 昌治、以下「当社」)は、2月22日に開催された株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三村 真宗、以下「コンカー」)の「Concur Japan Partner Summit 2018」にて、「Concur Japan Partner Award」 プラットフォームパートナーアワードを受賞したことをお知らせいたします。

 

 

 

 

 2016年11月に請求業務をWeb上で行える当社の「BtoBプラットフォーム 請求書」と、サービス提供者からの請求書支払業務を一元化するコンカーの「Concur Invoice」はAPIによるシステム連携を開始し、企業の間接業務コストの削減を、両社で一層強力に進めることを目的に「アライアンスパートナー契約」を締結しました。

 今回の表彰では、企業が行っている紙の請求書のスキャン・入力などの作業の手間が削減されると同時に、社内回覧から支払処理までの業務プロセス一元化の電子化に貢献した実績を評価いただきました。

 今後も両社が協力し、企業における請求書業務の電子化を推進、さらなる業務効率化、コスト削減を支援してまいります。

 

< コンカー 代表取締役社長 三村真宗氏からの受賞コメント >

 この度のご受賞、誠におめでとうございます。インフォマート様と弊社のソリューションを連携させることで、請求業務のデジタルトランスフォーメーションを推進し、働き方改革の難しいと言われている経理部門の業務負担軽減に貢献できると考えております。今後もインフォマート様と共に企業の働き方改革、間接費管理の高度化を推進してまいります。

 

< 「Concur Japan Partner Award」について >

 コンカーのパートナー企業を対象として、間接費改革においてお客様に高い価値を提供するとともに、コンカービジネスに顕著な貢献をしたパートナー企業を表彰するものです。

 

< コンカーについて >

 世界最大の出張・経費管理クラウド SAP Concur の日本法人で、2010年10月に株式会社サンブリッジとジョイント・ベンチャー方式で設立されました。『Concur Expense(経費精算・経費管理)』、『Concur Travel(出張管理)』、『Concur Invoice(請求書管理)』を中心に企業の間接費管理の高度化と従業員の働き方改革を支援するクラウドサービス群を提供しています。コンカーの詳細については www.concur.co.jp をご覧ください。

 

< 会社概要 >(2017年12月末現在)

 会社名:株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者:代表取締役社長 米多比 昌治
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立:1998年2月13日
資本金:32億1,251万円
事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数:437名
URL:https://www.infomart.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インフォマート >
  3. 「Concur Japan Partner Summit 2018」プラットフォームパートナーアワードを受賞