【産学官連携】乗合型移送サービス「とみおかーと実証実験」に協力

三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社⾧:大西 幸彦)、株式会社小田原機器(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社⾧:丸山 明義)は、2021 年 11 月1日(月)より実施する、横浜市金沢区富岡エリアにおける乗合型移送サービス「とみおかーと実証実験」(以下、本実証実験)」を支援(協力)致します。
 京急電鉄、横浜国立大学および横浜市は、急勾配な坂道や狭あいな道路が多く、バス停や鉄道駅へのアクセ スが容易でない地域があるなど、交通課題を抱えた同地区において、2018 年から実証実験を継続的に行っています。
 今年度は本格運行に向けての最終段階と位置づけ、過去3か年の実証実験結果を踏まえ、利用ニーズが集中している坂道を中心としたコース及び駅から遠い住宅地へのコースに集約し、手挙げによる自由乗降での有償実証実験を行います。
  三井住友カードと小田原機器は、Visa のタッチ決済を導入することで、利用者の利便性向上、本実証実験に おける最適な運行方式の検証を支援致します。


<本実証実験について>
  • 実施期間
2021年11月1日(月)~2022年1月31日(月)の3か月間(日曜・祝日運休)

※詳細な運行情報は実証実験ホームページをご覧ください。
URL:https://tomio-cart.jp/
 
  •  実施概要
(1)乗車運賃 大人200円、小人100円(小学生)、未就学児無料
(2)運行時間 平日・土曜:8:30頃~18:00頃(日曜・祝日運休)
(3)乗車方法 手挙げによるコース上での自由乗降
 
  • 安全運行の取組
(1)余裕を持たせたダイヤ設定とすることで安全運行に取り組みます。
(小学生等の下校時間帯や道路混雑時間帯は,更に余裕を持たせたダイヤ設定とします。)

(2)新型コロナウイルス感染症への対応として、飛沫防止シート及び消毒液の設置、車内換気の対策を講じます。
 
  • 運行コース

※運行ルート上では自由に乗り降りできます。
 
  • 各社の主な役割

(1)実証実験実施企業
各社 主な役割
京急電鉄 本実証実験の実施主体として各ステークホルダーとの調整
本実証実験の広報宣伝活動
運送事業者との調整
横浜国立大学 本実証実験の利用実態データの分析
乗合型移送サービスに関する知見の提供
横浜市 行政機関等の関係部署および地域住民等との連携に関する調整
日産自動車 とみおかーと専用車両の提供
本実証実験の企画および運行に関わる知見の提供


(2)協力企業

三井住友カード Visaのタッチ決済 導入支援
小田原機器 車載器(キャッシュレス決済システム)の開発・導入支援

今後も、お客さまにより安全で利便性の高い決済手段を提供し、更なるキャッシュレス化の推進に努めてまいります。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三井住友カード株式会社 >
  3. 【産学官連携】乗合型移送サービス「とみおかーと実証実験」に協力